2012 医薬品マーケティング戦略 No.2

2012 医薬品マーケティング戦略 No.2

価格 140,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2012年10月12日 体裁 A4版 389ページ

調査概要

調査目的

主要医薬品企業のこの1年間のトピックス、海外・日本の売上構成、領域別販売高、営業体制、開発パイプライン等を明らかにし、各社のマーケティング戦略の現状と今後の展望を提示することで、医薬品事業におけるマーケティング戦略立案に資するデータを提供することを調査の目的とした。

調査項目

 1.新製品一覧
  1)グローバル
  2)国内
 2.企業プロフィール
 3.連結決算/グローバル展開状況
  1)年商推移
  2)海外販社・営業拠点
  3)海外売上(地域別販売高/上位製品/グローバル戦略領域・製品の動向)
  4)提携内容
 4.単体決算の概要
  1)年商推移
  2)従業員(全体推移/部門別)
  3)商品構成
 5.医薬品販売戦略
  1)医薬品販売高
  2)医療用医薬品販売高
    (医療用医薬品国内・海外販売高/国内自社品・他社品別販売高/国内医療用医薬品販売高推移)
  3)領域別展開状況(国内薬効領域別販売高/戦略領域とそのポジショニング)
  4)国内売上上位品目の動向
  5)販売提携戦略(提携戦略の状況/現在の販売提携/今後の販売提携予定品)
 6.営業体制
  1)本社営業組織
  2)基本営業戦略
  3)支店・営業所体制
  4)MR配置戦略
  5)MR数
  6)MRの生産性
 7.研究開発戦略
  1)開発戦略領域(グローバルと国内注力開発領域・製品比較/国内開発状況)
  2)開発品状況
    (国内/厚生労働省開発要請対象医薬品/近年のスイッチOTC化成分
    スイッチOTC化有力候補成分/グローバル本社)
 8.今後の事業戦略と展開予測
  1)企業ポジショニング
  2)製品・領域戦略
  3)営業戦略
  4)研究・開発戦略

 

調査方法

  • 弊社専門調査員により対象企業及び関連企業・団体へのヒアリングによる情報収集を行った。
  • 販売高については弊社専門調査員による推定値とした。また特に断りのない限り販売高はメーカー出荷金額として示した。
 

調査期間

2012年7月~10月

目次

I.総合分析(1)

  • 1.2011年度年商・医療用医薬品売上高と海外売上高(3)
  • 2.国内企業の医薬品売上高に占める上位2領域売上高・比率と国内実績との相関(4)
  • 3.国内企業の医薬品売上高に占める上位3製品売上高・比率(6)
  • 4.国内企業のMR体制に関する企業分析(9)
  • 5.国内企業のMR数推移と売上推移の相関(10)
  • 6.国内企業の新製品とコントラクトMRとの相関(12)
  • 7.国内企業の新製品年表(2008年1月~2012年9月)(14)
  • 8.医療業界主要トピックス年表(2008年1月~2012年9月)(16)
  • 9.主要企業における注目の国内開発品とグローバル開発品との関係性
  • (新規成分・国内PhI以上、海外自社開発のみ)(18)
  • 10.日本市場における製品ランキング(2011年度)-国内販売額100億円以上クラスの品目-(20)
  • 11.関連企業の動向(24)

II.医薬品企業事例(25)

  • 1.武田薬品工業(27)
  • 2.アステラス製薬(43)
  • 3.第一三共(59)
  • 4.田辺三菱製薬(75)
  • 5.エーザイ(90)
  • 6.大塚製薬(大鵬薬品工業含む)(106)
  • 7.大日本住友製薬(128)
  • 8.協和発酵キリン(142)
  • 9.塩野義製薬(157)
  • 10.小野薬品工業(171)
  • 11.久光製薬(183)
  • 12.ツムラ(193)
  • 13.大正富山医薬品(大正製薬、富山化学工業含む)(200)
  • 14.杏林製薬(211)
  • 15.参天製薬(221)
  • 16.Meiji Seika ファルマ(233)
  • 17.持田製薬(245)
  • 18.興和創薬(254)
  • 19.帝人ファーマ(264)
  • 20.科研製薬(275)
  • 21.旭化成ファーマ(285)
  • 22.味の素製薬(294)
  • 23.キッセイ薬品工業(304)
  • 24.日本新薬(314)
  • 25.鳥居薬品(324)
  • 26.ヤクルト本社(333)
  • 27.ゼリア新薬工業(342)
  • 28.全薬工業(352)

III.関連企業事例(359)

  • 1.クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン(361)
  • 2.アポプラスステーション(363)
  • 3.シミックエムピーエスエス(366)
  • 4.ファーマネットワーク(369)
  • 5.インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン(372)
  • 6.IML(374)
  • 7.エムスリー(378)
  • 8.ケアネット(382)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(税込:31,500円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ