2022年 食品マーケティング便覧 No.5

2022年 食品マーケティング便覧 No.5

価格 110,000円(税抜 100,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2022年1月24日 体裁 A4版 344ページ
備考 こちらの調査資料には書籍/PDF+データ版セット 154,000円(税抜 140,000円)、ネットワークパッケージ版 220,000円(税抜 200,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2022年 食品マーケティング便覧 No.1
 ・【デジタルプレス】afterコロナを見据える外食市場の中長期将来予測

調査概要

調査テーマ

『2022年 食品マーケティング便覧 No.5』

調査ポイント

1)品目編№1~№6トータル408品目を掲載
2)品目編は市場規模2010年~2020年及び2021年見込~2026年予測値、2019年対比での販売額伸長率を掲載
3)品目ごとにウィズコロナ社会での市場環境の変化や主要企業の2022年以降の方向性を掲載
4)総市場分析編は2019年対比での加工食品総市場規模伸長予測に加え、ウィズコロナ社会での市場環境の変化についてカテゴリーを横断して分析

調査対象

I. 市場分析編
 1)品目別市場俯瞰図
 2)品目別販売量推移
 3)品目別販売額推移
 4)品目別種類別販売動向
 5)品目別用途別販売動向
 6)品目別市販用チャネル別販売動向
 7)品目別温度帯別販売動向
 8)品目別パッケージ動向
 9)品目別メーカーシェア
 10)品目別ブランドシェア
II. 個別分析編
 1)定義及び対象範囲
 2)市場概況
  ・2010年~2026年予測の販売量、販売額推移
  ・ウィズコロナ社会での市場環境の変化
  ・種類別販売動向(2018年~2022年予測の販売額推移)<一部フレーバーなどの種類別分類の動向を収載>
 3)用途別・市販用チャネル別販売動向
  ・用途別販売動向(2019年~2021年見込の販売額推移)
  ・市販用チャネル別販売動向(2019年~2021年見込の販売額推移)
 4)温度帯別販売動向(2019年~2021年見込の販売額推移)
 5)パッケージ動向(2019年~2021年見込の販売額推移)
 6)市場占有状況
  ・メーカーシェア(2019年~2021年見込の販売額推移)
  ・ブランドシェア(2020年~2021年見込の販売額推移)
  ・ヒット商品、高成長商品、注目商品
 7)今後の方向性
  ・2022年以降の成長要因・阻害要因
  ・主要企業の2022年以降の方向性

調査方法

調査及び算出方法について■弊社専門調査員による対象企業及び関連企業・団体などへのヒアリングサーベイによる情報収集を行った。
■販売量並びに販売金額は、ヒアリングサーベイをベースに有価証券報告書、団体ならびに各種統計等のオフィシャルデータを参考にしつつ、弊社専門調査員による推定値として算出した。
■各品目の数値は年次(1~12月)を基本とした。

調査期間

2021年11月~2021年12月

調査担当

株式会社富士経済 フードビジネスソリューション事業部

目次

<A.調味料>市場分析編(1)

  • 1.食用油(35)
  • 2.(オリーブ油)(38)
  • 3.(ごま油)(42)
  • 4.(米油)(46)
  • 5.(アマニ油・市販用)(49)
  • 6.みそ(52)
  • 7.しょうゆ(57)
  • 8.塩(62)
  • 9.つゆの素(66)
  • 10.(白だし)(70)
  • 11.うどんスープ(市販用)(74)
  • 12.風味調味料(77)
  • 13.(だしパック)(82)
  • 14.液体風味調味料(86)
  • 15.食酢(89)
  • 16.すし酢(93)
  • 17.ぽん酢(97)
  • 18.その他調味酢(101)
  • 19.本みりん(105)
  • 20.みりん風調味料(109)
  • 21.発酵調味料(112)
  • 22.マヨネーズ類(116)
  • 23.(マヨネーズタイプ調味料・市販用)(120)
  • 24.(タルタルソース)(124)
  • 25.ドレッシング(127)
  • 26.(ノンオイルドレッシング)(132)
  • 27.コンソメ・ブイヨン(135)
  • 28.焼肉のたれ(139)
  • 29.ステーキソース(143)
  • 30.ソース(147)
  • 31.トマトケチャップ(151)
  • 32.トマトピューレ・ペースト(155)
  • 33.スパイス類(158)
  • 34.(市販用チューブ入りスパイス類)(163)
  • 35.(純カレー)(167)
  • 36.ペッパーソース(170)
  • 37.機能性甘味料(174)
  • 38.浅漬けの素(178)
  • 39.オイスターソース(182)
  • 40.醤調味料(185)
  • 41.具入りラー油(市販用)(189)
  • 42.キムチのたれ(市販用)(192)
  • 43.ガラスープ(195)
  • 44.ラーメンスープ(業務用)(199)
  • 45.めん用たれ・ソース(市販用)(203)
  • 46.しゃぶしゃぶのたれ(207)
  • 47.すき焼きのたれ(211)
  • 48.鍋つゆ(215)
  • 49.おでんの素(221)
  • 50.うま味調味料(224)
  • 51.レモン果汁(市販用)(228)
  • 52.半練中華だし(市販用)(231)
  • 53.塩麹(234)

<B.調味食品>市場分析編(239)

  • 54.インスタントカレー(258)
  • 55.レトルトカレー(262)
  • 56.缶詰カレー(267)
  • 57.インスタントシチュー(270)
  • 58.インスタントハヤシ(274)
  • 59.レトルトハヤシ・シチュー(277)
  • 60.ピザソース(281)
  • 61.パスタソース(284)
  • 62.ブラウン・ホワイトソース(289)
  • 63.トマトソース(293)
  • 64.グラタン関連セット食品(市販用)(296)
  • 65.メニュー専用合せ調味食品(299)
  • 66.(中華メニュー専用合せ調味食品・市販用)(304)
  • 67.(和風・洋風メニュー専用合せ調味食品・市販用)(308)
  • 68.(アジアンメニュー専用合せ調味食品・市販用)(312)
  • 69.チルドメニュー専用調理済食品(市販用)(316)
  • 70.炒飯の素(319)
  • 71.お茶漬け(323)
  • 72.ふりかけ(326)
  • 73.すしの素(330)
  • 74.釜飯の素・炊き込みご飯の素(334)
  • 75.どんぶりの素(338)
  • 76.ぞうすいの素(342)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ