ヒートポンプ温水・空調市場の現状と将来展望 2013

ヒートポンプ温水・空調市場の現状と将来展望 2013

― エリア × 方式 × 用途 × 能力による競合状況を整理
ヒートポンプ関連機器の市場動向を完全網羅した国内唯一のマーケティングレポート ―

価格 100,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2013年05月22日 体裁 A4版 196ページ

調査概要

調査目的

ヒートポンプ技術を活用した関連機器の現状および市場構造をワールドワイドに概観するとともに、各エリアにおける需要特性や競合する機器状況から、その将来動向を明らかにすることを目的とした。

調査対象

 <調査対象品目>
 【空調分野】
  ルームエアコン
  地中熱利用HP
  マルチ式エアコン
  ガスヒートポンプ
  チリングユニット
  ターボ冷凍機
  ※1吸収式冷凍機(冷温水発生器)
  カーエアコン
  電動自動車カーエアコン
 
 【温水分野】
  住宅向け燃焼式給湯器
  住宅向けHP式給湯器
  住宅向け燃焼式温水暖房機
  住宅向けHP式温水暖房機
  ※2非住宅向けHP式給湯器
  貫流ボイラ
 
※1一部、「吸収式冷凍機」として表記。
※2国内市場のみ

調査方法

  • 当該業界関連企業、団体へのヒアリング調査を基本とし、一部、文献調査を併用。

調査期間

2013年1月~2013年5月

調査担当

株式会社富士経済 東京マーケティング本部 第二統括部 第四部

目次

[総括編]

  • 1.ヒートポンプ 温水・空調市場の現状と将来展望(3)
  • 2.分野別(空調分野・温水分野)世界市場規模推移
  • 2-1.分野別世界市場推移(2011年~2020年)(5)
  • 2-2.空調分野の機器別世界市場推移(2011年~2020年)(6)
  • 2-3.温水分野の機器別世界市場推移(2011年~2020年)(6)
  • 3.市場規模/伸長率マッピング(2020/2012年比較)
  • 3-1.世界市場における伸長率マッピング(2020/2012年比較)(7)
  • 4.機器別市場規模ランキング
  • 4-1.2020年における世界市場規模ランキング(8)
  • 5.エリア別/機器容量マップおよび機器の競合状況
  • 5-1.日本市場(9)
  • 5-2.中国市場(13)
  • 5-3.その他アジア市場(15)
  • 5-4.欧州市場(18)
  • 5-5.北米市場(22)
  • 5-6.その他市場(25)
  • 6.エリア別/機器の平均容量・容量単価推移
  • 6-1.世界市場における機器の平均容量/容量単価推移(27)
  • 6-2.機器1台あたりの平均容量(28)
  • 6-3.容量当たりの価格(30)
  • 7.冷媒に関するエリア別の規制動向・方向性
  • 7-1.概要・定義(32)
  • 7-2.各国の冷媒規制の状況及び可燃性冷媒に関する取り組み(35)
  • 7-3.機器別の冷媒採用・代替検討状況(36)

[集計編]

  • 1.エリア別/市場規模推移(2011年~2020年)と伸長率マッピング
  • 1-1.機器別世界市場規模推移(39)
  • 1-2.エリア別世界市場規模推移(42)
  • 1-3.日本市場(44)
  • 1-4.中国市場(48)
  • 1-5.その他アジア市場(52)
  • 1-6.欧州市場(56)
  • 1-7.北米市場(60)
  • 1-8.その他市場(64)
  • 2.品目別/エリアシェア一覧(2013年見込)(68)
  • 3.エリア別/機器×導入施設シェア(2012年実績)
  • 3-1.日本市場(72)
  • 3-2.中国市場(73)
  • 3-3.アジア市場(74)
  • 3-4.欧州市場(75)
  • 3-5.北米市場(76)
  • 3-6.その他市場(77)
  • 4.メーカーシェア一覧
  • 4-1.世界市場:数量ベースメーカーシェア一覧(2013年見込)(78)
  • 4-2.国内市場:数量ベースメーカーシェア一覧(2013年見込)(80)
  • 5.製品別/生産拠点一覧(84)
  • 6.製品別/参入企業一覧(93)

[個別品目編]

  • ■空調分野
  • 1.ルームエアコン(101)
  • 2.地中熱利用HP(109)
  • 3.マルチ式エアコン(116)
  • 4.ガスヒートポンプ(124)
  • 5.チリングユニット(129)
  • 6.ターボ冷凍機(139)
  • 7.吸収式冷凍機(冷温水発生器)(148)
  • 8.カーエアコン(154)
  • 9.電動自動車カーエアコン(160)
  • ■温水分野
  • 10.住宅向け燃焼式給湯器(166)
  • 11.住宅向けHP式給湯器(172)
  • 12.住宅向け燃焼式温水暖房機(177)
  • 13.住宅向けHP式温水暖房機(182)
  • 14.非住宅向けHP式給湯器(187)
  • 15.貫流ボイラ(191)
【個票記載項目】
 1.製品概要
 2.市場概要・推移[2011~2016 年、2020 年]
  2-1.市場推移(容量ベース)
  2-2.市場推移(数量ベース)
  2-3.市場推移(金額ベース)
 3.エリア別の市場動向
  3-1.エリア別シェア(2013 年見込)
 4.メーカーシェア
  4-1.数量ベースメーカーシェア(国内市場・2013 年見込)
  4-2.数量ベースメーカーシェア(世界市場・2013 年見込)
 5.エリア・導入分野別シェア
  5-1.エリア・導入分野別シェア(2012 年実績)
 6.エリア・分野別の機器トレンドおよび導入先の特徴と競合状況
  6-1.エリア別の機器トレンド
  6-2.エリア別の導入先×機器の特徴・競合状況
 7.参入メーカーの動向
  7-1.主要参入メーカーの販売エリア注力度
  7-2.主要参入メーカーの事業動向
  7-3.主要参入メーカーの生産拠点

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(税込:31,500円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ