2022年版 画像処理システム市場の現状と将来展望

2022年版 画像処理システム市場の現状と将来展望

価格 165,000円(税抜 150,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2021年12月24日 体裁 A4版 305ページ
備考 こちらの調査資料には書籍/PDF+データ版セット 209,000円(税抜 190,000円)、ネットワークパッケージ版 330,000円(税抜 300,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2021年版 DIGITAL FACTORY関連市場の実態と将来展望
 ・2021年版 注目メカトロニクスパーツ市場実態総調査

調査概要

調査テーマ

『2022年版 画像処理システム市場の現状と将来展望』

調査ポイント

① 新型コロナウイルスによる影響と2022年以降の市場展開を分析した
② 半導体不足による市場への影響を明らかにした
③ 画像処理DATA、クラウドなど技術活用の方向性を展望した

調査対象

I.総括・集計編
 1.画像処理システム市場の現状と将来展望
 2.2020年~2021年の業界トピック
 3.工場のDATA化に対応する画像処理システムの変化・進化
 4.画像処理システムに不可欠な半導体の不足と方向性
 5.カテゴリ別市場動向
 6.エリア別市場実態・展望
 7.主要メーカーの販売金額ランキング
 8.画像処理システムの技術トレンド
 9.画像処理システムを支える先端技術群
 10.海外有力メーカー動向
 11.有力画像処理SIer動向
 12.領域・カテゴリ別代表製品価格動向
 13.画像処理システムが採用される主要FA機器市場動向

II.注目品目編(41品目)

カテゴリ調査品目
A. 単体機器
(18品目)
処理装置画像処理装置(筐体型)、画像処理装置(ボード型・ライブラリライセンス)、画像センサ、3Dデジタイザ、Embedded Visionシステム、製造業向けドライブレコーダー
カメラFA用エリアスキャンカメラ、FA用ラインスキャンカメラ、産業用CIS、3Dラインプロファイルカメラ、赤外線カメラ、ハイパースペクトルカメラ、マルチスペクトルカメラ、紫外線カメラ、産業用ToFカメラ
キーコンポーネンツ画像処理用LED照明、画像処理用レンズ、産業用イメージセンサ
B. AI・ディープラーニング応用製品
(2品目)
ディープラーニング活用型画像処理ソフトウエア、産業用AI機能搭載カメラ
C. 検査アプリケーション
(13品目)
基板実装関連クリームはんだ印刷外観検査装置、インライン実装検査装置(リフロー前後)、AXI
自動車関連自動車部品外観検査装置、自動車ボディ塗装検査システム、タイヤ外観検査装置
製紙・印刷関連Web外観検査装置、印刷面外観検査装置
食品・薬品関連飲料容器外観検査装置、文字検査装置、錠剤・顆粒剤検査装置、食品用X線検査装置、食品・農作物選別機
D. 物流・ロボティクス
(3品目)
ロボットビジョンシステム(2D/3D)、AI画像認識活用物流システム、Visual SLAM
E. 観察・測定関連機器
(5品目)
CNC画像測定機、デジタルマイクロスコープ、共焦点レーザー顕微鏡(工業用)、工業用X線検査装置、非接触三次元測定機

市場範疇

●数値は年次ベース(1月~12月)とする。また、調査対象市場範疇は「世界市場」および「日本市場」を対象とする

メーカー区分日本市場海外市場
日系メーカー○対象○対象
外資系メーカー○対象〇対象
●海外市場における地域区分については以下の通り分類している
地域区分対象国・地域地域区分対象国・地域
日本日本米州米国、カナダ、メキシコ、ブラジルなど中南米諸国
中国中国、香港欧州西欧、東欧、トルコなど
その他アジア韓国、台湾、インド、他アジア、中近東その他ロシア・CIS加盟国、オセアニア、アフリカなど

調査方法

弊社専門調査員による対象先(参入企業、関連企業など)に対する直接またはオンラインによる面接取材を基本に、一部電話ヒアリングを実施した。特に出所の記載のない場合は富士経済調べの数値である。

調査期間

2021年9月~2021年12月

調査担当

株式会社富士経済 インダストリアルソリューション事業部

目次

I. 総括・集計編

  • 1. 画像処理システム市場の現状と将来展望(3)
  • 2. 2020年~2021年の業界トピック(4)
  • 3. 工場のDATA化に対応する画像処理システムの変化・進化(5)
  • 1)画像処理DATA活用実態と方向性(5)
  • 2)クラウド活用状況と展望(6)
  • 3)画像処理装置のIoT端末化実態・展望(7)
  • 4)遠隔見える化展開状況(8)
  • 5)ロボットビジョンシステムの活用拡大・変化(8)
  • 4. 画像処理システムに不可欠な半導体の不足と方向性(9)
  • 5. カテゴリ別市場動向(10)
  • 1)処理装置(10)
  • 2)カメラ(13)
  • 3)キーコンポーネンツ(16)
  • 4)AI・ディープラーニング応用製品(19)
  • 5)基板実装関連(22)
  • 6)自動車関連(25)
  • 7)製紙・印刷関連(28)
  • 8)食品・薬品関連(31)
  • 9)物流・ロボティクス(34)
  • 10)観察・測定関連機器(37)
  • 6. エリア別市場実態・展望(40)
  • 1)全体(40)
  • 2)日本(41)
  • 3)中国(42)
  • 4)その他アジア(43)
  • 5)欧州(44)
  • 6)米州(45)
  • 7. 主要メーカーの販売金額ランキング(46)
  • 1)世界市場(2020年実績)(46)
  • 2)日本市場(2020年実績)(49)
  • 8. 画像処理システムの技術トレンド(52)
  • 1)カメラ画素数構成比(52)
  • 2)カメラインターフェース構成比(53)
  • 3)非可視光(54)
  • 4)3D画像処理(55)
  • 5)AI・ディープラーニング(56)
  • 9. 画像処理システムを支える先端技術群(57)
  • 10.海外有力メーカー動向(58)
  • 1)Cognex(米国)(58)
  • 2)Basler(ドイツ)(58)
  • 3)Teledyne Technologiesグループ(米国)〔Teledyne DALSA、Teledyne e2v、Teledyne FLIR〕(59)
  • 4)ISRA VISION(ドイツ)(59)
  • 5)Koh Young Technology(韓国)(60)
  • 6)Test Research, Inc.(台湾)(60)
  • 7)Carl Zeissグループ(ドイツ)〔Carl Zeiss、Carl Zeiss Optotechnik〕(61)
  • 8)Hexagon Manufacturing Intelligence(英国)(61)
  • 11.有力画像処理SIer動向(62)
  • 1)中国(62)
  • 2)欧州、米州(63)
  • 3)日本(64)
  • 12.領域・カテゴリ別代表製品価格動向(66)
  • 1)単体機器(66)
  • 2)AI・ディープラーニング応用製品(66)
  • 3)検査アプリケーション(67)
  • 4)物流・ロボティクス(67)
  • 5)観察・測定関連機器(67)
  • 13.画像処理システムが採用される主要FA機器市場動向(68)
  • 1)産業用ロボット市場動向(68)
  • 2)マウンタ市場動向(70)
  • 3)ボンダ市場動向(71)
  • 4)AGV市場動向(72)

II. 注目品目編

  • A. 単体機器
  • A-1.処理装置
  • 1.画像処理装置(筐体型)(79)
  • 2.画像処理装置(ボード型・ライブラリライセンス)(84)
  • 3.画像センサ(89)
  • 4.3Dデジタイザ(94)
  • 5.Embedded Visionシステム(99)
  • 6.製造業向けドライブレコーダー(104)
  • A-2.カメラ
  • 1.FA用エリアスキャンカメラ(111)
  • 2.FA用ラインスキャンカメラ(116)
  • 3.産業用CIS(121)
  • 4.3Dラインプロファイルカメラ(126)
  • 5.赤外線カメラ(131)
  • 6.ハイパースペクトルカメラ(136)
  • 7.マルチスペクトルカメラ(141)
  • 8.紫外線カメラ(146)
  • 9.産業用ToFカメラ(151)
  • A-3.キーコンポーネンツ
  • 1.画像処理用LED照明(159)
  • 2.画像処理用レンズ(164)
  • 3.産業用イメージセンサ(169)
  • B. AI・ディープラーニング応用製品
  • 1.ディープラーニング活用型画像処理ソフトウエア(177)
  • 2.産業用AI機能搭載カメラ(182)
  • C. 検査アプリケーション
  • C-1.基板実装関連
  • 1.クリームはんだ印刷外観検査装置(191)
  • 2.インライン実装検査装置(リフロー前後)(196)
  • 3.AXI(201)
  • C-2.自動車関連
  • 1.自動車部品外観検査装置(209)
  • 2.自動車ボディ塗装検査システム(214)
  • 3.タイヤ外観検査装置(218)
  • C-3.製紙・印刷関連
  • 1.Web外観検査装置(225)
  • 2.印刷面外観検査装置(230)
  • C-4.食品・薬品関連
  • 1.飲料容器外観検査装置(237)
  • 2.文字検査装置(242)
  • 3.錠剤・顆粒剤検査装置(247)
  • 4.食品用X線検査装置(252)
  • 5.食品・農作物選別機(257)
  • D. 物流・ロボティクス
  • 1.ロボットビジョンシステム(2D/3D)(265)
  • 2.AI画像認識活用物流システム(270)
  • 3.Visual SLAM(274)
  • E. 観察・測定関連機器
  • 1.CNC画像測定機(281)
  • 2.デジタルマイクロスコープ(286)
  • 3.共焦点レーザー顕微鏡(工業用)(291)
  • 4.工業用X線検査装置(296)
  • 5.非接触三次元測定機(301)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ