デジタルプレス:SDGs時代の化粧品容器・パッケージの展望

デジタルプレス:SDGs時代の化粧品容器・パッケージの展望

価格 330,000円(税抜 300,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2022年3月11日 体裁 PDF 63ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROMパッケージ納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・機能性化粧品マーケティング要覧 2021-2022
 ・【デジタルプレス】2022年版 家庭用国内衛生関連品市場調査

調査概要

調査テーマ

『SDGs時代の化粧品容器・パッケージの展望』
~サーキュラーエコノミー実現を目指すコスメ業界の最新動向~

企画の背景と目的

●近年、大手化粧品メーカーではサステナブル(持続可能)な製品づくりが強化されている。特に容器・パッケージへの取組みは顕著 で、脱プラスチック化やリユース・リフィル可能な素材を採用する循環型サプライチェーンや資源の回収・リサイクルといったサー キュラーエコノミーを目指した取り組みが国内外において試行されている。
●2021年4月に経済産業省は「化粧品産業ビジョン」を公表し、ブランド・イメージがビジネスを大きく左右する産業では企業や商品 の選択基準にSDGs(持続可能な開発目標)の取組みやGuilt-free(注)といった視点は重要であることを明文化した。製造から使 用・廃棄までのライフサイクルの各段階においてごみ問題への具体的な対応が急務であり、今後は日本国内でも業界全体でプラス チックの資源循環に向けた一層の対策を講じることが求められている。
●本調査企画では、主要団体、原料メーカー、容器メーカー・商社、化粧品メーカーを対象に化粧品容器・パッケージのエコ化および 原料の代替素材に対する取組みや市場動向を調査することで、SDGsに向けて注目が高まるサステナブルな化粧品容器・パッケージの 方向性、さらにはサーキュラーエコノミーを実現したビジネス(資源循環型モデル)の展望を提示することを主たる目的とした。

調査ポイント

▶対象品目ごとの環境対策の動向、バイオプラスチックや紙などの採用動向、リサイクルの実態を明確化
▶化粧品メーカーの主な採用動向を把握
▶サーキュラー・エコノミーを実現した新たな仕組みを提示

調査対象

区分内容
(A)
対象品目
1.ボトル容器 2.押出チューブ 3.ラミネートチューブ 4.ジャー容器
(B)
素材
●ポリエチレン(PE) ●ポリプロピレン(PP) ●ポリエチレンテレフタレート(PET) ●ガラス ●アルミニウム ●バイオプラスチック ●紙etc.
(C)
団体・メーカー
関連団体、原料メーカー、容器・成型メーカー/商社、化粧品メーカー

調査方法

富士経済 専門調査員による直接ヒアリング(一部、間接取材)を中心に、Web等によるデスクサーベイを実施した。

調査期間

2021年11月~2022年3月

調査担当

株式会社富士経済 東京オフィス コスメティックスビジネスユニット

目次

I.総括・分析

  • 1.化粧品容器・パッケージの将来展望(7)
  • 1)化粧品容器・パッケージの市場規模推移(2019年~2021年、2022年見込、2023年~2025年予測)(7)
  • 2)品目別化粧品容器・パッケージの市場規模推移(2019年~2021年、2022年見込、2023年~2025年予測)(8)
  • 3)SDGs時代の化粧品容器・パッケージの展望(10)
  • 4)SDGs時代の化粧品容器・パッケージの採用の方向性(11)
  • 2.環境対策の現状と方向性(13)
  • 1)化粧品業界を取り巻く環境規制(13)
  • 2)サーキュラー・エコノミー(CE)を実現した新たな仕組み(15)
  • 3.化粧品メーカーの採用動向と今後のニーズ分析(16)
  • 1)環境対応に対するコスメ業界のポジショニング(16)
  • 2)主要メーカーの採用動向(17)
  • <参考>
  • 1)カテゴリー別市場規模推移(2019年~2025年予測)(22)
  • 2)化粧品市場の方向性(23)
  • 3)カテゴリー別でみた市場の方向性(24)

II.品目別市場

  • 1.ボトル容器(28)
  • 2.押出チューブ(33)
  • 3.ラミネートチューブ(37)
  • 4.ジャー容器(41)

III.化粧品メーカー編

  • 1.資生堂(47)
  • 2.花王(49)
  • 3.コーセー(51)
  • 4.ファンケル(53)
  • 5.ロート製薬(55)
  • 6.ロクシタンジャポン(57)
  • 7.スタイリングライフ・ホールディングス(59)
  • 8.ラッシュジャパン(62)
  • 9.ユニリーバ・ジャパン(64)
  • 10.I-ne(アイエヌイー)(66)
  • 11.アルビオン(67)
  • 12.P&Gジャパン(67)
  • 13.日本ロレアル(67)
  • 14.ポーラ・オルビスホールディングス(67)
  • 15.ポーラ(67)
  • 16.オルビス(68)
  • 17.ドクターシーラボ(68)
  • 18.ネイチャーズウェイ(68)
  • 19.ちふれ化粧品(68)
  • 20.ジバンシイ(68)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ