化粧品チャネル別マーケットトレンドデータ 2013-2014

化粧品チャネル別マーケットトレンドデータ 2013-2014

価格 100,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2013年11月8日 体裁 A4版 248ページ

調査概要

調査テーマ

『化粧品チャネル別マーケットトレンドデータ 2013-2014』

調査目的

化粧品の販売チャネルを主要業態毎に区分し、各業態の動向を分析するとともに、国内系化粧品グループ及び注目ブランドの販売・チャネル戦略をまとめ、チャネル動向と各企業・ブランドのチャネル施策の両面から化粧品市場の最新動向を明らかにする。

調査内容

 【I.総括編 】
  1.化粧品販売・美容サービス市場規模推移(小売ベース)
  2.業態別市場規模推移(化粧品販売・美容サービス全体)
  3.化粧品市場規模推移(メーカー出荷ベース)
  4.チャネル別市場規模推移(メーカー出荷ベース)
  5.化粧品カテゴリー別市場規模推移
  6.チャネル分析
  7.今後の方向性
 【II.チャネル動向】
  1.定義及びチャネル環境
   1)定義
   2)チャネル環境(小売ベース)
   3)沿革
  2.市場規模推移(メーカー出荷ベース)
  3.業態別市場規模推移(メーカー出荷ベース)
  4.メーカー/ブランドシェア(メーカー出荷ベース)
  5.カテゴリー別市場規模推移
  6.現状の問題点/課題
  7.今後の方向性
 【III.国内化粧品グループのチャネル戦略】
  1.ブランド配置
  2.チャネル別販売実績推移
   1)チャネル別販売実績推移
   2)重点強化チャネルの取組み
   3)チャネル別実績推移<10年間>
   4)チャネル別構成比推移<10年間>
 【IV.注目ブランドケーススタディ】
   1.ブランド配置
   2.販売実績推移
    1)全体
    2)カテゴリー別
    3)チャネル別
   3.今後の方向性

調査対象

 ≪主要業態≫
 ・化粧品店、薬局・薬店
 ・ドラッグストア
 ・量販店(GMS・SM)
 ・百貨店
 ・訪問販売
 ・通信販売
 ・通信販売直営店
 ・バラエティショップ
 ・CVS
 ・ライフスタイル提案型ブランド
 ・ホームセンター
 ・低価格ワンプライスショップ
 ・ディスカウントストア
 ・コスメセレクトショップ
 
 ≪化粧品グループ≫
 1.資生堂グループ
 2.花王グループ
 3.カネボウグループ
 4.コーセーグループ
 
 ≪掲載予定ブランド≫
 1.クレ・ド・ポー ボーテ
 2.SHISEIDO
 3.アクアレーベル
 4.イプサ
 5.アユーラ
 6.Za
 7.トワニー
 8.フレッシェル
 9.RMK
 10.コスメデコルテ
 11.ジルスチュアート
 12.エレガンス
 13.レ・メルヴェイユーズ ラデュレ
 14.SK-II
 15.ランコム
 16.イヴ・サンローラン
 17.キールズ
 18.メイベリン ニューヨーク
 19.エスティ ローダー
 20.クリニーク
 21.クリスチャン・ディオール
 22.ジバンシイ
 23.シャネル
 24.クラランス
 25.B.A
 26.オルビス
 27.ファンケル
 28.DHC
 29.ドクターシーラボ
 30.ラフィネ
 31.プロアクティブ
 32.アスタリフト
 33.マキアレイベル
 34.エファージュ
 35.ロクシタン
 36.ラッシュ
 37.無印良品
 38.サボン
 39.ニールズヤード レメディーズ
 40.肌研
 41.専科
 42.潤<うるり>
 43.素肌しずく
 44.レブロン
 45.K-パレット

調査方法

  • 弊社専門調査員による対象企業及び関連企業・団体などへの面接取材による情報収集を行った。
  • 本稿では各マーケットの売上高については小売ベース、販売金額及びメーカー・ブランドシェアについては出荷ベースとした。

調査期間

2013年9月~10月

目次

<はじめに>

<調査概要>

<I.総括編>(1)

  • 1.化粧品販売・美容サービス市場規模推移(3)
  • 2.業態別市場規模推移(4)
  • 3.化粧品市場規模推移(5)
  • 4.チャネル別市場規模推移(7)
  • 5.化粧品カテゴリー別市場規模推移(10)
  • 6.チャネル分析(15)
  • 7.今後の方向性(19)

<II.チャネル動向>(21)

  • 1.化粧品店、薬局・薬店(23)
  • 2.ドラッグストア(30)
  • 3.量販店(GMS・SM)(45)
  • 4.百貨店(55)
  • 5.訪問販売(65)
  • 6.通信販売(73)
  • 7.通信販売直営店(82)
  • 8.バラエティショップ(88)
  • 9.コンビニエンスストア(96)
  • 10.ライフスタイル提案型ブランド(104)
  • 11.ホームセンター(114)
  • 12.低価格ワンプライスショップ(120)
  • 13.ディスカウントストア(125)
  • 14.コスメセレクトショップ(134)

<III.国内化粧品グループのチャネル戦略>(143)

  • 1.資生堂グループ(145)
  • 2.花王グループ(150)
  • 3.カネボウグループ(152)
  • 4.コーセーグループ(154)

<IV.注目ブランドケーススタディ>(157)

  • 「クレ・ド・ポー ボーテ」(159)
  • 「SHISEIDO」(161)
  • 「アクアレーベル」(163)
  • 「イプサ」(165)
  • 「アユーラ」(167)
  • 「Za」(169)
  • 「トワニー」(171)
  • 「フレッシェル」(173)
  • 「RMK」(175)
  • 「コスメデコルテ」(177)
  • 「ジルスチュアート」(179)
  • 「エレガンス」(181)
  • 「レ・メルヴェイユーズ・ラデュレ」(183)
  • 「SK-II」(185)
  • 「ランコム」(187)
  • 「イヴ・サンローラン」(189)
  • 「キールズ」(191)
  • 「メイベリン ニューヨーク」(193)
  • 「エスティ ローダー」(195)
  • 「クリニーク」(197)
  • 「クリスチャン・ディオール」(199)
  • 「ジバンシイ」(201)
  • 「シャネル」(203)
  • 「クラランス」(205)
  • 「B.A」(207)
  • 「オルビス」(209)
  • 「ファンケル」(211)
  • 「DHC」(213)
  • 「ドクターシーラボ」(215)
  • 「ラフィネ」(217)
  • 「プロアクティブ」(219)
  • 「アスタリフト」(221)
  • 「マキアレイベル」(223)
  • 「エファージュ」(225)
  • 「ロクシタン」(227)
  • 「ラッシュ」(229)
  • 「無印良品」(231)
  • 「サボン」(233)
  • 「ニールズヤード レメディーズ」(235)
  • 「肌研」(237)
  • 「専科」(239)
  • 「潤<うるり>」(241)
  • 「素肌しずく」(243)
  • 「レブロン」(245)
  • 「K-パレット」(247)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(税込:31,500円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ