2014 フレキシブルデバイス関連市場の将来展望

2014 フレキシブルデバイス関連市場の将来展望

価格 120,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2014年7月14日 体裁 A4版 271ページ

調査概要

調査テーマ

『2014 フレキシブルデバイス関連市場の将来展望』
~市場が拡大する兆しを見せるフレキシブル市場の全貌を分析~

調査の目的

◆フレキシブルデバイス、フレキシブルデバイス用部材の市場動向と要求特性、要求コスト、将来性を明らかにする。

調査ポイント

◆フレキシブルデバイスの需要動向と今後の方向性を分析

◆フレキシブルデバイスの要求特性を明確化

◆フレキシブルデバイス用部材の需要動向と今後の方向性、要求特性を明確化

調査対象品目

 A.デバイス市場編(10品目)
  1. モバイル端末用ディスプレイ
  2. ウェアラブル端末用ディスプレイ
  3. 車載ディスプレイ
  4. 大型ディスプレイ
  5. 有機EL照明
  6. 有機薄膜太陽電池
  7. 色素増感太陽電池
  8. フレキシブルリチウムイオン二次電池
  9. 触覚センサー
  10.調光フィルム
 B.部材市場編(21品目)
  1. 有機TFT
  2. フレキシブル酸化物TFT
  3. 透明導電性フィルム
  4. ハイバリアフィルム
  5. モスアイフィルム
  6. 光取り出しフィルム
  7. 細胞シート運搬用キャリア材
  8. フレキシブル基板(フィルム)
  9. フレキシブル基板(ガラス)
  10. カバーガラス
  11. カバーシート
  12. 金属ナノ粒子インク
  13. 絶縁性インク
  14. UVナノインプリント用材料
  15. CNT
  16. ターゲット材
  17. 高屈折率コーティング剤
  18. バリア膜
  19. 有機EL材料
  20. 封止材
  21. 導電性高分子
 C.装置市場編(4品目)
  1. インクジェット印刷装置
  2. スクリーン印刷装置
  3. グラビアオフセット印刷装置
  4. ナノインプリント装置

調査項目

 A.デバイス市場編
  1. 製品概要
  2. 主要参入企業一覧
  3. 市場規模推移と今後の市場予測(2013年実績~2020年予測)
  4. メーカー別販売数量及びシェア(2013年実績、2014年見込)
  5. 用途別需要量及び構成比率(2013年実績~2020年予測)
  6. 地域別生産・販売数量及び構成比(2013年実績)
  7. 価格動向
  8. 技術トレンド
  9. 競合動向
  10.サプライチェーン
 B.部材市場編
  1. 製品概要
  2. 主要参入企業及び製品グレード
  3. 市場規模推移と今後の市場予測(2013年実績~2020年予測)
  4. メーカー別販売数量及びシェア(2013年実績、2014年見込)
  5. 用途別需要量及び構成比率(2013年実績~2020年予測)
  6. 地域別生産・販売数量及び構成比(2013年実績)
  7. 価格動向
  8. 技術トレンド
  9. 競合動向
  10. サプライチェーン
 C. 装置市場編
  1. 製品概要
  2. 主要参入企業及び製品グレード
  3. 市場動向
  4. メーカー動向
  5. 用途別動向
  6. 地域別動向
  7. 価格動向
  8. 技術トレンド
  9. 競合動向
  10. サプライチェーン
 
 ※当資料中の構成比は端数処理の関係上、合計値が100.0%にならないことがあります。
 ※当資料は世界市場を調査対象としています。

 

調査期間

2014年5月~2014年7月

調査担当

(株)富士経済 東京マーケティング本部 第二統括部 第四部 ケミカル&マテリアルグループ

目次

総括編(1)

  • 1.フレキシブルデバイスのロードマップ(3)
  • 2.フレキシブルデバイスの概要(5)
  • 1) 定義(5)
  • 2) 目的(5)
  • 3.フレキシブルデバイスの市場概況(6)
  • 1) 全体市場動向(2013年実績~2020年予測)(6)
  • (1) フレキシブルデバイス全体(6)
  • (2) フレキシブルディスプレイ市場(8)
  • (3) フレキシブル電池市場(9)
  • 2) 部材市場概況(2013年実績~2020年予測)(10)
  • (1) 部材全体(10)
  • (2) 駆動用製品(12)
  • (3) フィルム製品(13)
  • (4) 基板(14)
  • (5) カバーパネル(15)
  • (6) その他材料(16)
  • 3) フレキシブルデバイスの基本構造(18)
  • (1) 有機ELディスプレイ(18)
  • (2) 電子ペーパー(18)
  • (3) 太陽電池(19)
  • 4.既存デバイス市場とフレキシブルデバイス市場の比較(20)
  • 1) モバイル端末用有機ELディスプレイ(2013年実績~2020年予測)(20)
  • 2) 車載ディスプレイ(2013年実績~2020年予測)(20)
  • 3) 大型有機ELディスプレイ(2013年実績~2020年予測)(21)
  • 4) 電子ペーパー(2013年実績~2020年予測)(21)
  • 5) 有機EL照明(2013年実績~2020年予測)(22)
  • 6) 有機薄膜太陽電池(2013年実績~2020年予測)(22)
  • 7) 色素増感太陽電池(2013年実績~2020年予測)(23)
  • 5.フレキシブルデバイスの製造フロー(24)
  • 1) 有機ELディスプレイ(24)
  • 2) 有機EL照明(25)
  • 3) 有機薄膜太陽電池(26)
  • 4) 色素増感太陽電池(26)
  • 6.フレキシブルディスプレイについて(27)
  • 1) 概要(27)
  • 2) フィルム基板とフィルム・ディスプレイ製造方法(27)
  • (1) フィルム基板について(27)
  • (2) フィルム・ディスプレイの製造方法(29)

[A]デバイス市場編(31)

  • 1.モバイル端末用ディスプレイ(33)
  • 2.ウェアラブル端末用ディスプレイ(41)
  • 3.車載ディスプレイ(48)
  • 4.大型ディスプレイ(53)
  • 5.有機EL照明(59)
  • 6.有機薄膜太陽電池(67)
  • 7.色素増感太陽電池(76)
  • 8.フレキシブルリチウムイオン二次電池(83)
  • 9.触覚センサー(89)
  • 10.調光フィルム(96)

[B]部材市場編(105)

  • 1.有機TFT(107)
  • 2.フレキシブル酸化物TFT(115)
  • 3.透明導電性フィルム(123)
  • 4.ハイバリアフィルム(130)
  • 5.モスアイフィルム(138)
  • 6.光取り出しフィルム(144)
  • 7.細胞シート運搬用キャリア材(150)
  • 8.フレキシブル基板(フィルム)(153)
  • 9.フレキシブル基板(ガラス)(163)
  • 10.カバーガラス(170)
  • 11.カバーシート(178)
  • 12.金属ナノ粒子インク(185)
  • 13.絶縁性インク(194)
  • 14.UVナノインプリント用材料(202)
  • 15.CNT(210)
  • 16.ターゲット材(215)
  • 17.高屈折率コーティング剤(221)
  • 18.バリア膜(226)
  • 19.有機EL材料(233)
  • 20.封止材(240)
  • 21.導電性高分子(247)

[C]装置市場編(255)

  • 1.インクジェット印刷装置(257)
  • 2.スクリーン印刷装置(261)
  • 3.グラビアオフセット印刷装置(264)
  • 4.ナノインプリント装置(268)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ