H・Bフーズマーケティング便覧2013 No.3

H・Bフーズマーケティング便覧2013 No.3

価格 100,000 円+税 出版社 富士経済
発刊日 2013年02月20日 体裁 A4版 276ページ

調査概要

調査目的

健康・美容に良いというコンセプトを持つ食品を効能・効果的側面から個別に分析したNo.1(健康志向食品)とNo.2(機能志向食品)を合わせてH・Bフーズ市場として捉え、No.3では総合的な分析を行うことで今後の方向性を探る。

調査項目

 A.H・Bフーズの定義
 B.2012年市場の総括
  1.2012年市場のトピックス
  2.注目成分の市場動向
  3.H・Bフーズ市場動向-集計データ
 C.特定保健用食品の市場動向
 D.シリーズ展開企業の市場動向
 E.コンセプト別市場分析
 F.訴求効能別市場動向
 G.チャネル別販売動向
 H.主要・注目企業の動向
 I.新商品投入状況
 J.広告宣伝活動展開状況
 K.消費者キャンペーン展開状況

 

[調査対象]

 ■調査対象訴求効能
  1.滋養・強壮
  2.肝機能改善
  3.美肌効果
  4.整腸効果
  5.ダイエット
  6.生活習慣病予防
  7.免疫賦活作用
  8.血行促進
  9.栄養バランス
  10.骨・関節サポート
  11.覚醒効果
  12.貧血予防・改善
  13.喉の不快感除去
  14.虫歯予防
  15.エチケット
  16.アイケア
  17.マルチバランス
  18.ホルモンバランス
  19.リラックス
  20.グリーンチャージ
 
 ■主要・注目企業の動向
  1.サントリーグループ
  2.明治
  3.大塚グループ
  4.ディーエイチシー
  5.アサヒグループ
  6.フォーデイズ
  7.ファンケル
  8.えがお
  9.ニュースキンジャパン
  10.小林製薬
  11.わかさ生活
  12.資生堂グループ
  13.キリングループ
  14.オリヒロ
  15.ライオン
  16.ポーラ
  17.大正製薬
 
 ■コンセプト別市場動向
  1.ビタミン市場
  2.複合栄養型市場
  3.美容市場
  4.アンチエイジング市場
  5.メタボリック関連市場
  6.伝統食材市場
  7.関節対応市場
 
 ■チャネル別販売動向
  1.通信販売
  2.訪問販売
  3.薬局・薬店
  4.量販店
  5.CVS
 
 ■注目成分の市場動向
  ・コラーゲン
  ・グルコサミン
  ・プラセンタ

調査方法

  • 専門調査員による参入企業、関連企業等へのヒアリングを主体に各種公的データを補足として参考にした。
  • 本資料中の販売金額は特に断りがない限り、その商品の販売者たる企業の出荷金額とした。
  • 信頼に足るデータを引用した場合は出典を明示。出典の明示がない場合は(株)富士経済調べとした。
  • 本資料中の「その他」の販売チャネルの内訳は自動販売機、百貨店、駅売店、菓子・パン店、スポーツ用品店、牛乳販売店(宅配)、健康食品店等が含まれる。
  • 商品リスト中の価格表示に関しては、税抜き希望小売価格(一部参考価格含む)を原則として記載。また、オープン価格、NPPに関しては“-”と表示した。
 

※構成比・シェアに関しては、小数点以下第2位を四捨五入しているので、合計値が“100.0”とならない場合がある。
※『F.訴求効能別市場動向』の平均成長率は、“(2012年見込実績/2004年実績)^(1/8)-1”で算出した。

調査期間

2012年12月~2013年2月

調査担当

(株)富士経済 東京マーケティング本部 第一統括部 第二部

目次

<はじめに>

<調査概要>

A.H・Bフーズの定義(1)

  • 1.H・Bフーズの概念と範囲(3)
  • 2.法的分類(5)
  • 3.マーケティング上の分類(5)
  • 4.「保健機能食品制度」の概要(7)
  • 5.栄養機能食品の定義(8)
  • 6.特定保健用食品の定義(8)
  • 7.「保健機能食品」とH・Bフーズの関係(9)

B.2012年市場の総括(11)

  • 1.2012年市場のトピックス(13)
  • 2.注目成分の市場動向(16)
  • 3.H・Bフーズ市場動向-集計データ(37)

C.特定保健用食品の市場動向(87)

D.シリーズ展開企業の市場動向(101)

E.コンセプト別市場分析(109)

  • 1.ビタミン市場(111)
  • 2.複合栄養型市場(117)
  • 3.美容市場(123)
  • 4.アンチエイジング市場(129)
  • 5.メタボリック関連市場(135)
  • 6.伝統食材市場(142)
  • 7.関節対応市場(147)

F.訴求効能別市場動向(153)

<2012年(見込)の訴求効能別志向別及びチャネル別実績一覧>(155)

  • 1.滋養・強壮市場(156)
  • 2.肝機能改善市場(158)
  • 3.美肌効果市場(160)
  • 4.整腸効果市場(162)
  • 5.ダイエット市場(164)
  • 6.生活習慣病予防市場(166)
  • 7.血行促進市場(168)
  • 8.免疫賦活作用市場(170)
  • 9.栄養バランス市場(172)
  • 10.骨・関節サポート市場(174)
  • 11.覚醒効果市場(176)
  • 12.貧血予防・改善市場(178)
  • 13.喉の不快感除去市場(180)
  • 14.虫歯予防市場(182)
  • 15.エチケット市場(184)
  • 16.アイケア市場(186)
  • 17.マルチバランス市場(188)
  • 18.ホルモンバランス市場(190)
  • 19.リラックス市場(192)
  • 20.グリーンチャージ市場(194)

G.チャネル別販売動向(197)

  • 1.通信販売(199)
  • 2.訪問販売(205)
  • 3.薬局・薬店(210)
  • 4.量販店(215)
  • 5.CVS(220)

H.主要・注目企業の動向(225)

<主要・注目企業H・Bフーズ実績及び主要ブランド実績の一覧>(227)

  • 1.サントリーグループ(228)
  • 2.明治(230)
  • 3.大塚グループ(232)
  • 4.ディーエイチシー(234)
  • 5.アサヒグループ(236)
  • 6.フォーデイズ(238)
  • 7.ファンケル(240)
  • 8.えがお(242)
  • 9.ニュースキンジャパン(244)
  • 10.小林製薬(246)
  • 11.わかさ生活(248)
  • 12.資生堂グループ(250)
  • 13.キリングループ(252)
  • 14.オリヒロ(254)
  • 15.ライオン(256)
  • 16.ポーラ(258)
  • 17. 大正製薬(260)

I.新商品投入状況(262)

J.広告宣伝活動展開状況(272)

K.消費者キャンペーン展開状況(275)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(税込:31,500円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ