ユーティリティシステムにおけるストックビジネスの現状と将来展望

ユーティリティシステムにおけるストックビジネスの現状と将来展望

価格 150,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2014年7月1日 体裁 A4版 200ページ

調査概要

調査テーマ

『ユーティリティシステムにおけるストックビジネスの現状と将来展望』

調査目的

ユーティリティシステム(自家発電・受変電・熱源等)を対象としたストックビジネスの現状と将来展望を調査し、 アフターサービスの高付加価値化、複合化が進む本市場の方向性をシステム別に分析することを目的とした。

調査対象

 自家発電システム
  1. ディーゼルエンジン発電システム
  2. ガスエンジン発電システム
  3. ガスタービン発電システム
  4. 公共・産業用太陽光発電システム
 
 受変電関連システム
  1. 高圧受電設備(キュービクル)
  2. 特別高圧受電設備
  3. 産業用UPS
 
 熱源システム
  1. 貫流ボイラ
  2. ターボ冷凍機
  3. 吸収式冷凍機
  4. チリングユニット
  5. パッケージエアコン
  6. ガスヒートポンプ
  7. 冷却塔(クーリングタワー)
  8. 冷凍・冷蔵ショーケース
 
 その他ユーティリティシステム
  1. PSA窒素発生装置・PSA酸素発生装置
  2. LNG気化設備
  3. 昇降機
  4. 純水製造装置・超純水製造装置

調査方法

[1] 当社専門調査員による調査対象企業及び関連企業・団体へのヒアリングを基本とした。一部、文献調査も実施した。

[2] 将来予測などについては、ヒアリング結果を元に(株)富士経済が分析・推定した。

<注意事項>

[1] 小数点以下の四捨五入により合計が一致していない場合がある。
[2] 市場規模数値は出荷ベースにより算出した。
[3] 企業名は略称を用いる場合がある。

[4] 調査対象品目は略称を用いる場合がある。

調査期間

2014年4月~2014年6月

調査担当

株式会社 富士経済 東京マーケティング本部 第二統括部 第四部

目次

I.総括・集計編

  • 1.ユーティリティシステムのストックビジネス市場分析(3)
  • 1)ストックビジネス市場定義(3)
  • 2)ストックビジネス市場規模推移及び予測(2012~2016年度、2020年度)(3)
  • 2.メンテナンス市場分析(4)
  • 1)メンテナンス市場規模推移及び予測(2012~2016年度、2020年度)(4)
  • (1)金額市場(4)
  • (2)容量市場(7)
  • (3)台数市場(9)
  • 2)メンテナンス市場の構造(11)
  • 3)メンテナンスの契約形態とサービス費用の範囲(12)
  • 4)ユーティリティシステム別契約形態分析(13)
  • 3.遠隔監視・状態監視サービス市場分析(14)
  • 1)遠隔監視・状態監視サービス市場規模推移及び予測(2012~2016年度、2020年度)(14)
  • (1)金額市場(14)
  • (2)容量市場(15)
  • (3)台数市場(16)
  • 2)遠隔監視・状態監視サービス市場の構造(17)
  • 3)遠隔監視・状態監視サービスのシステム構成(18)
  • 4)遠隔監視・状態監視サービスの契約形態と費用構造(18)
  • 5)遠隔監視・状態監視サービス市場規模と採用率推移(2013年度→2020年度)(19)
  • 6)ユーティリティシステム別遠隔監視・状態監視サービス採用率推移(2013年度→2020年度)(20)
  • 7)遠隔監視・状態監視サービスの普及拡大・阻害要因分析(23)
  • 4.ストックビジネス高付加価値化の動向(24)
  • 1)ストックビジネス高付加価値化の推移(24)
  • 2)高付加価値サービスの定義(24)
  • 3)サービス採用設備の特徴(25)
  • 4)ビッグデータを活用した主な高付加価値サービス(25)
  • (1)予防保全(故障予知/予兆診断サービス)(25)
  • (2)最適運転制御(25)
  • (3)メンテナンス業務の合理化(25)
  • 5)ビッグデータ活用状況と今後の課題(25)
  • 6)ユーティリティシステム別高付加価値サービス採用動向(2014年度→2020年度)(26)
  • 5.ストックビジネスとフロー市場の相関分析(27)
  • 1)ストックビジネス市場/フロー市場規模推移及び予測(2012~2016年度、2020年度)(27)
  • 2)ストックビジネス市場/フロー市場相関関係推移及び予測(2013年度→2020年度)(28)
  • 3)ユーティリティシステム別市場構成比率の推移及び予測(2012~2016年度、2020年度)(29)
  • (1)自家発電システム(29)
  • (2)受変電関連システム(31)
  • (3)熱源システム(33)
  • (4)その他ユーティリティシステム(37)
  • 6.ユーティリティシステムのフロー市場規模推移及び予測(2012~2016年度、2020年度)(39)
  • 1)金額市場(39)
  • 2)容量市場(42)
  • 3)台数市場(44)
  • 7.ユーティリティシステムのストック市場規模推移及び予測(2012~2016年度、2020年度)(46)
  • 1)容量市場(46)
  • 2)台数市場(48)
  • 3)導入分野別ストック市場分析(容量市場)(50)
  • 8.ユーティリティシステムのフロー/ストック市場構成比の推移及び予測(2012~2016年度、2020年度)(51)
  • 1)自家発電システム(51)
  • 2)受変電関連システム(54)
  • 3)熱源システム(55)
  • 4)その他ユーティリティシステム(59)
  • 9.ユーティリティシステムのメンテナンス関連法規(62)
  • 1)メンテナンス・点検に係る法規事項(62)
  • 2)メンテナンス関連資格一覧(63)
  • 3)メンテナンス関連有資格者動向(64)
  • 10.電気保安法人一覧(65)

II.ユーティリティシステム別分析編

  • 1.自家発電システム
  • 1-1.ディーゼルエンジン発電システム(73)
  • 1-2.ガスエンジン発電システム(81)
  • 1-3.ガスタービン発電システム(87)
  • 1-4.公共・産業用太陽光発電システム(95)
  • 2.受変電関連システム
  • 2-1.高圧受電設備(キュービクル)(107)
  • 2-2.特別高圧受電設備(113)
  • 2-3.産業用UPS(118)
  • 3.熱源システム
  • 3-1.貫流ボイラ(123)
  • 3-2.ターボ冷凍機(129)
  • 3-3.吸収式冷凍機(136)
  • 3-4.チリングユニット(142)
  • 3-5.パッケージエアコン(148)
  • 3-6.ガスヒートポンプ(155)
  • 3-7.冷却塔(クーリングタワー)(161)
  • 3-8.冷凍・冷蔵ショーケース(167)
  • 4.その他ユーティリティシステム
  • 4-1.PSA酸素発生装置・PSA窒素発生装置(174)
  • 4-2.LNG気化設備(182)
  • 4-3.昇降機(188)
  • 4-4.純水製造装置・超純水製造装置(194)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ