一般用医薬品データブック2013 No.2

一般用医薬品データブック2013 No.2

価格 150,000 円+税 出版社 富士経済
発刊日 2013年04月23日 体裁 A4版 332ページ

調査概要

調査目的

一般用医薬品の主要薬効領域について、各々のマーケットスケール、マーケットシェア等市場動向を明らかにすると共に、関連性の高い品目を一つにしてテーマ設定し、新たなカテゴリー分析を行い、改正薬事法施行や規制緩和の進展を踏まえ、リスク分類別市場や医薬部外品の動向も分析し一般用医薬品の今後の方向性を探ることを目的とした。

調査項目

《品目編(No.1・No.2)》
 1.定義
 2.市場沿革(過去10年間の主要製品の発売状況)
 3.市場規模推移
 4.種類別市場動向
 (1)カテゴリー別動向(医薬品・医薬部外品)
 (2)リスク分類別動向
 (3)スイッチOTC市場動向
 (4)剤形別市場動向
 5.市場占有状況
<医薬品>
 (1)全体市場占有状況(メーカー・ブランド)
 (2)リスク分類別市場占有状況
 (3)種類別市場占有状況
 (4)スイッチOTCブランドシェア
<医薬部外品>
 ・メーカー(ブランド)シェア
 6.製品開発動向
 (1)スイッチ化動向
 (2)製品開発動向
 (3)新製品リスト
 7.今後の方向性
 (1)今後の市場規模予測
 (2)今後の方向性
 8.主要製品リスト
 
※品目によって上記の調査項目の一部が該当しないケースがある。
 
《総合分析編(No.3)》
 A.総括編
  1. 2012年のOTC市場総合分析
  2. 品目別構成比ランキング
  3. 品目別対前年比ランキング
  4. 品目別伸長率ランキング
 B.カテゴリー別市場分析編
 <リスク分類別市場>
  1. 定義
  2. マーケット推移
  3. リスク分類別市場動向
  4. 薬効別実績一覧
 <スイッチOTC市場>
  1. 定義
  2. マーケットデータ
  3. 種類別市場動向
  4. 市場占有状況
  5. 今後の方向性
 <医薬部外品市場>
  1. 定義及び対象品目
  2. マーケットデータ
  3. 種類別市場動向
  4. 市場占有状況
  5. チャネル別市場動向
  6. 今後の方向性
 <剤形別市場>
  ・剤形別販売高(2012年)
 C.ヒット商品事例研究
  1. 商品概要
  2. 開発の経緯
  3. 販売動向
  4. 市場でのポジショニング
  5. プロモーション活動の展開状況
  6. 今後の方向性
 D.OTCメーカー事例分析編
  1. ブランド別販売動向
  2. リスク分類構成比
  3. 新製品投入状況
  4. プロモーション活動展開状況
  5. 周辺ヘルスケア事業展開状況
  6. 海外事業展開状況
  7. 営業体制
 E.薬効群別市場分析編
  1. 市場規模推移
  2. 医薬部外品市場規模推移
  3. 主要参入企業の販売動向
  4. リスク分類別動向
  5. スイッチOTC動向
 F.有効成分別市場分析編
  1. 成分の概要
  2. 成分市場規模推移
  3. ブランドシェア
  4. 医療用医薬品市場の概況
  5. 今後の方向性
 G.テーマ別分析編
  1. 定義及び対象品目
  2. 対象品目のポジショニング
  3. マーケット推移
  4. 品目別市場動向
  5. ポジショニング別動向
  6. 市場占有状況
  7. 今後の方向性
  8. 主要製品リスト
 H.ブランド漢方動向編
  1. 領域ごとの展開状況
  2. 領域別販売動向
  3. ブランド別販売動向
 I.新製品投入状況
 J.広告宣伝展開状況

調査方法

当該及び関連企業へのヒアリングを主体に薬事工業生産動態統計、有価証券報告書、その他公表データ類を勘案の上、整理、分析した。

※本書内容中の販売金額は全てメーカー出荷金額。(富士経済調べ)
※構成比・ウエイトに関しては小数点以下第2位の四捨五入によって、合計値が“100.0”とならない場合がある。
※表中で、実績が皆無の場合は“-”、実績が僅少の場合は“僅少”と表示している。
※本資料においては指定医薬品を外れたものについても引き続きスイッチOTCとして捉えているケースがある。

調査期間

2013年2月~2013年4月

調査担当

株式会社富士経済 東京マーケティング本部
第二統括部 第三部 

目次

はじめに

調査概要

Ⅹ.感冒関連用薬(1)

  • ・感冒関連用薬総括(3)
  • 34.総合感冒薬(6)
  • 35.葛根湯液(20)
  • 36.解熱鎮痛剤(25)
  • 37.鎮咳去痰剤(35)
  • 38.含嗽剤(48)
  • 39.殺菌塗布剤(56)

ⅩI.花粉症関連(63)

  • ・花粉症関連総括(65)
  • 40.鼻炎治療剤(67)
  • 41.抗ヒスタミン剤(83)

ⅩII.生活習慣病関連(89)

  • ・生活習慣病関連総括(91)
  • 42.肥満防止剤(93)
  • 43.血清高コレステロール改善薬(101)
  • 44.強心剤(108)
  • 45.尿糖・尿蛋白検査薬(115)

ⅩIII.生活改善薬(121)

・生活改善薬総括(123)

  • 46.禁煙補助剤(126)
  • 47.頻尿・尿もれ改善薬(132)
  • 48.催眠鎮静剤(140)
  • 49.眠気倦怠防止剤(147)
  • 50.育毛剤(153)

ⅩIV.胃腸・消化器官用薬(163)

  • ・胃腸・消化器官用薬総括(165)
  • 51.総合胃腸薬(169)
  • 52.健胃・消化薬(179)
  • 53.制酸薬(189)
  • 54.鎮痛鎮痙胃腸薬(198)
  • 55.胃腸内服液(205)
  • 56.整腸薬(215)
  • 57.止瀉薬(224)
  • 58.便秘薬(233)
  • 59.駆虫薬(244)
  • 60.痔疾用薬(249)

ⅩV.オーラルケア(257)

  • ・オーラルケア総括(259)
  • 61.歯槽膿漏治療剤(261)
  • 62.外用歯痛剤(268)
  • 63.口内炎治療剤(273)

ⅩVI.感覚器官用薬(283)

  • ・感覚器官用薬総括(285)
  • 64.目薬(287)
  • 65.耳疾患用剤(305)
  • 66.ビタミンA・D主薬製剤(310)

ⅩVII.漢方薬(317)

  • 67.漢方処方エキス製剤(319)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(税込:31,500円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ