アグリビジネスの現状と将来展望 2013

アグリビジネスの現状と将来展望 2013

価格 97,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2013年8月28日 体裁 A4版 281ページ

調査概要

調査テーマ

『アグリビジネスの現状と将来展望 2013』

調査目的

アグリ関連市場調査の第六弾となる本レポートでは、現在「第三次ブームの到来」といわれ注目を浴びている植物 工場の事業分析と今後の市場ターゲットとして有望視される海外の動向に焦点を当てながら、養液栽培関連プラン ト及び機器、部材、資材等の市場実態を精査するとともに、栽培ビジネスを行う企業の事業実態を明らかにすること で、今後のアグリビジネスの可能性を検証することを目的に実施した。

調査方法

弊社専門調査員による参入企業・周辺企業に対する直接面接取材を基本に、一部電話等によるヒアリン グを実施。公的データをその補完として活用した。

調査期間

2013年6月~8月

調査担当

株式会社富士経済大阪マーケティング本部第三事業部アグリビジネスプロジェクト

目次

 総括編

  • 1. アグリ関連市場の全体俯瞰(1)
  • 2. アグリ関連市場の動向(2)
  • 1)全体市場規模推移(2)
  • 2)個別品目市場規模推移(3)
  • (1)養液栽培関連プラント市場(3)
  • (2)養液・施設栽培関連装置・機器・資材市場(4)
  • (3)栽培関連IT・ネットワーク技術市場(5)
  • (4)環境負荷低減型アグリ資材市場(6)
  • 3. 植物工場の事業分析(7)
  • 1)植物工場のタイプ別にみた概要及び特徴(7)
  • 2)植物工場のタイプ別にみたプラント価格動向(8)
  • 3)完全人工光型植物工場サプライヤーの事業動向(9)
  • 4)完全人工光型植物工場におけるコスト分析(11)
  • (1)栽培事業者別にみたイニシャルコスト・ランニングコストの状況(11)
  • (2)プラントのイニシャルコストと栽培面積との相関(15)
  • (3)プラントのイニシャルコストと生産株数との相関(15)
  • (4)栽培面積と人工照明の使用本数との相関(16)
  • (5)完全人工光型植物工場のイニシャルコスト内訳について(16)
  • (6)完全人工光型植物工場/太陽光併用型植物工場のランニングコスト状況(17)
  • 5)植物工場産葉菜類(レタス等)の市場規模推移(18)
  • 6)植物工場栽培ビジネスの現状と今後の方向性(19)
  • (1)栽培品種の動向(19)
  • (2)付加価値作物栽培の課題(20)
  • (3)植物工場ビジネスの現状と今後の対策(20)
  • 4. 民間企業による栽培ビジネスの実態と今後の展開の方向性(21)
  • 1)栽培方式及び栽培目的の業種別傾向(21)
  • 2)調査対象事業者別にみた栽培作物の売上高推移(22)
  • 3)栽培ビジネス主要参入企業一覧(24)
  • (1)完全人工光型植物工場(24)
  • (2)太陽光併用型植物工場(29)
  • (3)太陽光利用型植物工場(30)
  • 4)植物工場栽培ビジネス参入の可能性の高い業種、業態(33)
  • 5)栽培ビジネスの課題(33)
  • 5. 海外における植物工場、施設栽培の動向(34)
  • 1)主要国における植物工場、施設栽培の現状と今後の市場性(34)
  • 2)主要国の農業データ及び施設栽培、植物工場の普及状況一覧(36)
  • 3)日系企業の海外展開状況マップ(65)
  • 4)日系企業の海外展開状況一覧(66)
  • 6. 植物工場の研究に注力している大学機関一覧(70)
  • 7. 政府の農業関連施策動向(72)
  • 8. アグリビジネスの現状と今後の方向性(81)
  • 9. 農業関連統計(83)

個別品目市場編

  • A. 養液栽培関連プラント
  • 1. 植物工場(完全人工光型)(89)
  • 2. 湛液型栽培プラント(99)
  • 3. NFT栽培プラント(104)
  • 4. 固形培地栽培プラント(109)
  • B. 養液・施設栽培関連装置・機器・資材
  • 1. 灌水/給液管理装置(115)
  • 2. 栽培用空調機器 (120)
  • 3. 植物育成用光源(125)
  • 4. 固形培地(136)
  • 5. ガラス/フィルムハウス(144)
  • 6. 養液栽培用液肥(151)
  • C. 栽培関連IT・ネットワーク技術
  • 1. 環境制御装置(157)
  • 2. 栽培管理システム(165)
  • D. 環境負荷低減型アグリ資材
  • 1. 天敵農薬(171)
  • 2. 微生物農薬(177)

 注目企業事例編

  • 1. 会津富士加工株式会社(183)
  • 2. 合同会社あぐりこるWEST(187)
  • 3. 株式会社アルミス(191)
  • 4. イオンアグリ創造株式会社(195)
  • 5. 株式会社大戸屋(198)
  • 6. カゴメ株式会社(202)
  • 7. 鹿島建設株式会社(206)
  • 8. 関西鉄工株式会社(209)
  • 9. 株式会社木田屋商店 小浜植物工場グリーンランド(213)
  • 10. 株式会社KiMiDoRi(川内高原農産物栽培工場)(218)
  • 11. 近畿日本鉄道株式会社(222)
  • 12. クボタサンベジファーム株式会社(226)
  • 13. 株式会社グランパ(229)
  • 14. 株式会社サイゼリヤ(234)
  • 15. JFEライフ株式会社(239)
  • 16. 株式会社スプレッド(243)
  • 17. 双日株式会社(247)
  • 18. 大和ハウス工業株式会社(251)
  • 19. 農業生産法人 株式会社旦千花(254)
  • 20. 東西しらかわ農業協同組合(259)
  • 21. 西松建設株式会社(263)
  • 22. 日亜物産株式会社(267)
  • 23. 日清紡ホールディングス株式会社(271)
  • 24. 日本アドバンストアグリ株式会社(274)
  • 25. らでぃっしゅぼーや株式会社(278)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(税込:31,500円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ