2013年 加飾フィルム関連市場の展望とメーカー戦略

2013年 加飾フィルム関連市場の展望とメーカー戦略

~ポストIn-Moldで飛躍する「3次元被覆」・「飛散防止」の最新動向とIMF/L・IMRの新潮流~

価格 97,000 円+税 出版社 富士経済
発刊日 2013年07月19日 体裁 A4版 176ページ

関連書籍
 ・2013 フィルム用高機能材料・製品の市場展望とフィルムメーカー戦略
 ・粘着剤&粘着テープ・フィルム市場の全貌 2013

調査概要

調査の目的

加飾フィルム市場を材料から製品・メーカー・用途先まで幅広く調査し、最新の全体像を提示する。

調査ポイント

  • 3次元被覆工法(OMD/TOM)、飛散防止フィルム、金属用加飾、等の最新動向
  • インサート、インモールドフィルムの現状と今後の方向性について詳述
  • 最新メーカー情報

調査対象品目

 1.市場編 (14品目)
 <加飾フィルム>
  1. IMR転写箔
  2. IMF/ Lフィルム(自動車用)
  3. IMF/ Lフィルム(電気電子・その他用)
  4. 水圧転写フィルム
  5. 3次元被覆工法(OMD/TOM)用フィルム
  6. 金属調フィルム
  7. 金属転写箔
  8. 飛散防止フィルム(加飾印刷・抜き加工品)
 
 <フィルム加工品>※
  9. 飛散防止フィルム用粘着フィルム
  10. ハードコートフィルム
  11. 自己治癒コートフィルム
 
 <原反フィルム、コーティング材>※
  12. PETフィルム
  13. PMMAフィルム
  14. ハードコーティング材

  ※加飾フィルム用を対象とする
 
 2.メーカー編 (11社)
  1. 日本写真印刷(株)
  2. 森田印刷廠(Sentien Printing Factory)
  3. Kurz
  4. 大日本印刷(株)
  5. (株)千代田グラビヤ
  6. (株)ウェーブロック・アドバンスト・テクノロジー
  7. 住友スリーエム(株)
  8. リケンテクノス(株)
  9. 创誉科技(Artdeco)
  10. 東山フィルム(株)
  11. 東レフィルム加工(株)

調査方法

  • 弊社専門調査員による対象企業および関連企業、関連団体などへの面接取材を基本とした情報収集を行った。
  • 販売数量や販売金額などの数値は有価証券報告書などの提出のある企業はそれに準拠し、その他の企業もしくは限定できないものについては弊社調査員による推定値とした。また特に断りのない限り、メーカー出荷数量、メーカー出荷金額として提示した。
  • 各カテゴリーの数値は年次ベース(1月~12月)とした。
  • 海外市場の数値は、下記の為替レートに基づいて算出した。

調査期間

2013 年5月~2013 年7月

調査担当

(株)富士経済 東京マーケティング本部 ケミカル&マテリアルグループ

目次

【A 総括・分析編 】(1)

  • 1.加飾フィルム市場の全体像(3)
  • 2.サプライチェーンの全体像(4)
  • 3.加飾フィルムの分類(5)
  • 1) 加飾フィルム方法の分類(5)
  • 2) 加飾フィルム別の特性(6)
  • 4.加飾フィルムの全体市場動向(7)
  • 1)種類別市場規模推移と予測(2011年実績~2017年予測(7)
  • 2)種類別市場分析(9)
  • 3)価格動向(11)
  • 5.加飾フィルムメーカーの動向(13)
  • 1)メーカー別販売数量(2012年実績) (13)
  • 2)各メーカーの事業戦略(14)
  • 6.自動車用途の市場動向(15)
  • 1)種類別市場規模推移と予測(2011年実績~2017年予測)(15)
  • 2)メーカー別フィルム種類別販売数量(17)
  • 3)市場の構造(18)
  • 7.電気電子製品用途の市場動向(19)
  • 1)種類別市場規模推移と予測(2011年実績~2017年予測)(19)
  • 2)メーカー別フィルム種類別販売数量(21)
  • 3)市場の構造(22)
  • 8.原材料の動向(23)
  • 1) 原反フィルムの市場規模推移と予測(2011年実績~2017年予測)(23)
  • 2) 種類別の原反素材採用動向(24)
  • 9.注目製品の最新動向(25)
  • 1) 筐体(モバイル端末用)素材の動向(25)
  • (1)対象品目(25)
  • (2)筐体用材料(25)
  • (3)筐体製造メーカー(25)
  • (4)材質別の採用動向(26)
  • (5)端末別の材質採用動向(28)
  • 2) 3次元被覆工法装置・メーカー動向(29)
  • (1)対象品目(29)
  • (2)装置メーカー(29)
  • (3)装置市場の動向(29)
  • (4)装置メーカーの動向(29)
  • (5)価格帯(29)
  • (6)今後の市場動向(30)

【B 市場編 】(31)

  • <加飾フィルム>
  • 1. IMR転写箔(33)
  • 2. IMF/ Lフィルム(自動車用)(44)
  • 3. IMF/ Lフィルム(電気電子・その他用)(56)
  • 4. 水圧転写フィルム(65)
  • 5. 3次元被覆工法(OMD/TOM)用フィルム(69)
  • 6. 金属調フィルム(76)
  • 7. 金属転写箔(82)
  • 8. 飛散防止フィルム(加飾印刷・抜き加工品)(84)
  • <フィルム加工品> ※加飾フィルム用
  • 9. 飛散防止フィルム用粘着フィルム※(91)
  • 10. ハードコートフィルム※(96)
  • 11. 自己修復コートフィルム※(103)
  • <原反フィルム、コーティング材> ※加飾フィルム用
  • 12. PETフィルム※(106)
  • 13. PMMAフィルム※(115)
  • 14. ハードコーティング材※(123)
<調査項目>
1. 製品概要
2. 製品構成
3. 主要参入企業及び製品概要
4. 製品別市場規模推移(2011 年実績~2017 年予測)
5. メーカー別販売数量及びシェア
6. 用途別需要量及び構成比率
7. フィルム基材別需要量及び構成比率
8. 世界の地域別生産・販売動向
9. 価格動向
10. 業界構造・サプライチェーンマップ
11. 最近の製品・市場環境

【C メーカー事例編】(129)

  • 1. 日本写真印刷(株)(131)
  • 2. 森田印刷廠(Sentien Printing Factory)(136)
  • 3. Kurz(141)
  • 4. 大日本印刷(株)(146)
  • 5. (株)千代田グラビヤ(150)
  • 6. (株)ウェーブロック・アドバンスト・テクノロジー(154)
  • 7. 住友スリーエム(株)(158)
  • 8. リケンテクノス(株)(162)
  • 9. 创誉科技(Artdeco)(165)
  • 10. 東山フィルム(株)(168)
  • 11. 東レフィルム加工(株)(173)
<調査項目>
1. 企業概要
2. 事業動向・取り扱い製品
3. 加飾フィルム事業売上高(世界・2012 年実績)
4. 用途別販売動向
5. 地域別販売動向
6. 加飾フィルム生産体制(能力、設備)
7. 加工対応・設備等
8. 材料調達、製品販売動向
9. テーマ別事業動向・方向性

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(税込:31,500円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ