電機メーカーR&D戦略 2013

電機メーカーR&D戦略 2013

価格 100,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2013年8月9日 体裁 A4版 232ページ

調査概要

調査テーマ

『電機メーカーR&D戦略 2013』
 ~R&D効率化、国際競争で打ち勝つためのエレクトロニクス関連企業の事例・分析~

調査目的

  • 日本企業は'90年代のバブル崩壊、そして近年はリーマンショック、ギリシャショック、円高、株安と被った痛手を徹底した業務の集中・効率化による切り詰めによって立ち直ってきた。この苦渋の時代に培われたノウハウがより強靭な企業体質を生み出したことで、安倍政権下で経済環境が好転する中、日本企業のR&Dパワーは外に、よりアグレッシブな形で噴出し始めている。
  • 本資料は、好転する経済環境化におけるR&D戦略を、業務効率の更なる改善を踏まえ、人的リソースの投資状況、事業再編の動き、ニュービジネスへの投資状況などの観点から企業事例をまとめる。

調査対象企業

日系電機メーカー15社、海外電機メーカー4社

調査項目

 A.総括編
  1.日本企業における研究開発を取り巻く環境
  2.研究開発組織構造
  3.日本におけるR&D指針)
  4.海外における政府系研究機関
  5.注目企業ケーススタディ
 B.品目別市場動向編(日系企業15社、海外企業4社)
  B-1 日系企業
  1.企業データ
  2.中期経営計画の内容、R&Dの方向性
  3.R&D体制
  4.事業領域の精査
  5.市況の変化への対応
  6.最近の研究開発成果
  7.オープンイノベーションの状況
  8.技術提携状況
  9.R&D部門の課題と対応策
  B-2 海外企業
  1.企業データ
  2.連結研究開発費の推移(2010年度~2012年度)
  3.R&D体制
  4.R&Dの特色
 C.上場企業ランキング
  1.売上高ランキング(2012年))
  2.研究開発費ランキング
  3.研究開発費伸び率ランキング)
  4.売上高に占める研究開発費比率ランキングと増減傾向
 (参考)海外電機メーカーの国別一覧

調査方法

弊社専門調査員による直接面接取材及び弊社データベースを併用した。

調査期間

2013年6月~7月

目次

A.総括編(1)

  • 1.日本企業の研究開発を取り巻く環境(3)
  • 1)市場環境と研究開発(3)
  • 2)主要国の研究開発費の比較(4)
  • 3)日系電機メーカーと韓国、中国系電機メーカーとの相違点(4)
  • 2.研究開発組織構造(5)
  • 1)組織構造の種類(5)
  • 2)組織構造の種類とメリット/デメリット(5)
  • 3.日本におけるR&D指針(6)
  • 1)日本の政府系研究開発機関(6)
  • 2)NEDO組織図(7)
  • 3)技術分野別の取り組み状況(8)
  • 4)海外機関との連携(17)
  • 4.海外における政府系研究機関(18)
  • 5.注目企業ケーススタディ調査の比較分析(27)
  • 1)中期経営計画-事業の矛先(27)
  • 2)組織形態とR&D体制(28)
  • 3)R&D活動の特色、注意事項(36)
  • 4)市況の変化への対応―組織改変、R&D海外移転の動きなど成長戦略(38)
  • 5)課題と対応策(40)

B.注目ケーススタディ(43)

  • B-1日系企業(45)
  • 1.株式会社日立製作所(47)
  • 2.ソニー株式会社(57)
  • 3.株式会社東芝(69)
  • 4.シャープ株式会社(79)
  • 5.ダイキン工業株式会社(85)
  • 6.コニカミノルタ株式会社(95)
  • 7.オリンパス株式会社(105)
  • 8.パイオニア株式会社(117)
  • 9.株式会社安川電機(125)
  • 10.ローム株式会社(133)
  • 11.大日本スクリーン製造株式会社(143)
  • 12.株式会社アドバンテスト(151)
  • 13.浜松ホトニクス株式会社(157)
  • 14.EIZO株式会社(165)
  • 15.古河電池株式会社(173)
  • B-2海外企業(181)
  • 1.General Electric Company(183)
  • 2.Koninklijke Philips N.V.(187)
  • 3.サムスン電子(193)
  • 4.華為技術有限公司(199)

C.上場企業ランキング編(203)

  • 1.売上高ランキング(205)
  • 2.研究開発費ランキング(220)
  • 3.研究開発費伸び率ランキング(223)
  • 4.売上高に占める研究開発費比率ランキングと増減傾向(227)
  • (参考)海外電機メーカーの国別一覧(231)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(税込:31,500円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ