2013年 ペット関連市場マーケティング総覧

2013年 ペット関連市場マーケティング総覧

価格 130,000 円+税 出版社 富士経済
発刊日 2013年03月29日 体裁 A4版 309ページ

調査概要

調査目的

  • 従来拡大路線を歩んできたペット関連製品の市場も近年は成長力が鈍化しており、参入メーカーに於いてはペットの生体の流行及び特性、そしてオーナーニーズを反映した製品による差別化政策が必要不可欠となっています。また、戦略性に乏しい企業にとってはシェア低下が顕著となるなど、マーケティング戦略の重要性は年々高まる傾向にあります。
  • 本調査では、2012年刊行の前回の調査結果を踏まえ、フード、ケア用品、生活用品、注目ビジネスの市場データを更新し、市場実態と将来展望を明確化すると共に、ペットオーナーへのインターネット調査を実施し、オーナー動向を把握する事で、参入各社にとって事業展開の一助となる情報提供を目的に製作しました。

調査対象品目

<調査対象品目>
 A.ペットフード
  ドッグフード、キャットフード、プレミアムフード、スナック、観賞魚用フード、
  小鳥・観賞鳥用フード、小動物用フード、サプリメント、ミルク、療法食
 B.ペットケア用品
  猫砂、トイレ/トイレ用シーツ、オムツ、ペット用トイレタリー、しつけ剤、消臭剤/脱臭剤、
  防虫剤/殺虫剤、シャンプー類、イヤークリーナー、デンタルケア用品
 C.ペット生活用品
  首輪/胴輪/引紐、ベッド/マット/ヒーター、ケージ/サークル・ゲート、キャリー、ブラシ/クシ、
  食器/給水器、玩具、衣類、ハウス、水槽/周辺器具
 D.注目ビジネス
  ペット保険

調査項目

<個別品目共通項目>
 1.市場規模推移(10~12年実績、13年見込、14年予測)
 2.種類/タイプ別市場規模推移(10~12年実績、13年見込、14年予測)
 3.メーカーシェア推移(11~12年実績、13年見込)
 4.流通ルート・販売チャネル構成推移(11~12年実績、13年見込)
 5.新製品&注目製品動向
 6.製品トレンド状況
 7.注目マーケティング政策
 8.今後の市場展開予測
 ※1 品目によっては省略している項目がある
 ※2 「D.注目ビジネス」は項目が異なる

ペットオーナー調査(インターネット調査)

事前調査:全国10,000名無作為抽出 本調査:犬飼育者300名、猫飼育者300名

調査方法

参入企業、業界関連企業、関連団体などに対する、インタビュー形式によるヒアリング調査を主体としている

調査担当

(株)富士経済 大阪マーケティング本部 第一事業部 Pet Project Team

調査期間

2012年12月~2013年3月

備考

  • 本調査における市場規模及び販売実績は、特に断り書きがある場合を除いて、全てメーカー・販売元出荷ベースで表記しており、富士経済の推計値となっている。
  • メーカー名の表記には、海外メーカー製品を日本市場で展開する販売企業名で示している場合もある。また、OEM生産の場合は一般に製品化企業をメーカーとしている。
  • 本調査資料は、2012年版までの同名調査の更改版に位置づけられるが、一部品目に対象領域やデータ内容の見直しを加えており、過去の調査と連動性がない部分が含まれている。
  • シェア算出に際しては、小数点第2位以下の四捨五入による計算上、合計値が100%にならない場合も100%と表記している。

目次

I.総括・集計分析編

  • 1.ペット関連市場の現状と将来展望(1)
  • 2.有望市場のポジショニング分析(2)
  • 〔A.ペットフード市場 / B.ペットケア用品市場 / C.ペット生活用品市場〕
  • 3.ペット関連市場規模推移(2010年実績~2014年予測)
  • 1)総市場規模推移(5)
  • 2)カテゴリー別市場規模推移(6)
  • 〔A.ペットフード / B.ペットケア用品 / C.ペット生活用品〕
  • 4.メーカー売上高ランキング(2012年実績ベース)
  • 1)- [1] 総合売上高ランキング(10)
  • 1)- [2] ペットフード売上高ランキング(11)
  • 1)- [3] ペット用品売上高ランキング(12)
  • 2)カテゴリー別売上高ランキング(13)
  • 〔A.ペットフード / B.ペットケア用品 / C.ペット生活用品〕
  • 5.品目別メーカーシェア動向(2012年実績、2013年見込)(17)
  • 〔A.ペットフード / B.ペットケア用品 / C.ペット生活用品〕
  • 6.流通ルート・販売チャネル動向
  • 1)チャネル別市場規模推移(2011年実績~2013年見込)(33)
  • 2)市場別チャネル推移(2011年実績~2013年見込)(34)
  • 3)品目別流通ルート・販売チャネル分析(2012年実績)(35)
  • 〔A.ペットフード / B.ペットケア用品 / C.ペット生活用品〕
  • 7. 犬猫の生体流通動向(ペットショップ / ブリーダー)(38)
  • 8.ブリーダー専用フード市場動向(44)
  • 9.犬猫購入ルートとしてのペットショップ、ブリーダーの利用実態(48)
  • 10.トリミング・グルーミング市場を取り巻く環境(54)
  • 11.動物愛護管理法改正による業界へのインパクト(59)
  • 12.ペット関連市場主要参入企業の事業展開領域(61)
  • 13.ペット関連市場主要参入企業一覧(65)
  • 14.全国主要卸企業一覧(69)
  • 15.参考資料
  • A.ペットフード流通量調査(73)
  • B.犬猫飼育頭数及び飼育率推移(74)
  • C.犬種別犬籍登録頭数(75)
  • D.動物病院施設数(76)

II.個別品目編

  • A.ペットフード市場
  • A- 1 ドッグフード(77)
  • A- 2 キャットフード(86)
  • A- 3 プレミアムフード(93)
  • A- 4 スナック(103)
  • A- 5 観賞魚用フード(113)
  • A- 6 小鳥・観賞鳥用フード(121)
  • A- 7 小動物用フード(125)
  • A- 8 サプリメント(133)
  • A- 9 ミルク(140)
  • A-10 療法食(144)
  • B.ペットケア用品市場
  • B- 1 猫砂(151)
  • B- 2 トイレ/トイレ用シーツ(163)
  • B- 3 オムツ(170)
  • B- 4 ペット用トイレタリー(174)
  • B- 5 しつけ剤(182)
  • B- 6 消臭剤/脱臭剤(186)
  • B- 7 防虫剤/殺虫剤(190)
  • B- 8 シャンプー類(197)
  • B- 9 イヤークリーナー(205)
  • B-10 デンタルケア用品(209)
  • C.ペット生活用品市場
  • C- 1 首輪/胴輪/引紐(213)
  • C- 2 ベッド/マット/ヒーター(221)
  • C- 3 ケージ/サークル・ゲート(227)
  • C- 4 キャリー(233)
  • C- 5 ブラシ/クシ(237)
  • C- 6 食器/給水器(241)
  • C- 7 玩具(245)
  • C- 8 衣類(253)
  • C- 9 ハウス(257)
  • C-10 水槽/周辺器具(261)
  • D.注目ビジネス市場
  • D- 1 ペット保険(269)

III.ペットオーナー編

  • A.ペット飼育状況
  • 1 調査概要(275)
  • 2 調査結果(276)
  • 3 調査票(286)
  • B.犬猫飼育状況
  • 1 調査概要(298)
  • 2 調査結果の概要(299)
  • 3 調査結果(301)
  • 4 調査票(307)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(税込:31,500円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ