2014年版 太陽電池関連技術・市場の現状と将来展望

2014年版 太陽電池関連技術・市場の現状と将来展望

価格 140,000 円+税 出版社 富士経済
発刊日 2014年9月16日 体裁 A4版 224ページ
備考 こちらの調査資料には書籍版+PDF版セット 価格:160,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

調査概要

調査テーマ

『2014年版 太陽電池関連技術・市場の現状と将来展望』

調査対象品目

 I.国内市場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   5品目
  太陽電池、パワーコンディショナ、O&M支援システム
  太陽光発電システム(産業用/住宅用)
 
 II.世界市場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   10品目
  太陽電池セル・モジュール〔結晶シリコン、薄膜シリコン、CI(G)S、CdTe等〕
  ポリシリコン
  単結晶/多結晶シリコンインゴット・ウエハ
  消耗品:スライス材料(スチールワイヤ、ダイヤモンドワイヤ)、耐熱炭素材料
  製造技術(ワイヤーソー等)
  バックシート
  封止材
  接続/接合技術(インターコネクタ、はんだ代替材料、導電バックシート)
  電極技術(銀ペースト/アルミペースト/銅ペースト・粉体)

調査方法

対象品目及び関連市場・技術等の関係企業・団体等へのヒアリングにより個別情報を収集し、参入各社・団体が公表する情報等を含む既存情報の確認・要約とともに、レポートを取り纏めた。

調査期間

2014年4月~9月

調査担当

株式会社 富士経済 大阪マーケティング本部 第三事業部 太陽電池プロジェクト

目次

≪総括編≫

  • 1.世界太陽電池市場の現状と将来展望(1)
  • 2.トップ10カ国の導入量推移予測(2)
  • 3.地域別導入量分析(3)
  • 4.アプリケーション分析(5)
  • 5.結晶シリコン太陽電池の製造コスト構成分析(7)
  • 6.部材/原料・製造装置・消耗品市場規模推移(9)
  • 7.国内太陽電池市場の現状と将来展望(12)
  • 8.国内太陽光発電システム市場及び主要構成機器市場の俯瞰(13)
  • 8-1.国内太陽光発電システム市場の俯瞰
  • 8-2.国内太陽光発電システム主要構成機器市場の俯瞰
  • 9.設備認定の動向(15)
  • 10.国内優遇政策一覧(17)
  • 11.国内の電力市場における太陽光発電の位置付け(22)

≪国内市場 太陽光発電システム関連技術・市場編≫

  • 1.太陽電池 (国内市場) / PV Module(Japanese Market) (25)
  • 1.主要企業の製品ラインナップ・新商品投入状況
  • 2.用途別販売量推移
  • 3.太陽電池種類別販売量推移
  • 4.参入企業数推移
  • 5.メーカー動向
  • 5-1.出荷ランキング(全体)
  • 5-2.メーカーシェア
  • 5-3.日本で販売されている太陽電池モジュールの製造元
  • 6.日本企業と海外企業/日系ブランドと海外ブランド別販売量分析
  • 7.太陽電池モジュールの平均販売価格推移
  • 8.販売流通マップ
  • 2.パワーコンディショナ / PV Inverter (38)
  • 1.製品/技術概要 
  • 2.主要企業の製品ラインナップ・新製品投入状況
  • 3.市場規模推移
  • 4.製品トレンド分析 & ヒット機能・新技術開発動向
  • 5.メーカー動向
  • 6.販売価格動向
  • 7.販売流通マップ
  • 8.世界市場の動向
  • 3.産業用太陽光発電システム(公共用含む) / PV System(Non-Residential) (56)
  • 1.産業用太陽光発電システムの構成
  • 2.太陽光発電所建設「計画・契約・着工・完工」プロセスと工期
  • 3.産業用太陽光発電システム市場規模推移
  • 4.セグメント別市場規模推移
  • 5.産業用太陽光発電システム主要ベンダーの販売実績
  • 6.ファイナンス形態別ウエイト
  • 7.リース契約の主要企業動向・用途特徴
  • 8.屋根貸し/屋根借りの事業スキーム・主要事業者動向・市場性分析
  • 9.ソーラーシェアリングの事業スキーム・主要事業者動向・市場性分析
  • 10.BOTの事業スキーム・主要事業者動向・市場性分析
  • 11.屋根/地上における設置工法技術開発事例
  • 12.設置価格推移及びコスト構成分析
  • 4.住宅用太陽光発電システム / PV System(Residential) (75)
  • 1.住宅用太陽光発電システムの構成
  • 2.住宅用太陽光発電システム市場規模推移
  • 3.新築/既築向け太陽光発電システムの構成比推移
  • 4.新築住宅における太陽光発電システムの搭載率
  • 5.住宅ストック数 及び 太陽光発電搭載率推移
  • 6.住宅用太陽光発電システム主要ベンダーの販売実績
  • 7.蓄電システムのセット販売比率
  • 8.オリジナル架台/架台レス/施工法開発事例
  • 9.設置価格推移及びコスト構成分析
  • 5.O&M支援システム(モニタリングシステム・住宅用モニタ) / O&M Monitoring Solution (84)
  • 1.O&M支援システム及び付帯サービス関連機器の概要
  • 2.モニタリングシステム市場規模推移
  • 3.住宅用モニタ市場規模推移
  • 4.ベンダー・メーカー動向
  • 5.販売価格動向

≪世界市場 太陽電池・部材・原料・製造関連技術・市場編≫

  • 6.太陽電池 (世界市場 )/ PV Cell and Module (Global Market) (91)
  • 1.特徴比較
  • 2.変換効率・製造コスト推移予測
  • 2-1.変換効率 (商用モジュール)
  • 2-2.製造コスト (商用モジュール)
  • 3.市場分析
  • 3-1.太陽電池モジュール市場予測
  • 3-2.本社所在地別販売量
  • 3-3.プレミアム太陽電池市場の将来展望 (n型単結晶Si太陽電池)
  • 3-4.太陽電池セル生産量予測
  • 3-5.フレキシブル太陽電池市場の将来展望
  • 4.メーカーシェア
  • 4-1.モジュール全体
  • 4-2.セル全体
  • 4-3.結晶系モジュール
  • 4-4.結晶系セル
  • 4-5.n型単結晶シリコン太陽電池(セル)
  • 4-6.薄膜シリコン太陽電池
  • 4-7.CI(G)S太陽電池
  • 4-8.CdTe太陽電池
  • 4-9.フレキシブル太陽電池
  • 5.販売価格動向
  • 6.セル・モジュールの生産量/生産能力リスト
  • 7.ポリシリコン / Polysilicon (140)
  • 1.ポリシリコンの主な製造方法と特徴比較
  • 2.製造法別生産量推移予測
  • 3.用途別生産量推移予測
  • 4.単位出力当たりのポリシリコン使用量推移予測
  • 5.太陽電池用ポリシリコンの需要量推移予測
  • 6.メーカー動向
  • 7.製造方法別生産量及び生産能力増強計画
  • 8.販売価格動向
  • 8.単結晶/多結晶シリコンインゴット・ウエハ / Ingot・Wafer (147)
  • 1.ウエハの種類と特徴
  • 2.インゴット・ウエハの製造プロセス
  • 3.インゴット及びウエハのサイズ・厚み・出力に関する動向
  • 4.市場規模推移
  • 5.メーカー動向
  • 6.販売用と内製の割合推移
  • 7.n型単結晶ウエハメーカーの動向
  • 8.地域別生産動向
  • 9.販売価格動向
  • 9.耐熱炭素材料(ルツボ・耐熱構造材・断熱材・ヒーター等) / Graphite and Carbon (158)
  • 1.耐熱炭素材料の種類
  • 2.製造装置/ルツボにおける炭素材料採用図解
  • 3.耐熱炭素材料の寿命と更新時期
  • 4.太陽電池向け炭素材料市場規模推移
  • 5.メーカー動向
  • 6.販売価格動向
  • 10.スライス材料(スチールワイヤ、ダイヤモンドワイヤ) / Sawing Wire(Steel Wire、Diamond Wire) (162)
  • 1.スライス方法別特徴比較
  • 2.スチールワイヤの特徴
  • 3.ダイヤモンドワイヤの種類及び特徴比較
  • 4.砥粒の技術特徴と関連企業
  • 5.単位出力当たりのスライス材料(消耗品)のコスト比較
  • 6.単位出力あたりのダイヤモンドワイヤ及びスチールワイヤの使用量
  • 7.遊離砥粒加工VS固定砥粒加工のウエハ生産量推移比較
  • 8.スチールワイヤの市場規模推移予測
  • 9.ダイヤモンドワイヤの市場規模推移予測
  • 10.スチールワイヤメーカーの動向
  • 11.ダイヤモンドワイヤメーカーの動向
  • 12.販売価格動向
  • 11.製造技術/Manufacturing Technology (171)
  • 1.太陽電池種類別製造工程と採用する製造装置・部材・消耗品の整理
  • 2.単位出力当たりの設備投資額
  • 3.設備投資規模推移予測
  • 4.主要メーカーのPV製造装置/売上高ランキング
  • 5.最新製造技術開発動向
  • 6.地域別主要企業一覧
  • 7.製造装置事例:「ワイヤーソー」に関する技術・市場動向
  • 12.バックシート / Backsheet (183)
  • 1.バックシートの種類とフィルム構成
  • 2.新規バックシート構造・材料の技術開発動向
  • 3.バックシートの種類及び供給先採用特徴(地域別採用特徴)
  • 4.バックシート採用VS非採用太陽電池生産量推移予測
  • 5.バックシート種類別市場規模推移予測
  • 6.バックシート構成材料市場規模推移予測
  • 7.バックシートの素材の変化
  • 8.バックシート種類別構成比
  • 9.バックシートメーカーの動向
  • 10.バックシート構成材料メーカーの動向
  • 11.バックシートの販売価格動向
  • 12.バックシート構成材料の販売価格動向
  • 13.封止材 / Encapsulant (199)
  • 1.封止材の種類と技術概要
  • 2.主なPID対策と封止材でのアプローチ方法
  • 3.スーパーストレート構造/サブストレート構造太陽電池における封止材の使われ方
  • 4.封止材市場規模推移予測
  • 5.封止材素材別太陽電池モジュール生産量推移
  • 6.封止材構成材料市場規模推移予測
  • 7.封止材メーカーの動向
  • 8.原料樹脂メーカーの動向
  • 9.封止材および原料樹脂の販売価格動向
  • 10.封止材分野における新技術開発
  • 14.接続/接合技術(インターコネクタ、はんだ代替材料、導電バックシート) / Interconnection Technology (209)
  • 1.セル接続技術の種類とインターコネクタ代替技術の開発状況
  • 2.接合(接着)技術の種類とはんだ代替技術の開発状況
  • 3.インターコネクタの市場規模推移予測
  • 4.インターコネクタ代替技術の採用率推移予測
  • 5.はんだ代替材料の採用率推移予測
  • 6.導電フィルム/導電ペーストの市場規模推移予測
  • 7.インターコネクタメーカーの動向
  • 8.導電フィルム・導電ペーストメーカーの動向
  • 9.導電バックシート、配線シートメーカーの動向
  • 10.インターコネクタの販売価格動向
  • 11.導電フィルムの販売価格動向
  • 15.電極技術(銀ペースト/アルミペースト/銅ペースト・粉体) / Metallization Technology (217)
  • 1.電極形成プロセスにおける材料と製造技術
  • 2.銀ペースト/アルミペーストの単位出力当たりの平均使用量
  • 3.銀ペースト代替技術の開発状況
  • 4.銅ペースト(非銀ペースト)の市場浸透予測
  • 5.銀ペースト・アルミペースト市場規模推移予測
  • 6.銀ペーストにおける表面用・裏面用市場構成比
  • 7.構成材料の需要予測(銀粉/アルミ粉/ガラス粉)
  • 8.電極ペーストメーカーの動向
  • 9.粉体メーカーの動向
  • 10.販売価格動向

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ