電力・ガス/グリーンエネルギー市場・企業戦略総調査 2022

電力・ガス/グリーンエネルギー市場・企業戦略総調査 2022

価格 198,000円(税抜 180,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2022年2月22日 体裁 A4版 341ページ
備考 こちらの調査資料には書籍/PDF+データ版セット 242,000円(税抜 220,000円)、ネットワークパッケージ版 396,000円(税抜 360,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・カーボンニュートラル燃料の現状と将来展望 2022
 ・エネルギーデジタルビジネス/DX市場の現状と将来展望 2022

調査概要

調査テーマ

『電力・ガス/グリーンエネルギー市場・企業戦略総調査 2022』
~10エリア別の電力・ガス小売市場の変化と主要新電力の事業状況・脱炭素に向けた取組を調査~

調査ポイント

1) 大手新電力約20社の販売状況、主要旧一般電気・ガス事業者10社の自由化領域の取組状況を調査し、10エリア別の電力・ガス小売市場を俯瞰
2) 脱炭素に向けたグリーン電力・カーボンニュートラルLNG市場と主要企業の取組を調査
3) 電源・環境価値取引に関する小売事業に付帯したプラットフォーム市場を調査

調査対象

<調査対象市場>
■電力・ガス市場
 新電力・新規参入事業者シェア/10エリア別市場動向/プラットフォーム市場

■グリーンエネルギー市場
 グリーン電力/カーボンニュートラルLNG市場

■主要企業戦略
 電力・ガス販売戦略/電源調達動向

<調査対象企業>
北海道電力
北海道ガス
東京電力エナジーパートナー
東京ガス
中部電力ミライズ
東邦ガス
関西電力
大阪ガス
九州電力
西部ガス
イーレックス/エバーグリーン・マーケティング
エネット
出光興産
サイサン
ミツウロコグリーンエネルギー
日本テクノ
Looop
ウエスト電力
伊藤忠エネクス
ENEOS
オリックス
シン・エナジー
アイ・グリッド・ソリューションズ
サミットエナジー
東急パワーサプライ
テプコカスタマーサービス
日鉄エンジニアリング
KDDI
JCOM
丸紅新電力
エナリス
関電エネルギーソリューション
日本瓦斯
CDエナジーダイレクト など

市場範疇

数値は年度ベース(4月~3月)とする。また調査対象市場範疇は、国内市場を対象とする。

調査方法

弊社専門調査員による対象先(参入企業、関連企業など)に対する直接面接取材を基本に、一部電話・WEB面接によるヒアリングを実施した。特に出典の記載のない場合は富士経済調べの数値である。

調査期間

2021年11月~2022年2月

調査担当

株式会社富士経済 エネルギーシステム事業部

調査・推計手法及びエリア区分

A.調査推計手法
 I.電力市場
  ・ 小売電気事業者の販売電力量に関しては、『電力調査統計』(経済産業省資源エネルギー庁電力・ガス事業部)及び契約件数、販売金額などに関しては、『電力取引報』(電力・ガス取引監視等委員会)を基に富士経済が集計・分析を行った。
  ・ 小売電気事業者の電力入札状況は、『リム電力データ』(リム情報開発)のほか、各種関連資料や小売電気事業者に対するヒアリング結果を基に富士経済が集計・分析を行った。
  ・ 小売電気事業者の顧客獲得実績・シェアは、小売電気事業者に対するヒアリング結果、各種資料を基に富士経済が推計・分析を行った。
  ・ 低圧分野における契約電力量は1kVA=1kWとみなして算出している(例:40A×100V=4kVA≒4kW)。
  ・ 法人業種別の区分定義については、「事務所・官公庁」は下記富士経済既刊資料より、それ以外の業種については「経済センサス基礎調査(2014年)/活動調査(2016年)」を基に推計した。また、本文中では下記業種区分に基づき、「産業施設」以外の業種を総じて「業務施設」と記載した。

事務所・官公庁富士経済「2018年版 業務施設エネルギー消費実態調査」の「事務所・オフィスビル」より
店舗I卸売業,小売業、J金融業,保険業、K不動産業,物品賃貸業、L学術研究,専門・技術サービス業、M宿泊業,飲食サービス業、N生活関連サービス業,娯楽業の合計
医療福祉P医療,福祉
産業施設E製造業
その他総事業所数から上記4種施設数を引いた数

・「調達電源」は、保有電源分のうち計画停止分を除いた電源を算出している。また、個票内の電源分類に関する定義は下記の通りとした。

区分定義
自社上記に加え、グループ企業および出資関係のある事業者が運営する電源
他社自社電源以外の電源(入札、相対契約による調達分など。JEPX/常時BU/インバランス補給分を除く)

 II.ガス市場
  ・ ガス事業者のガス販売量・ガス事業売上高などに関しては、各事業者へのヒアリング結果、各社が公表・配布している資料及び各種関連資料を基に、富士経済が推計・分析を行った。
  ・ ガス小売事業者の新規参入事業者数、ガス販売量、契約件数、販売金額などに関しては、『ガス取引報』(電力・ガス取引監視等委員会)を基に富士経済が集計・分析を行った。
  (注)社名変更のあった企業は旧社名時の実績を引き継いでいるものとして記載した。

B.エリア区分
 ・ 本市場調査資料の作成に当たって、エリア区分は特に記載事項のない場合は以下の電気事業における地域区分を使用した。
(注)一部、ガス統計の数値を使用している場合においては、下記のガス事業における地域区分を使用している箇所がある。

電気事業における地域区分ガス事業における地域区分
地域都道府県地域都道府県
北海道北海道北海道北海道
東北青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、新潟県、福島県東北青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
東京茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県(一部)関東新潟県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県
中部静岡県(一部)、長野県、愛知県、岐阜県、三重県中部岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
北陸富山県、石川県、福井県(一部)北陸富山県、石川県
関西福井県(一部)、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県近畿福井県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
中国鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県中国鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
四国徳島県、香川県、愛媛県、高知県四国徳島県、香川県、愛媛県、高知県
九州福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県九州福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
沖縄沖縄県

目次

I.総括

  • 1.電力・ガス市場の将来動向(3)
  • 1)電力・ガス市場の全体推移(2021/2035年度)(3)
  • 2)グリーンエネルギー市場推移(3)
  • 3)電力・ガス市場の販売量全体推移(4)
  • 2.電力市場の全体構造(2020年度)(5)
  • 3.大手新電力の事業展開状況分析(6)
  • 1)主要大手新電力の電力小売事業展開マップ(6)
  • 2)各社の電力事業状況分析(7)
  • 4.他業界における電力事業の展開状況(10)
  • 1)各業界における電力小売事業の概要(10)
  • 2)各業界の大手企業における電力小売事業の実施状況(11)
  • 5.エリア別電力・ガス小売市場(14)
  • 1)電力小売市場におけるエリア別顧客獲得状況(2021年8月末時点)(14)
  • 2)ガス小売市場(家庭用)におけるエリア別顧客獲得状況(2021年8月末時点)(15)
  • 3)新電力・旧一般ガス事業者のエリア別電力顧客獲得実績推移(16)
  • 4)新規参入事業者のエリア別ガス顧客獲得実績推移(家庭用)(17)
  • 6.販売代理店チャネル分析(18)
  • 1)販売代理店の定義(18)
  • 2)新電力における販売代理店チャネル市場(電力)(18)
  • 3)新規参入事業者における家庭分野の販売代理店チャネル市場(ガス)(21)
  • 7.新電力のバンドル販売戦略(22)
  • 1)電力小売とのバンドル販売の展開状況(22)
  • 2)電力小売とのバンドル販売におけるサービス別有望度(23)
  • 8.市場価格高騰による事業への影響(24)
  • 1)JEPXスポット市場推移(24)
  • 2)期間別の平均約定価格推移(24)
  • 3)電力先物市場推移(25)
  • 4)ベースロード市場推移(25)
  • 5)新電力への影響(電源調達)(26)
  • 9.新電力の電源調達・卸動向(27)
  • 1)主要新電力の電源調達動向(27)
  • 2)主要新電力の卸売動向(29)
  • 10.新電力業界の動向(31)
  • 1)新電力の事業者数推移(31)
  • 2)2020~2021年の新規登録・事業休止・社名変更事業者一覧(31)
  • 3)契約電力規模別 新電力事業者数(2020年度)(34)
  • 4)販売電力量別 新電力動向(2020年度)(34)
  • 5)業種別 新電力動向(2020年度)(34)
  • 6)主な新電力の旧一般電気・ガス事業者との提携関係(35)
  • 7)中堅新電力の獲得上位企業動向(36)
  • 11.大手・中堅新電力の業界別動向(39)
  • 1)業界別・契約電力規模別傾向(39)
  • 2)電力事業者系(40)
  • 3)ガス事業者系(42)
  • 4)通信事業者系(45)
  • 5)自治体新電力系(47)
  • 6)生協系(49)
  • 12.新電力の高度化法への対応(51)
  • 1)制度概要(51)
  • 2)電気事業者の目標値と達成状況(51)
  • 3)非化石電源・価値の調達手法(52)
  • 4)新電力の高度化法への対応と見解(52)
  • 5)高度化法対応への課題点(52)
  • 13.新電力の容量市場への対応(53)
  • 1)制度概要(53)
  • 2)取引結果(53)
  • 3)電源の応札容量(2021年度)(54)
  • 4)容量拠出金への対策と課題点(54)

II.市場

  • 1.電力小売市場(57)
  • 2.ガス小売市場(64)
  • 3.グリーン電力市場(70)
  • 4.カーボンニュートラルLNG市場(77)
  • 5.国内発電量・電源ミックス推移(80)

III.注目市場

  • 1.電力取引プラットフォーム市場(85)
  • 2.環境価値取引プラットフォーム市場(89)
  • 3.需要家マッチング・リバースオークション市場(94)

IV.エリア分析

  • 1.北海道エリア(105)
  • 2.東北エリア(110)
  • 3.関東エリア(115)
  • 4.中部エリア(120)
  • 5.北陸エリア(125)
  • 6.関西エリア(130)
  • 7.中国エリア(135)
  • 8.四国エリア(140)
  • 9.九州エリア(145)
  • 10.沖縄エリア(150)
  • 11.北海道電力(155)
  • 12.北海道ガス(157)
  • 13.東京電力エナジーパートナー(159)
  • 14.東京ガス(161)
  • 15.中部電力ミライズ(163)
  • 16.東邦ガス(165)
  • 17.関西電力(167)
  • 18.大阪ガス(169)
  • 19.九州電力(171)
  • 20.西部ガス(173)

V.企業個票

  • 1.イーレックス/エバーグリーン・マーケティング(177)
  • 2.エネット(183)
  • 3.出光興産(188)
  • 4.サイサン(193)
  • 5.ミツウロコグリーンエネルギー(199)
  • 6.日本テクノ(205)
  • 7.Looop(210)
  • 8.ウエスト電力(216)
  • 9.伊藤忠エネクス(221)
  • 10.ENEOS(227)
  • 11.オリックス(233)
  • 12.シン・エナジー(239)
  • 13.アイ・グリッド・ソリューションズ(245)
  • 14.サミットエナジー(250)
  • 15.東急パワーサプライ(255)
  • 16.テプコカスタマーサービス(261)
  • 17.日鉄エンジニアリング(266)
  • 18.KDDI(271)
  • 19.JCOM(277)
  • 20.丸紅新電力(282)
  • 21.エナリス(288)
  • 22.関電エネルギーソリューション(293)
  • 23.日本瓦斯(298)
  • 24.CDエナジーダイレクト(304)

VI.新電力主要電源一覧

  • 新電力の主要電力調達先(保有電源)一覧:2021年度(見込)(313)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ