2022年版 次世代パワーデバイス&パワエレ関連機器市場の現状と将来展望

2022年版 次世代パワーデバイス&パワエレ関連機器市場の現状と将来展望

価格 187,000円(税抜 170,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2022年3月10日 体裁 A4版 321ページ
備考 こちらの調査資料には書籍/PDF+データ版セット 231,000円(税抜 210,000円)、ネットワークパッケージ版 374,000円(税抜 340,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2022 電池関連市場実態総調査 上巻・電池セル市場編
 ・車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査 2022 下巻:ECU関連デバイス編

調査概要

調査テーマ

『2022年版 次世代パワーデバイス&パワエレ関連機器市場の現状と将来展望』

調査ポイント

① パワーデバイスおよび次世代パワーデバイスの最新市場動向・技術開発動向を把握
② パワーデバイス構成部材、製造装置の各市場動向を把握
③ 民生機器、情報通信機器、自動車・電装、電鉄車両、エネルギー、産業の各アプリケーション市場動向や搭載スペックを把握
④ 電動車向けを中心に需要拡大に対する各メーカーの対応を把握

調査対象

I.市場総括分析編
 1. パワーデバイス関連市場の概況
 2. パワーデバイス関連市場の現状と将来俯瞰図
 3. 次世代パワーデバイス・ウェーハの市場動向/普及ロードマップ
 4. パワーデバイス市場トレンド/メーカー動向
 5. パワーデバイスにおけるエリア別市場規模推移・予測
 6. パワーデバイス構成部材/製造装置市場トレンド
 7. 設備投資・アライアンス動向
 8. アプリケーション別市場予測とパワーデバイス搭載動向
 9. パワーデバイス関連受託サービスの動向

II.パワーデバイス編
 1. 整流ダイオード
 2. SBD(ショットキー・バリア・ダイオード)
 3. FRD(ファスト・リカバリー・ダイオード)
 4. バイポーラパワートランジスタ
 5. 低耐圧パワーMOSFET
 6. 高耐圧パワーMOSFET
 7. IGBTディスクリート
 8. サイリスタ・トライアック
 9. IGBTモジュール
 10. インテリジェントパワーモジュール
 11. サイリスタモジュール
 12. SiC-SBD
 13. SiC-FET
 14. SiCパワーモジュール
 15. GaNパワーデバイス
 16. 酸化ガリウムパワーデバイス
 17. ダイヤモンドパワーデバイス
 18. パワーIC

III.パワーデバイス構成部材編
 19. SiCウェーハ
 20. GaNウェーハ
 21. 酸化ガリウムウェーハ
 22. ダイヤモンドウェーハ
 23. 半導体レジスト
 24. バッファーコート膜
 25. CMPパッド
 26. CMPスラリー
 27. ダイボンディングペースト
 28. はんだ
 29. シンタリング接合材
 30. リードフレーム用条材
 31. ボンディングワイヤ
 32. 封止材料
 33. 窒化アルミニウム回路基板
 34. アルミナ系回路基板
 35. 窒化ケイ素回路基板・白板
 36. 金属放熱基板
 37. 放熱シート
 38. 放熱グリース

IV.パワーデバイス製造装置編
 39. エピ膜成長装置
 40. CMP装置
 41. プラズマCVD
 42. コータ/デベロッパ
 43. 露光装置
 44. イオン注入装置
 45. 熱処理装置
 46. レーザーアニール装置
 47. ドライエッチング装置
 48. スパッタリング装置
 49. バックグラインダ
 50. ダイシング装置
 51. ダイボンダ
 52. ワイヤボンダ
 53. モールディング装置
 54. ウェーハ外観検査装置
 55. チップ外観検査装置
 56. セラミック基板検査装置
 57. 電気テスタ装置

市場範疇

各市場の数値は年次ベース(1月~12月)とする。また、調査対象市場の範疇においてパワーデバイス編、パワーデバイス構成部材編、パワーデバイス製造装置編は世界市場を対象とする。また、生産/販売ベースの区分においてパワーデバイス編、パワーデバイス構成部材編、パワーデバイス製造装置編は販売ベースとする。

調査対象領域日本市場海外市場生産ベース販売ベース
パワーデバイス編×
パワーデバイス構成部材編×
パワーデバイス製造装置編×
※品目により対象が異なる

海外市場における地域区分については以下の通り分類している。

地域区分対象国・地域地域区分対象国・地域
日本日本北米米国、カナダ
中国中国、香港欧州西欧、東欧、トルコ、ロシアなど
他アジア韓国、台湾、インド、他アジアその他中近東、中南米、オセアニア、アフリカなど

アプリケーションについては以下の通り分類している。

アプリケーション対象機器
民生機器ルームエアコンなどの白物家電、パソコン・TVなどのデジタル機器、LED照明器具など
情報通信機器サーバ、UPS、データセンタ・基地局用電源、その他情報通信機器向け電源など
自動車・電装駆動用インバータモジュール、DC-DCコンバータ、車載用充電器(オンボードチャージャ)、充電スタンドなど
電鉄車両電鉄車両に搭載される駆動用電力変換装置など
エネルギー太陽光発電・風力発電などのパワーコンディショナ、送電インフラなど
産業一般産業機械のインバータなどの電源回路、モータ制御回路、医療機器、業務用エアコンなど

調査方法

弊社専門調査員による対象企業および関連企業、業界団体などへの直接またはオンラインによる面接取材を基本として、一部電話取材により情報を収集した。

調査期間

2021年12月~2022年2月

調査担当

株式会社富士経済 インダストリアルソリューション事業部

目次

I. 市場総括分析編

  • 1. パワーデバイス関連市場の概況
  • 1)カテゴリー別市場トレンド(3)
  • 2)アプリケーション別概況と市場トレンド(3)
  • 2. パワーデバイス関連市場の現状と将来俯瞰図 (4)
  • 3. 次世代パワーデバイス・ウェーハの市場動向/普及ロードマップ
  • 1)SiCパワーデバイス(6)
  • 2)GaNパワーデバイス(8)
  • 3)酸化ガリウムパワーデバイス・ダイヤモンドパワーデバイス(10)
  • 4. パワーデバイス市場トレンド/メーカー動向
  • 1)パワーデバイス市場動向(12)
  • 2)デバイス種類別市場動向(14)
  • 5. パワーデバイスにおけるエリア別市場規模推移・予測(25)
  • 6. パワーデバイス構成部材/製造装置市場トレンド
  • 1)パワーデバイス構成部材市場規模推移・予測(26)
  • 2)パワーデバイス製造装置市場規模推移・予測(33)
  • 7. 設備投資・アライアンス動向
  • 1)主要パワーデバイス関連メーカーの設備投資動向(35)
  • 2)中国国家プロジェクト施策(37)
  • 3)主要パワーデバイスメーカーのアライアンス動向(38)
  • 8. アプリケーション別市場予測とパワーデバイス搭載動向
  • 1)民生機器分野(39)
  • 2)情報通信機器分野(40)
  • 3)自動車・電装分野(41)
  • 4)電鉄車両分野(42)
  • 5)エネルギー分野(43)
  • 6)産業分野(44)
  • 9. パワーデバイス関連受託サービスの動向
  • 1)受託サービス展開企業一覧(45)
  • 2)企業別受託サービス動向(46)
  • 3)国内ファウンドリ事業動向(46)

II. パワーデバイス編

  • 1. 整流ダイオード(49)
  • 2. SBD(ショットキー・バリア・ダイオード)(53)
  • 3. FRD(ファスト・リカバリー・ダイオード)(57)
  • 4. バイポーラパワートランジスタ(61)
  • 5. 低耐圧パワーMOSFET(65)
  • 6. 高耐圧パワーMOSFET(70)
  • 7. IGBTディスクリート(74)
  • 8. サイリスタ・トライアック(78)
  • 9. IGBTモジュール(82)
  • 10. インテリジェントパワーモジュール(86)
  • 11. サイリスタモジュール(90)
  • 12. SiC-SBD(94)
  • 13. SiC-FET(98)
  • 14. SiCパワーモジュール(102)
  • 15. GaNパワーデバイス(106)
  • 16. 酸化ガリウムパワーデバイス(110)
  • 17. ダイヤモンドパワーデバイス(113)
  • 18. パワーIC(115)

III. パワーデバイス構成部材編

  • 19. SiCウェーハ(121)
  • 20. GaNウェーハ(125)
  • 21. 酸化ガリウムウェーハ(127)
  • 22. ダイヤモンドウェーハ(130)
  • 23. 半導体レジスト(132)
  • 24. バッファーコート膜(136)
  • 25. CMPパッド(140)
  • 26. CMPスラリー(144)
  • 27. ダイボンディングペースト(148)
  • 28. はんだ(152)
  • 29. シンタリング接合材(156)
  • 30. リードフレーム用条材(164)
  • 31. ボンディングワイヤ(168)
  • 32. 封止材料(176)
  • 33. 窒化アルミニウム回路基板(184)
  • 34. アルミナ系回路基板(188)
  • 35. 窒化ケイ素回路基板・白板(195)
  • 36. 金属放熱基板(203)
  • 37. 放熱シート(208)
  • 38. 放熱グリース(212)

IV. パワーデバイス製造装置編

  • 39. エピ膜成長装置(219)
  • 40. CMP装置(227)
  • 41. プラズマCVD(230)
  • 42. コータ/デベロッパ(239)
  • 43. 露光装置(242)
  • 44. イオン注入装置(245)
  • 45. 熱処理装置(253)
  • 46. レーザーアニール装置(259)
  • 47. ドライエッチング装置(265)
  • 48. スパッタリング装置(275)
  • 49. バックグラインダ(284)
  • 50. ダイシング装置(289)
  • 51. ダイボンダ(294)
  • 52. ワイヤボンダ(297)
  • 53. モールディング装置(300)
  • 54. ウェーハ外観検査装置(303)
  • 55. チップ外観検査装置(313)
  • 56. セラミック基板検査装置(316)
  • 57. 電気テスタ装置(319)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ