エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2014 次世代環境自動車分野編

エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2014 次世代環境自動車分野編

価格 97,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2014年1月28日 体裁 A4版 296ページ

調査概要

調査テーマ

『エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2014 次世代環境自動車分野編』
~燃費規制の強化により市場拡大が予測される次世代環境自動車の生産・販売動向及び
キーデバイスとなる車載用電池市場、メーカー戦略を徹底調査~

調査目的

  • 技術革新により高機能化が進む大型二次電池市場、次世代環境自動車市場の分析を実施した。
  • 次世代環境自動車分野を対象に、世界エリア別市場環境や自動車メーカー戦略を分析することで、 大容量蓄電デバイス市場の現状及び将来的な方向性を明確化することを目的とした。

調査対象

 【次世代環境自動車】
  * アイドリングストップ自動車/マイクロハイブリッド自動車(ISSV/マイクロHEV)
  * ハイブリッド自動車(HEV)
  * HEVトラック・バス
  * プラグインハイブリッド自動車(PHEV)
  * 電気自動車(EV)
  * EVトラック・バス
  * 燃料電池自動車(FCV)
  * マイクロ電気自動車(マイクロEV)

調査方法

  • 弊社専門調査員による業界関係者への直接面接取材
  • 公開データによる文献調査

調査期間

  • 2013年10月~2014年1月

調査担当

株式会社富士経済
東京マーケティング本部 第二統括部 第四部

備考

[付記事項]

■蓄電デバイスの市場規模算出について

  • 市場規模については、応用製品生産時の採用に加え、ISSV/マイクロHEV、マイクロEVでは車両販売後に発生する更新需要も含めて算出している。
  • 蓄電デバイス数量の単位において個と表記している場合は電池パックを対象としている。

■表内数値について

  • 本レポートにおける集計表内の構成比(%)は小数点第2位以下を四捨五入して合計しているため、合計値が100.0%にならない場合がある。同様に、数値についても小数点以下を四捨五入しているため、合計値が異なる場合がある。

■自動車販売台数について

  • 「メーカー別次世代環境自動車開発投入戦略編」における自動車メーカー販売台数は、メーカーにより出所が異なる。

■自動車及び企業の表記について

  • 本レポートで使用している略称は、以下の通りである。
 

[自動車]

略称 正式名称
ICV 内燃機関自動車
ISSV アイドリングストップ自動車
HEV ハイブリッド自動車
PHEV プラグインハイブリッド自動車
EV 電気自動車
FCV 燃料電池自動車

[蓄電デバイス]

略称 正式名称
Pb 鉛電池
NiMH ニッケル水素電池
LiB リチウムイオン電池
EDLC 電気二重層キャパシタ
LiC リチウムイオンキャパシタ

[企業名]

略称 正式名称 略称 正式名称
トヨタ トヨタ自動車 AESC オートモーティブエナジーサプライ
ホンダ 本田技研工業 PEVE プライムアースEVエナジー
ニッサン 日産自動車 SK SK Innovation
ミツビシ 三菱自動車工業 日立VE 日立ビークルエナジー
富士重 富士重工業 SKCE SK Continental E-motion
GM General Motors A123 A123 Systems
Ford Ford Motor LioES Lio Energy Systems
VW Volkswagen ValenceTech Valence Technology
PSA PSA Peugeot Citroën JCI Johnson Controls
Tesla Tesla Motors Altair Nanotech Altair Nanotechnologies
現代・起亜 現代自動車・起亜自動車 Maxwell Maxwell Technologies
BE ブルーエナジー 科力美 科力美汽車動力電池
LEJ リチウムエナジージャパン カルソニック カルソニックカンセイ
SDI Samsung SDI 日立AMS 日立オートモーティブシステムズ

目次

A.総括分析編

  • 1.次世代環境自動車・蓄電デバイス市場推移・予測 (3)
  • 2.エリア別次世代環境自動車・蓄電デバイス市場推移・予測(4)
  • 3.自動車市場全体に占める次世代環境自動車比率の推移・予測(6)
  • 4.エリア別自動車市場推移・予測 (7)
  • 1)生産台数推移・予測 (7)
  • 2)販売台数推移・予測 (8)
  • 5.次世代環境自動車用LiBにおけるセル形状別市場分析 (9)
  • 1)セル形状別市場予測 (9)
  • 2)ラミネートセル (10)
  • 3)円筒セル (11)
  • 4)18650セル (12)
  • 5)角型セル (13)
  • 6)エリア別車両生産・セル生産市場推移・予測(14)
  • 6.車種別電池サプライヤーセル生産拠点・供給先 (18)
  • 7.エリア別次世代環境自動車投入計画(19)
  • 1)日本エリア (19)
  • 2)欧州エリア (20)
  • 3)アメリカエリア (21)
  • 4)中国エリア (22)
  • 5)アジア・オセアニア他エリア (22)

B.集計編

  • I 自動車市場集計
  • 1.車種別生産台数推移・予測(2012年-2025年)(25)
  • 2.車種別販売台数推移・予測(2012年-2025年)(26)
  • 3.車種別市場トレンド(2013年)(27)
  • 4.車種別メーカーシェア一覧(2013年実績)(30)
  • 5.車種別蓄電デバイスメーカーシェア一覧(2013年実績)(32)
  • 6.車種別開発トレンド(2013年)(34)
  • II 蓄電デバイス市場集計
  • 1.市場規模推移・予測(35)
  • 1)金額ベース(35)
  • 2)容量ベース(42)
  • 3)数量ベース(49)
  • 2.製品別蓄電デバイス採用トレンド(2013年)(56)

C.次世代環境自動車用電池エリア分析編

  • 1.日本(59)
  • 2.欧州(71)
  • 3.アメリカ(北米・南米)(83)
  • 4.中国(93)
  • 5.アジア・オセアニア他(105)

D.メーカー別次世代環境自動車開発・投入戦略編

  • 1.トヨタ自動車(117)
  • 2.本田技研工業(123)
  • 3.日産自動車(128)
  • 4.三菱自動車工業(133)
  • 5.マツダ(137)
  • 6.富士重工業(141)
  • 7.Volkswagenグループ(144)
  • 8.General Motors(148)
  • 9.Ford Motor(152)
  • 10.Daimler(155)
  • 11.BMW(159)
  • 12.現代・起亜グループ(163)

E.次世代環境自動車・蓄電デバイス市場編

  • 1.アイドリングストップ自動車(ISSV)/マイクロHEV(169)
  • 2.ハイブリッド自動車(HEV)(185)
  • 3.HEVトラック・バス(213)
  • 4.プラグインハイブリッド自動車(PHEV)(227)
  • 5.電気自動車(EV)(244)
  • 6.EVトラック・バス(263)
  • 7.燃料電池自動車(FCV)(274)
  • 8.マイクロ電気自動車(マイクロEV)(286)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(税込:31,500円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ