化粧品・美容サービスの業態別分析調査 2012

化粧品・美容サービスの業態別分析調査 2012

価格 120,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2012年10月26日 体裁 A4版 262ページ

調査概要

調査目的

化粧品の販売チャネル、美容サービス提供チャネルを主要業態毎に区分し、各業態の動向を物販・サービスの両面から分析するとともに、主要デペロッパーの企業別事例、最新施設動向をまとめ、業態視点から化粧品市場を明らかにする。

調査内容

【I.総括編 】
 1.化粧品・美容サービス市場規模推移
 2.物販・美容サービス別市場規模推移
 3.業態別市場規模推移(化粧品・美容サービス全体)
 4.業態別市場規模推移(化粧品販売)
 5.業態市場規模推移(美容サービス)
 6.化粧品 カテゴリー別市場規模推移
 7.地域別業態動向(2012年)
 8.業態・商業施設の動向
 9.化粧品販売主体業態の美容サービス動向
 10.美容サービス主体業態の化粧品販売動向
 11.現状の問題点、課題
 12.今後の方向性
 
【II.業態別市場動向】
 1.定義
 2.対象カテゴリー・美容サービス
 3.沿革
 4.市場規模推移(2003~2015<2013年(予測)、2014年(予測)、2015年(予測)>)
  1)全体マーケットスケール
  2)化粧品販売/美容サービス別マーケットスケール
 5.化粧品・カテゴリー別売上構成比(2010~2013年<2013年(予測)>)
 6.地域別店舗数(2012年)
 7.企業別シェア(化粧品販売・美容サービス)(2010~2013年<2013年(予測)>)
 8.注目ケーススタディ
 9.現状の問題点/課題
 10.今後の方向性
 
【III.商業施設】
 1.定義
 2.施設数
  1)全体
  2)タイプ別施設数
  3)エリア別施設数
  4)都道府県別施設数
 3.1施設当りの入店数
 4.売上高推移
 5.出店企業(メーカー)の戦略

調査対象品目

≪対象品目・領域≫

化粧品(スキンケア、メイクアップ、ヘアケア、ボディケア、フレグランス、メンズコスメティックス)と化粧品販売に付属するフェイシャルエステ、ボディエステなどの美容サービス、理美容室及びネイルサロン、育毛・発毛サロン、エステティックサロン、ネイルサロンでの施術料金を美容サービスとして本稿の対象とした。

≪美容サービスの定義≫

  • 美容サービスとは、顔をはじめた全身を対象とし、「美しくなること」を目的とした有償サービス全般。マッサージ(リラクゼーション含む)など健康に関連するサービスは本稿の対象外とした。

≪美容サービスを行う主要業態≫(主なサービス内容)

  • 化粧品店・薬局・薬店(フェイシャルエステ、メイクアップ等)
  • ドラッグストア(フェイシャルエステ、メイクアップ、ネイル等)
  • 百貨店(フェイシャルエステ、メイクアップ、ネイル等)
  • 訪問販売(店舗(サロン)でのフェイシャルエステ、メイクアップ、ネイル等)
  • 美容室(カット、シャンプー、パーマ、ヘアカラー、スカルプケア・ヘッドスパ、スキンケア、メイクアップ、ネイル等)
  • 理容室(カット、シャンプー、パーマ、ヘアカラー、スカルプケア・ヘッドスパ等)
  • エステティックサロン(フェイシャルエステ、ボディケア、痩身、脱毛等)
  • ネイルサロン(ネイルケア、カラーリング、ジェルネイル、アクリル、オーダーメイドネイル、ネイルアート等)
  • スパ(フェイシャルエステ、ボディケア等)※温浴・水浴設備を持つエステ業態
  • ホテル・他キャビン(フェイシャルエステ、ボディケア等)
  • スポーツクラブ併設型エステティックサロン(フェイシャルエステ、ボディケア等)
  • アイラッシュサロン(まつ毛パーマ、エクステンション等)
  • 眉毛専門サロン(眉毛ケア等)

調査方法

  • 弊社専門調査員による対象企業及び関連企業・団体などへの面接取材による情報収集を行った。
  • 本稿では各マーケット数値は全て小売ベースとした。
 

<販売実績の基準>



調査期間

2012年9月~10月

調査担当

株式会社 富士経済 東京マーケティング本部 第一統括部 第二部

目次

<はじめに>

<調査概要>

I.総括編(1)

  • 1.化粧品・美容サービス市場規模推移(3)
  • 2.化粧品・美容サービス別市場規模推移(4)
  • 3.業態別市場規模推移(化粧品・美容サービス全体)(5)
  • 4.業態別市場規模推移(化粧品販売)(7)
  • 5.業態別市場規模推移(美容サービス)(10)
  • 6.化粧品カテゴリー別市場規模推移(11)
  • 7.地域別業態動向(2012年)(13)
  • 8.業態・商業施設の動向(14)
  • 9.化粧品販売主体業態の美容サービス動向(23)
  • 10.美容サービス主体業態の化粧品販売動向(23)
  • 11.現状の問題点/課題(24)
  • 12.今後の方向性(24)

II.業態別市場動向(25)

  • 1.化粧品店、薬局・薬店(27)
  • 2.ドラッグストア(36)
  • 3.量販店(GMS・SM)(50)
  • 4.百貨店(63)
  • 5.コンビニエンスストア(75)
  • 6.訪問販売(84)
  • 7.通信販売(93)
  • 8.通信販売(直営店)(100)
  • 9.バラエティショップ(107)
  • 10.ライフスタイル提案型ブランド(115)
  • 11.ホームセンター(128)
  • 12.総合ディスカウントストア(138)
  • 13.低価格ワンプライスショップ(147)
  • 14.家電量販店(155)
  • 15.コスメセレクトショップ(165)
  • 16.美容室(174)
  • 17.理容室(186)
  • 18.エステティックサロン(196)
  • 19.ネイルサロン(208)
  • 20.育毛・発毛サロン(217)

III.商業施設(225)

  • 1.ショッピングモール(227)
  • 2.駅ビル・駅地下街(241)
  • 3.アウトレットモール(255)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(税込:31,500円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ