高機能繊維と応用製品市場の現状と将来展望 2013

高機能繊維と応用製品市場の現状と将来展望 2013

~拡大する高機能繊維市場を用途別/エリア別に徹底調査~

価格 120,000 円+税 出版社 富士経済
発刊日 2013年03月18日 体裁 A4版 218ページ

関連書籍
 ・高機能分離膜/フィルター関連技術・市場の全貌と将来予測 2014

調査概要

調査のポイント

 ◆産業用高機能繊維市場のエリア、用途展開状況の明確化
 ◆今後注目される繊維複合材料、機能紙市場の現状把握
 ◆産業用高機能繊維を中心に拡大する新興国市場、新規参入メーカーを含めた世界市場のエリア別動向の整理
 ◆注目用途別市場における産業用高機能繊維市場の動向の整理
 ◆Cool Biz/Warm Bizで拡大する衣料・アパレル系繊維の市場概況の把握

調査対象品目

 [高機能繊維市場]
 ・パラ系アラミド繊維
 ・メタ系アラミド繊維
 ・超高分子量PE繊維
 ・LCP繊維
 ・PBO繊維
 ・PPS繊維
 ・PTFE繊維
 ・フェノール系繊維
 ・PAN系炭素繊維
 ・GPCF
 ・HPCF
 ・活性炭素繊維
 ・生分解性繊維(PLA/PGA等)

 [繊維複合材料市場]
 ・CFRP
 ・CFRTP

 [次世代繊維市場]
 ・バイオマスプラスチック繊維
 ・カーボンナノファイバー
 ・セルロースナノファイバー
 ・PBI繊維
 ・PEI繊維
 ・PSA繊維
 ・ポリアミドイミド繊維
 ・メラミン繊維
 ・人造蜘蛛繊維
 ・昆虫由来繊維

 [快適繊維市場]
 ・吸汗速乾繊維
 ・蓄熱・発熱保温繊維
 ・透湿防水繊維
 ・形態安定繊維
 ・難燃繊維(アクリル・ポリエステル・レーヨン系)

 [機能紙市場]
 ・電気絶縁紙
 ・滅菌紙
 ・剥離紙
 ・アラミドペーパー
 ・放射性物質吸着シート

 [繊維機械市場]
 ・化学繊維機械
 ・紡績機械
 ・編組機械
 ・織機

 [用途分野]
 ・自動車分野
 ・エネルギー・蓄電デバイス分野
 ・産業用機械・設備・工程材料分野
 ・住宅・建築・建設資材・土木分野
 ・家電分野
 ・医療・福祉介護分野
 ・衣料・アパレル・寝具分野
 ・スポーツ・レジャー分野
 ・航空・宇宙・海洋・軍需分野

調査方法

弊社専門調査員による対象企業及び関連企業、業界団体等への面接取材を基本とし、電話ヒアリング等により補完した。

調査期間

2012年12月~2013年3月

調査担当

株式会社 富士経済 大阪マーケティング本部 第一事業部

目次

I. 総括・分析編

  • 1.高機能繊維と応用製品市場の全体俯瞰(1)
  • 2.1.高機能繊維市場の現状と将来展望(2)
  • 2.2.繊維複合材料市場の現状と将来展望(3)
  • 2.3.高機能繊維における機能別市場の特徴(4)
  • 2.4.高機能繊維におけるエリア別需要動向(6)
  • 2.5.1.高機能繊維及び繊維複合材料における用途別需要動向(14)
  • 2.5.2.自動車分野(17)
  • 2.5.3.エネルギー・蓄電デバイス分野(21)
  • 2.5.4.産業用機械・設備・工程材料分野(24)
  • 2.5.5.住宅・建築・建設資材・土木分野(27)
  • 2.5.6.家電分野(30)
  • 2.5.7.医療・福祉介護分野(32)
  • 2.5.8.衣料・アパレル・寝具分野(34)
  • 2.5.9.スポーツ・レジャー分野(37)
  • 2.5.10.航空・宇宙・海洋・軍需分野(40)
  • 2.6.技術開発動向(44)
  • 3.快適繊維市場の現状と将来展望(48)
  • 4.機能紙市場の現状と将来展望(51)
  • 5.1.主要繊維メーカーの事業動向(53)
  • 5.2.主要快適繊維メーカーの事業動向(57)
  • 5.3.主要製紙メーカーの事業動向(59)

II. 集計編

  • 1.品目別市場規模推移一覧(61)
  • 2.品目別エリア別市場構成比一覧(64)
  • 3.品目別参入メーカーシェア一覧(75)
  • 4.品目別価格動向一覧(81)
  • 5.主要参入企業一覧(83)

III. 個別品目市場編

  • <A.高機能繊維市場>
  • 1.パラ系アラミド繊維(87)
  • 2.メタ系アラミド繊維(92)
  • 3.超高分子量PE繊維(97)
  • 4.LCP繊維(102)
  • 5.PBO繊維(107)
  • 6.PPS繊維(112)
  • 7.PTFE繊維(117)
  • 8.フェノール系繊維(122)
  • 9.PAN系炭素繊維(127)
  • 10.GPCF(132)
  • 11.HPCF(137)
  • 12.活性炭素繊維(142)
  • 13.生分解性繊維(PLA/PGA等)(147)
  • <B.繊維複合材料市場>
  • 1.CFRP(153)
  • 2.CFRTP(158)
 1. 製品概要・機能
 2. 市場概要・定義
 3. 市場規模推移・予測(2010~2016、2020年)
 4. 生産エリア/需要エリアの特徴
 5. 参入企業動向/メーカーシェア
 6. 用途別動向
 7. 価格動向
 8. 商流特徴
 9. 技術開発動向
 10.現状の課題と今後の方向性

  • <C.次世代繊維市場>
  • 1.バイオマスプラスチック繊維(163)
  • 2.カーボンナノファイバー(164)
  • 3.セルロースナノファイバー(165)
  • 4.PBI繊維(166)
  • 5.PEI繊維(167)
  • 6.PSA繊維(168)
  • 7.ポリアミドイミド繊維(169)
  • 8.メラミン繊維(170)
  • 9.人造蜘蛛繊維(171)
  • 10.昆虫由来繊維(172)
 1. 市場概況及び製品特徴
 2. メーカー動向
 3. 用途動向
 4. 価格動向
 5. 技術動向
 6. 今後の市場見通し
 7. 主要参入企業一覧

  • <D.快適繊維市場>
  • 1.吸汗速乾繊維(173)
  • 2.蓄熱・発熱保温繊維(177)
  • 3.透湿防水繊維(181)
  • 4.形態安定繊維(185)
  • 5.難燃繊維(アクリル・ポリエステル・レーヨン系)(189)
 1. 市場概況及び製品特徴
 2. 市場規模推移・予測(2010~2016、2020年)
 3. 参入企業動向/メーカーシェア
 4. 用途動向
 5. 需要エリア別構成比(2012年金額ベース)
 6. 技術動向
 7. 価格動向
 8. 今後の市場見通し
 9. 主要参入メーカーの生産開発拠点状況
 10.主要製品概要

  • <E.機能紙市場>
  • 1.電気絶縁紙(193)
  • 2.滅菌紙(198)
  • 3.剥離紙(203)
  • 4.アラミドペーパー(208)
  • 5.放射性物質吸着シート(213)
 1. 製品概要・機能
 2. 市場概要・定義
 3. 市場規模推移・予測(2010~2016、2020年)
 4. 生産エリア/需要エリアの特徴
 5. 参入企業動向/メーカーシェア
 6. 用途別動向
 7. 価格動向
 8. 商流特徴
 9. 技術開発動向
 10.現状の課題と今後の方向性

  • <F.繊維機械市場>
  • 1.化学繊維機械(215)
  • 2.紡績機械(216)
  • 3.編組機械(217)
  • 4.織機(218)
 1. 市場概要・定義
 2. 市場規模推移・予測(2008~2015年)
 3. 参入企業動向/メーカーシェア(国内生産)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(税込:31,500円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ