../Images/492n126.gif

2012年 注目メカトロニクスパーツ市場実態総調査

価格 130,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2012年11月30日 体裁 A4版 286ページ

調査概要

調査対象品目

 *印:個別市場編・中国市場編の両方にて調査対象

 A.コンピュータ&コントローラ領域(9品目)
 CNC、モーションコントローラ、汎用インバータ*、プログラマブルコントローラ*、
 温度調節計*、プログラマブル表示器*
 FA用パソコン*、パネルコンピュータ、産業用無線操作装置
 
 B.モータ&メカ領域(7品目)
 ACサーボモータ*/ドライバ、ダイレクトドライブモータ、産業用ステッピングモータ、産業用ギヤードモータ
 産業用IPMモータ、リニアガイド、ボールねじ
 
 C.センサ領域(6品目)
 近接センサ*、光電センサ*、レーザ変位センサ、リニアエンコーダ、ロータリエンコーダ*、イオナイザ
 
 D.受配電機器領域(4品目)
 コンタクタ、産業用配線用遮断器、電力調整器、指示電気計器
 
 E.ソフトウェア領域(2品目)
 SCADAソフトウェア、ソフトウェアPLC

調査項目

 I.総括・集計編
  1.メカトロニクスパーツ業界の全体俯瞰図
  2.セグメント別動向・将来展望
  3.主要エリア別経済成長動向
  4.中国市場総括・分析
  5.制御セキュリティの動向
  6.主要アプリケーション動向
  7.メカトロニクスパーツ品目別エリア別生産比率
  8.メカトロニクスパーツ品目別エリア別販売比率
  9.品目別市場規模推移
  10.品目別メーカーシェア
  11.主要参入企業ディレクトリ

 

 II.個別市場編(各品目共通項目)
  1.市場定義
  2.市場規模推移及び中期予測
  3.エリア別市場動向
  4.メーカーシェア動向
  5.メーカー事業戦略
  6.アプリケーション動向
  7.参入企業一覧

 

 III.中国市場編(各品目共通項目)
  1.市場定義
  2.市場規模推移及び中期予測
  3.メーカーシェア動向
  4.参入企業一覧

調査方法

弊社専門調査員による調査対象先(参入企業、関連企業)に対する直接面接取材を基本に、一部電話ヒアリングを実施した。 中国市場については、現地主要メーカー及び日系参入メーカーへのヒアリング、競合各社の見解を踏まえた富士経済推定値 として算出した。

調査担当

(株) 富士経済 大阪マーケティング本部 第一事業部 メカトロニクスプロジェクト

調査期間

2012年8月~同年11月

備考

<市場範疇>

  • 市場範疇は「日系グローバル」市場とする。
  • 日系グローバル市場とは、 日系メーカーの国内販売実績、海外販売実績(輸出+Out-Out)、及び外資系メーカー(日本法人)の国内販売実績をカウントし、外資系メーカーの海外販売実績は含まない。
 
 
 

<調査数値>

  • 台数、金額の数値は富士経済推計のうえ集計。
  • 日本円に対する換算為替レートは以下の年平均為替レートを適用、2011年以降のデータは2011年の年平均為替レートを適用する。

年平均為替レート 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年以降
1米ドル 117.8 103.4 93.6 87.8 79.7
1ユーロ 161.3 152.5 130.3 116.5 111.0
1中国元 15.5 14.9 13.7 12.9 12.3

  • 弊社専門調査員による対象企業及び関連企業、業界団体等への面接取材を基本とした情報収集と電話ヒアリングをベースとする。当調査資料は市場トレンドデータとして毎年刊行しており、今回は2012年版としての改訂版に位置づけられる。一部品目については、必要に応じて対象領域やデータの見直しを加えている(*各品目市場定義の項に対象領域を明記)。
  • 市場規模算出については、便宜上「出荷=生産」とみなす。
  • シェア算出に際しては、小数点以下2位の位において四捨五入による計算を行っている。従って、各項目のシェア合計値が100%を超過する場合、満たない場合があるが、合計値は100%と表記する。
  • 各カテゴリーの数値は年次ベース(1月~12月)とする。
  • 総括・集計編の文章中では一部、海外生産による海外販売分(OUT-OUT)を「OTO」と略記する。

目次

I.総括・集計編

  • 1.メカトロニクスパーツ業界の全体俯瞰図(1)
  • 2.セグメント別動向・将来展望(3)
  • 3.主要エリア別経済成長動向(5)
  • 4.中国市場総括・分析(11)
  • 5.制御セキュリティの動向(15)
  • 6.主要アプリケーション動向(17)
  • 7.メカトロニクスパーツ品目別エリア別生産比率(30)
  • 8.メカトロニクスパーツ品目別エリア別販売比率(31)
  • 9.品目別市場規模推移(32)
  • 10.品目別メーカーシェア(40)
  • 11.主要参入企業ディレクトリ(51)

II.個別市場編

  • A.コンピュータ&コントローラ領域
  • 1.CNC(59)
  • 2.モーションコントローラ(66)
  • 3.汎用インバータ(73)
  • 4.プログラマブルコントローラ(80)
  • 5.温度調節計(89)
  • 6.プログラマブル表示器(98)
  • 7.FA用パソコン(107)
  • 8.パネルコンピュータ(114)
  • 9.産業用無線操作装置(121)
  • B. モータ&メカ領域
  • 10.ACサーボモータ・ドライバ(129)
  • 11.ダイレクトドライブモータ(141)
  • 12.産業用ステッピングモータ(148)
  • 13.産業用ギヤードモータ(155)
  • 14.産業用IPMモータ(163)
  • 15.リニアガイド(170)
  • 16.ボールねじ(177)
  • C.センサ領域
  • 17.近接センサ(185)
  • 18.光電センサ(192)
  • 19.レーザ変位センサ(200)
  • 20.リニアエンコーダ(207)
  • 21.ロータリエンコーダ(215)
  • 22.イオナイザ(223)
  • D.受配電機器領域
  • 23.コンタクタ(231)
  • 24.産業用配線用遮断器(238)
  • 25.電力調整器(245)
  • 26.指示電気計器(252)
  • E.ソフトウェア領域
  • 27.SCADAソフトウェア(261)
  • 28.ソフトウェアPLC(265)

III.中国市場編

  • 1.プログラマブルコントローラ(269)
  • 2.FA用パソコン(271)
  • 3.プログラマブル表示器(273)
  • 4.汎用インバータ(275)
  • 5.温度調節計(277)
  • 6.ACサーボモータ(279)
  • 7.近接センサ(281)
  • 8.光電センサ(283)
  • 9.ロータリエンコーダ(285)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(税込:31,500円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ