2014 医療用医薬品データブック No.1

2014 医療用医薬品データブック No.1

価格 170,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2014年4月22日 体裁 A4版 256ページ

調査概要

調査テーマ

『2014 医療用医薬品データブック No.1』

調査目的

医療用医薬品における薬剤分類に応じた疾患概要、患者動向、治療薬剤、市場概況、開発状況、市場予測を調査・分析することで、既存薬、開発品、ジェネリック医薬品のマーケティング戦略立案のためのデータ提供を目的とした。

調査項目

 1.対象とする市場/薬剤の定義
 
 2.市場規模推移
  1)市場規模推移
  2)薬剤分類別市場規模推移
  3)上位製品販売推移
  4)企業別販売高
  5)ブランド・販売元シェア
 
 3.市場規模予測
  1)市場規模予測
  2)分類別市場規模予測
 
 4.患者数・医療従事者等に関する分析
  1)厚生労働省「患者調査」
  2)厚生労働省「社会医療診療行為別調査」
  3)その他の患者数調査
  4)富士経済による患者数推計
  5)検査の動向
 
 5.ガイドライン・エビデンス、市場を取り巻く環境
  1)ガイドラインの状況
  2)ガイドラインの概要
  3)エビデンスの状況
 
 6.主要製品リスト・開発品の状況
  1)主要製品リスト
  (1)主要製品年表
  (2)主要製品リスト(2014年4月薬価)
  2)開発品リスト
  (1)開発品リスト
  (2)注目開発品の状況

調査期間

2014年1月~4月

調査担当

株式会社 富士経済 東京マーケティング本部 第二統括部第三部 メディカルグループ

目次

はじめに

調査概要

対象領域の市場規模推移(1)

  • 市場規模推移(3)
  • 分類別市場規模(5)
  • 薬効領域別メーカーシェア(7)
  • メーカーブランドシェア(8)
  • 今後の市場予測(10)
  • 患者数(12)

1.循環器官用剤(13)

  • 1)高血圧症治療剤(28)
  • 2)心不全治療剤(56)
  • 3)不整脈治療剤(68)
  • 4)狭心症治療剤(79)
  • 5)抗凝固剤・ヘパリン製剤(91)
  • 6)抗血小板剤・末梢血管拡張剤(106)
  • 7)腰部脊椎管狭窄症治療剤(120)
  • 8)肺高血圧症治療剤(128)

2.脳疾患治療剤(137)

  • 1)脳卒中急性期治療剤(145)
  • 2)脳卒中慢性期治療剤(155)

3.消化器科治療剤(159)

  • 1)消化性潰瘍等治療剤(170)
  • 2)胃食道逆流症等治療剤(184)
  • 3)薬物性潰瘍治療剤(193)
  • 4)H.pylori関連剤(199)
  • 5)過敏性腸症候群治療剤(206)
  • 6)腸疾患治療剤・下剤等下部消化管治療剤(213)
  • 7)肝疾患治療剤(223)
  • 8)膵疾患治療剤(240)
  • 9)胆道疾患治療剤(250)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ