2022年 食品マーケティング便覧 No.6

2022年 食品マーケティング便覧 No.6

価格 110,000円(税抜 100,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2022年2月21日 体裁 A4版 344ページ
備考 こちらの調査資料には書籍/PDF+データ版セット 154,000円(税抜 140,000円)、ネットワークパッケージ版 220,000円(税抜 200,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・H・Bフーズマーケティング便覧 2022 No.3 機能性表示別市場分析編
 ・2022年 食品マーケティング便覧 No.1

調査概要

調査テーマ

『2022年 食品マーケティング便覧 No.6』

調査ポイント

1)品目編No.1~No.6トータル408品目を掲載
2)品目編は市場規模2010年~2020年及び2021年見込~2026年予測値、2019年対比での販売額伸長率を掲載
3)品目ごとにウィズコロナ社会での市場環境の変化や主要企業の2022年以降の方向性を掲載
4)総市場分析編は2019年対比での加工食品総市場規模伸長予測に加え、ウィズコロナ社会での市場環境の変化についてカテゴリーを横断して分析

調査対象

I. 市場分析編
1) 品目別市場俯瞰図
2) 品目別販売量推移
3) 品目別販売額推移
4) 品目別種類別販売動向
5) 品目別用途別販売動向
6) 品目別市販用チャネル別販売動向
7) 品目別温度帯別販売動向
8) 品目別パッケージ動向
9) 品目別メーカーシェア
10) 品目別ブランドシェア
II. 個別分析編
 1)定義及び対象範囲
 2)市場概況
  ・ 2010年~2026年予測の販売量、販売額推移
  ・ ウィズコロナ社会での市場環境の変化
  ・ 種類別販売動向(2018年~2022年予測の販売額推移)<一部フレーバーなどの種類別分類の動向を収載>
3)用途別・市販用チャネル別販売動向
・ 用途別販売動向(2019年~2021年見込の販売額推移)
・ 市販用チャネル別販売動向(2019年~2021年見込の販売額推移)
4)温度帯別販売動向(2019年~2021年見込の販売額推移)
5)パッケージ動向(2019年~2021年見込の販売額推移)
6)市場占有状況
・ メーカーシェア(2019年~2021年見込の販売額推移)
・ ブランドシェア(2020年~2021年見込の販売額推移)
・ ヒット商品、高成長商品、注目商品
7)今後の方向性
・ 2022年以降の成長要因・阻害要因
・ 主要企業の2022年以降の方向性

調査方法

調査及び算出方法について■弊社専門調査員による対象企業及び関連企業・団体などへのヒアリングサーベイによる情報収集を行った。
■販売量並びに販売金額は、ヒアリングサーベイをベースに有価証券報告書、団体ならびに各種統計等のオフィシャルデータを参考にしつつ、弊社専門調査員による推定値として算出した。
■各品目の数値は年次(1~12月)を基本とした。

調査期間

2021年12月~2022年1月

調査担当

株式会社富士経済 フードビジネスソリューション事業部

目次

<A.農産加工品>市場分析編(1)

  • 1.漬物(21)
  • 2.(キムチ)(26)
  • 3.煮豆(30)
  • 4.納豆(34)
  • 5.凍豆腐(38)
  • 6.豆腐(42)
  • 7.豆腐加工品(46)
  • 8.(味付油揚げ)(50)
  • 9.こんにゃく(53)
  • 10.なめ茸茶漬類(57)
  • 11.山菜加工品(61)
  • 12.味付けメンマ(64)
  • 13.はるさめ(68)
  • 14.加工ごま(72)
  • 15.ジャム類(77)
  • 16.スプレッド類(市販用)(82)
  • 17.素材系トマト(86)
  • 18.サラダ類(90)
  • 19.素材缶詰(94)
  • 20.果実缶詰・パウチ(97)
  • 21.冷凍野菜(100)
  • 22.(ポテト加工品)(104)
  • 23.(素材系ミックス・市販用)(107)
  • 24.冷凍果実(市販用)(110)
  • 25.はちみつ(市販用)(113)
  • 26.(マヌカハニー・市販用)(116)
  • 27.こんにゃく米(120)
  • 28.(こんにゃく・豆腐めん)(123)

<B.畜肉加工品>市場分析編(127)

  • 29.ハム類(139)
  • 30.(生ハム)(143)
  • 31.ベーコン(147)
  • 32.ソーセージ類(151)
  • 33.(ドライソーセージ)(156)
  • 34. サラダチキン(市販用)(160)
  • 35.焼豚(164)
  • 36.焼肉類(167)
  • 37.コンビーフ類(171)
  • 38.食肉加工品缶詰・パウチ(175)
  • 39.やきとり缶詰(179)
  • 40.(おつまみ缶詰)(182)

<C.水産加工品>市場分析編(185)

  • 41.魚肉ハム・ソーセージ(202)
  • 42.水産練製品(207)
  • 43.(風味かまぼこ)(211)
  • 44.(ちくわ)(216)
  • 45.パックおでん(220)
  • 46.のり(223)
  • 47.(韓国のり)(227)
  • 48.海苔佃煮(231)
  • 49.昆布佃煮(234)
  • 50.かつおパック(237)
  • 51.塩辛(241)
  • 52.もずく酢(245)
  • 53.めかぶ(249)
  • 54.スモークサーモン(252)
  • 55.水産缶詰・パウチ(256)
  • 56.(青魚缶詰・パウチ)(260)
  • 57.(ツナ加工品)(264)
  • 58.辛子明太子(268)
  • 59.鮭フレーク(市販用)(272)
  • 60.乾燥わかめ(市販用)(276)

<D.乳油製品>市場分析編(279)

  • 61.バター(291)
  • 62.市販用マーガリン類(295)
  • 63.業務用マーガリン類(299)
  • 64.プロセスチーズ(303)
  • 65.ナチュラルチーズ(307)
  • 66.(クリームチーズ)(311)
  • 67.(カマンベールチーズ)(314)
  • 68.チーズフード類(318)
  • 69.(チーズスプレッド)(322)
  • 70.(市販用チーズ)(325)
  • 71.生クリーム(330)
  • 72.(コーヒー用クリーム)(335)
  • 73.ポーションクリーム(339)
  • 74.インスタントクリーミーパウダー(342)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ