2014年版 水素燃料関連市場の将来展望

2014年版 水素燃料関連市場の将来展望

価格 132,000円(税抜 120,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2014年7月2日 体裁 A4版 173ページ

調査概要

調査テーマ

『2014年版 水素燃料関連市場の将来展望』

調査対象品目

 1.水素燃料
 2.水素ステーション
 3.水素製造装置(オンサイト)
 4.蓄圧器/輸送用容器
 5.水素コンプレッサ
 6.水素ディスペンサ
 7.プレクール装置
 8.水素バルブ
 9.水素センサ(ステーション用/車載用)
 10.車載用高圧容器
 11.家庭用燃料電池改質装置
 12.水素分離膜
 13.水素発電
 14.大規模水素輸送/貯蔵
 15.液体水素関連技術
 16.産業用水素関連市場

調査項目

《総括・集計編》
 1.水素燃料市場の概要
 2.水素ステーション普及見通し
 3.水素ステーションタイプ別コスト分析
 4.水素燃料・アプリケーション市場規模推移・予測
 5.水素ステーション関連主要機器市場規模推移・予測
 6.水素輸送システム・機器市場規模推移・予測
 7.調査対象品目市場規模推移・予測一覧
 8.タイプ別水素ステーションの主要機器出荷状況・予測
 9.水素ステーション整備一覧、実例
 10.燃料電池・水素関連予算動向
 11.水素燃料・水素ステーション関連規制見直し動向
 12.燃料電池・水素普及に取り組む自治体動向
 13.次世代水素製造技術動向
 14.海外水素インフラ整備と水素利用の方向性
 15.関連企業・団体の参入分野一覧

 

《個別製品市場編》…各品目共通項目(※調査品目によっては一部調査項目が異なる)
 1.製品・技術概要
 2.市場規模推移・予測
 3.市場展開の特徴
 4.タイプ別ウェイト
 5.主要製品価格見通し
 6.主要プレイヤー動向
 7.普及に向けた課題/方向性
 8.関連企業一覧

調査方法

弊社専門調査員による参入企業・周辺企業に対する直接面接取材を基本に、一部電話等によるヒアリングを実施。

調査担当

(株)富士経済 大阪マーケティング本部 第二事業部

調査期間

2014年4月~2014年6月

目次

総括・集計編

  • 1.水素燃料市場の概要(1)
  • 2.水素ステーション普及見通し
  • 1)水素ステーション新設件数推移・予測(数量)(3)
  • 2)水素ステーション新設市場規模推移・予測(金額)(3)
  • 3)タイプ別新設件数推移・予測(5)
  • 4)充填方式別新設件数推移・予測(5)
  • 5)水素ステーションストック(~2025年度)(6)
  • 3.水素ステーションタイプ別コスト分析
  • 1)水素ステーション建設コスト推移・予測(1件あたり)
  • [1] 主要機器コスト+エンジニアリングコスト(1件あたり)(7)
  • [2] 水素ステーション主要機器コスト(1件あたり)(8)
  • [3] 水素ステーションエンジニアリングコスト(1件あたり)(8)
  • 2)タイプ別水素ステーション建設コストウェイト分析
  • [1] 100m3未満/[2] 100m3/[3] 300m3/[4] 500m3/[5] 移動式(9)
  • 4.水素燃料・アプリケーション市場規模推移・予測
  • 1)国内水素需要(12)
  • 2)外販水素の市場見通し
  • [1] 外販水素の市場規模推移(12)
  • [2] 水素燃料アプリケーションと水素需要(14)
  • 3)水素サプライチェーンと水素供給能力
  • [1] 概要(15)
  • [2] 水素ステーションによる供給能力(15)
  • [3] 水素輸入(水素輸入船)(16)
  • [4] 国内水素プラント(16)
  • [5] 製油所など内製・副生水素(16)
  • 4)水素需要の長期見通し(2025年~2040年)(17)
  • 5)水素コスト分析
  • [1] 水素コスト分析(18)
  • [2] 輸入水素における水素価格(18)
  • 5.水素ステーション関連主要機器市場規模推移・予測
  • 1)水素ステーション関連機器市場規模(19)
  • 2)水素ステーション関連機器単価見通し(21)
  • 3)水素ステーションタイプ別コスト(主要機器)見通し(21)
  • 6.水素輸送システム・機器市場規模推移・予測
  • 1)輸送用機器関連市場規模(22)
  • 2)車載機器関連(23)
  • 7.調査対象品目市場規模推移・予測一覧
  • 1)水素燃料・アプリケーション(24)
  • 2)水素ステーション(24)
  • 3)水素ステーション関連機器(25)
  • 4)水素輸送用機器(26)
  • 5)車載機器関連(26)
  • 6)注目部品・技術(26)
  • 8.タイプ別水素ステーションの主要機器出荷状況・予測
  • 1)水素製造装置(オンサイト)(27)
  • 2)蓄圧器(高圧用)(28)
  • 3)蓄圧器(低圧用)(29)
  • 4)コンプレッサ(80MPa以上高圧蓄圧器用・直接充填用)(30)
  • 5)コンプレッサ(40MPa蓄圧器充填用)(31)
  • 6)水素ディスペンサ(32)
  • 7)プレクール装置(33)
  • 8)水素バルブ(34)
  • 9)水素センサ(35)
  • 10)水素ステーション主要機器一式(36)
  • 9.水素ステーション整備一覧、実例
  • 1)商用水素ステーション一覧(37)
  • 2)実証用水素ステーション一覧(40)
  • 10.燃料電池・水素関連予算動向
  • 1)関連予算一覧(42)
  • 2)補助金・関連事業概要
  • [1] 民生用燃料電池(エネファーム)導入支援補助金(44)
  • [2] 水素供給設備整備事業費補助金(44)
  • [3] 固体高分子形燃料電池実用化推進技術開発(45)
  • [4] 固体酸化物形燃料電池等実用化推進技術開発(46)
  • [5] 水素利用技術研究開発事業(46)
  • 11.水素燃料・水素ステーション関連規制見直し動向(47)
  • 12.燃料電池・水素普及に取り組む自治体動向
  • 1)埼玉県(52)
  • 2)神奈川県(52)
  • 3)愛知県(53)
  • 4)山口県(55)
  • 5)福岡県(56)
  • 6)三重県鈴鹿市(56)
  • 7)青森県弘前市(56)
  • 8)水素燃料普及に注力する主な自治体一覧(58)
  • 13.次世代水素製造技術動向(59)
  • [1] 太陽光を利用して水から水素を取り出す技術(60)
  • [2] 風力エネルギーを利用した水素製造(60)
  • [3] 高温太陽熱による水熱分解ソーラー水素製造システム(61)
  • [4] SOECによる水素製造・電力貯蔵(61)
  • [5] 低温熱化学水分解による水素生成技術(62)
  • [6] 木質チップによる水素生成技術(62)
  • [7] 下水汚泥を活用した水素製造実証(63)
  • [8] 褐炭からの水素製造(63)
  • [9] 原子力水素製造システム(64)
  • 14.海外水素インフラ整備と水素利用の方向性
  • 1)世界の水素ステーション整備概観(65)
  • 2)ドイツ(66)
  • 3)英国(66)
  • 4)スカンジナビア諸国(67)
  • 5)アメリカ(67)
  • 6)韓国(68)
  • 7)水素利用に関する実証プロジェクト一覧(69)
  • 15.関連企業・団体の参入分野一覧(70)

個別製品市場編

  • 1.水素燃料(75)
  • 2.水素ステーション(80)
  • 3.水素製造装置(オンサイト)(95)
  • 4.蓄圧器/輸送用容器(102)
  • 5.水素コンプレッサ(110)
  • 6.水素ディスペンサ(117)
  • 7.プレクール装置(123)
  • 8.水素バルブ(127)
  • 9.水素センサ(ステーション用/車載用)(134)
  • 10.車載用高圧容器(140)
  • 11.家庭用燃料電池改質装置(146)
  • 12.水素分離膜(149)
  • 13.水素発電(153)
  • 14.大規模水素輸送/貯蔵(159)
  • 15.液体水素関連技術(167)
  • 16.産業用水素関連市場(171)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ