2022年版 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.1

2022年版 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.1

価格 165,000円(税抜 150,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2022年3月8日 体裁 A4版 230ページ
備考 こちらの調査資料には書籍/PDF+データ版セット 209,000円(税抜 190,000円)、ネットワークパッケージ版 330,000円(税抜 300,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2022年版 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.2
 ・2022年版 画像処理システム市場の現状と将来展望

調査概要

調査テーマ

『2022年版 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.1 FAロボット市場編』

調査ポイント

① FAロボット市場を取り巻く環境の変化を分析、展望した
② 部材不足の影響や成長を続ける中国市場の実態、NEXTチャイナ地域の市場動向を明らかにした
③ 自動車(EV)関連、半導体関連など注目アプリケーションの需要動向を分析

調査対象

I. 市場分析編
 1.FAロボット市場全体俯瞰
 2.FAロボット市場の変化・方向性
 3.FAロボット市場を取り巻く環境変化
 4.製造業向けロボット市場動向
 5.半導体・電子部品実装向けロボット市場動向
 6.ロボット向け注目構成部材市場動向
 7.ソリューション・サービス市場動向
 8.次世代技術の活用実態と方向性
 9.アライアンス・提携動向
 10.日本政府の施策と方向性
II. 個別品目編(37品目)

カテゴリ調査品目
A. 製造業向けロボット(17品目)アーク溶接ロボット、スポット溶接ロボット、塗装ロボット、単軸ロボット、直交ロボット、電動スライダ、卓上型ロボット、パレタイジングロボット、取出しロボット、スカラロボット、小型垂直多関節ロボット(可搬重量20kg以下)、垂直多関節ロボット(可搬重量21kg以上)、パラレルリンクロボット、ガラス基板搬送ロボット、ウエハ搬送ロボット、ヒト協調ロボット、アーム付AGV
B. 半導体・電子部品実装向けロボット(7品目)高速モジュラーマウンタ、中速モジュラーマウンタ、低速マウンタ、多機能マウンタ、ダイボンダ、ワイヤボンダ、フリップチップボンダ
C. ロボット向け注目構成部材(9品目)FAケーブル、精密制御減速機、ロボット用サーボモータ、オートツールチェンジャ、ロボット用力覚センサ、ロボットビジョンシステム(2D/3D)、セーフティレーザースキャナ、汎用ロボットハンド、リニア搬送システム
D. ソリューション・サービス(4品目)ロボット制御ソリューション、ヒト協調ロボットレンタルサービス、予知保全システム・サービス、リスクアセスメント策定受託サービス

【共通調査項目】
1.市場定義・概要
2.市場規模推移・予測
3.アジアエリア別市場規模推移・予測
4.マーケットシェア
5.アプリケーション別需要動向
6.新型コロナウイルス/部材不足の影響
7.アライアンス・提携動向
8.次世代技術の活用実態と方向性
9.今後の市場展開予測

※「FAケーブル」「D. ソリューション・サービス」は販売金額のみ
※「C. ロボット向け注目構成部材」「D. ソリューション・サービス」は、「3.アジアエリア別市場規模推移・予測」を除く
※「C. ロボット向け注目構成部材」「D. ソリューション・サービス」は、「5.アプリケーション別需要動向」を除く
(なお、「FAケーブル」「精密制御減速機」は調査対象)
※「D. ソリューション・サービス」は、「8. 次世代技術の活用実態と方向性」を除く

市場範疇

●数値は年次ベース(1月~12月)とする。また調査対象市場範疇は「世界市場」および「日本市場」を対象とする
●「A. 製造業向けロボット」「B. 半導体・電子部品実装向けロボット」はグローバル市場を対象とする
●なお、「C. ロボット向け注目構成部材」「D. ソリューション・サービス」は一部品目を除き、日系グローバル市場を対象とする(「精密制御減速機」「ロボットビジョンシステム(2D/3D)」はグローバル市場を対象とする)
●日系グローバル市場とは、日系企業の日本国内販売実績、海外販売実績(輸出+Out to Out)および外資系企業(日本法人)の日本国内販売実績をカウントし、外資系企業の海外販売実績は含まない
<日系グローバル市場の範疇>

企業区分日本市場海外市場
日系企業○対象○対象
外資系企業○対象×調査対象外

●海外市場における地域区分については以下の通りに分類している

地域区分対象国・地域
アジア中国、韓国、台湾、その他アジア(中国、韓国、台湾を除く地域)
欧州EU各国、英国、スイス、ノルウェー、ロシア、アフリカなどを含む
米州北米、中南米、オセアニア

注:本市場調査資料内における「NEXTチャイナ」は、その他アジア(中国、韓国、台湾を除く地域)を指す

調査方法

弊社専門調査員による対象先(参入企業、関連企業など)に対する直接またはオンラインによる面接取材を基本に、一部電話 ヒアリングを実施した。特に出所の記載のない場合は、富士経済調べの数値である

調査期間

2021年12月~2022年2月

調査担当

株式会社富士経済 インダストリアルソリューション事業部

目次

I. 市場分析編

  • 1.FAロボット市場全体俯瞰(3)
  • 2.FAロボット市場の変化・方向性(4)
  • 1)中国市場とNEXTチャイナ市場の変化(4)
  • ①中国市場(4)
  • ②NEXTチャイナ市場(5)
  • 2)注目アプリケーションの市場実態と方向性(6)
  • ①注目アプリケーション(半導体、スマートフォン、EV)(6)
  • ②今後成長が期待されるアプリケーション(6)
  • 3)人とロボットとの協働作業の実態と方向性(7)
  • 4)ヒト協調ロボットにおけるアジアローカルメーカーの台頭(7)
  • 5)製造業向けロボットへのAI活用実態と方向性(8)
  • 6)調達形態(購入からRaaSへ)の実態と方向性(8)
  • 3.FAロボット市場を取り巻く環境変化(9)
  • 1)部材不足の実態と今後の見通し(9)
  • 2)新型コロナウイルスがFAロボット市場に与えた影響(12)
  • 4.製造業向けロボット市場動向(15)
  • 1)ロボットタイプ別市場動向(15)
  • ①全体市場規模推移・予測(15)
  • ②溶接・塗装系(16)
  • ③アクチュエータ系(18)
  • ④組立・搬送系(20)
  • ⑤クリーン搬送系(23)
  • 2)アプリケーション別市場動向(25)
  • ①全体市場規模推移・予測(25)
  • ②アプリケーション分野別ロボット需要動向(26)
  • ③ロボットタイプ別アプリケーション構成比(27)
  • 3)アジアロボットビジネスの変化・方向性(28)
  • ①全体市場規模推移・予測(28)
  • ②アジアエリア別市場規模推移・予測(29)
  • 4)中国ロボットメーカー・部材メーカーのビジネス動向(30)
  • ①製造業向けロボットメーカー(30)
  • ②部材メーカー(31)
  • 5)市場課題と今後の見通し(32)
  • 5.半導体・電子部品実装向けロボット市場動向(33)
  • 1)ロボットタイプ別市場動向(33)
  • ①全体市場規模推移・予測(33)
  • ②電子部品実装向けロボット(34)
  • ③半導体実装向けロボット(36)
  • 2)市場課題と今後の見通し(38)
  • 6.ロボット向け注目構成部材市場動向(39)
  • 1)品目別市場規模推移・予測(39)
  • 2)市場課題と今後の見通し(40)
  • 7.ソリューション・サービス市場動向(41)
  • 1)品目別市場規模推移・予測(41)
  • 2)市場課題と今後の見通し(42)
  • 8.次世代技術の活用実態と方向性(43)
  • 1)IoT(43)
  • 2)AI(45)
  • 3)通信(47)
  • 9.アライアンス・提携動向(49)
  • 1)製造業向けロボット(49)
  • 2)半導体・電子部品実装向けロボット(50)
  • 3)ロボット向け注目構成部材(50)
  • 4)ソリューション・サービス(50)
  • 10.日本政府の施策と方向性(51)

II. 個別品目編

  • A. 製造業向けロボット
  • 1. アーク溶接ロボット(57)
  • 2. スポット溶接ロボット(62)
  • 3. 塗装ロボット(67)
  • 4. 単軸ロボット(72)
  • 5. 直交ロボット(77)
  • 6. 電動スライダ(82)
  • 7. 卓上型ロボット(87)
  • 8. パレタイジングロボット(92)
  • 9. 取出しロボット(97)
  • 10. スカラロボット(102)
  • 11. 小型垂直多関節ロボット(可搬重量20kg以下)(107)
  • 12. 垂直多関節ロボット(可搬重量21kg以上)(112)
  • 13. パラレルリンクロボット(117)
  • 14. ガラス基板搬送ロボット(122)
  • 15. ウエハ搬送ロボット(127)
  • 16. ヒト協調ロボット(132)
  • 17. アーム付AGV(137)
  • B. 半導体・電子部品実装向けロボット
  • 18. 高速モジュラーマウンタ(145)
  • 19. 中速モジュラーマウンタ(150)
  • 20. 低速マウンタ(155)
  • 21. 多機能マウンタ(160)
  • 22. ダイボンダ(165)
  • 23. ワイヤボンダ(170)
  • 24. フリップチップボンダ(175)
  • C. ロボット向け注目構成部材
  • 25. FAケーブル(183)
  • 26. 精密制御減速機(189)
  • 27. ロボット用サーボモータ(195)
  • 28. オートツールチェンジャ(198)
  • 29. ロボット用力覚センサ(201)
  • 30. ロボットビジョンシステム(2D/3D)(204)
  • 31. セーフティレーザースキャナ(207)
  • 32. 汎用ロボットハンド(210)
  • 33. リニア搬送システム(213)
  • D. ソリューション・サービス
  • 34. ロボット制御ソリューション(219)
  • 35. ヒト協調ロボットレンタルサービス(222)
  • 36. 予知保全システム・サービス(225)
  • 37. リスクアセスメント策定受託サービス(228)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ