2014 セキュリティ関連市場の将来展望

2014 セキュリティ関連市場の将来展望

価格 120,000 円+税 出版社 富士経済
発刊日 2014年10月10日 体裁 A4版 279ページ
備考 こちらの調査資料には書籍版+PDF版セット 価格:140,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

調査概要

調査テーマ

『2014 セキュリティ関連市場の将来展望』

調査背景/調査ポイント

  • セキュリティ関連市場は、大きな転換期を迎えている。特筆すべき近年の動向としては、2020年の東京オリンピックの開催決定とスマートフォンやタブレットに代表される通信端末の急激な普及及び通信技術の発展が挙げられる。また、2011年の東日本大震災発生後は、国や自治体、各家庭における防災意識が高まったが、その後もゲリラ豪雨や豪雪などの異常気象による被害が相次いでおり、防災対策のニーズは益々高まりを見せている。
  • 特に東京オリンピックの開催決定については、インパクトが大きい。今後は開催に向けて、テロ対策、防犯対策の強化が図られる予定で、監視カメラシステムをはじめとするセキュリティ機器の採用増加や、高解像度カメラと画像処理技術の組み合わせなどによる高度なセキュリティシステムの普及が加速すると見られる。空港や港湾施設、交通関係施設においては、赤外線・暗視カメラや顔認証などバイオメトリクス技術、爆発物探知機など特殊な製品の市場が拡大することも予想されている。
  • 当該資料2014年版においては、近年の社会背景や技術の進展を背景に、[1] 東京オリンピック開催に伴う市場への影響、各社の動向を分析、[2] 情報セキュリティ分野の充実、[3] 防災関連市場の対象品目を拡大、[4] 次世代技術・用途展開に関する項目を充実-の4点を重点事項に設定する。対象各品目別の基本的なデータを継承しつつ、新たな品目や項目を加えることで、セキュリティ関連市場の全体像と市場の可能性を明らかにした。

調査方法

弊社調査員による参入企業・周辺企業に対する直接面接取材及び一部電話によるヒアリングを実施。

調査期間

2014年6月~2014年10月

調査担当

(株)富士経済 大阪マーケティング本部 第三事業部

目次

I.総括・集計編

  • 1.セキュリティ関連市場の俯瞰と将来見通し(1)
  • 2.セキュリティビジネスの実態と方向性(3)
  • 2-1.カテゴリ別市場規模推移予測(4)
  • 2-2.カテゴリ別市場の将来性(5)
  • 3.セキュリティ関連市場における最新注目動向
  • 1)2020年東京オリンピック開催が市場に与える影響(6)
  • 2)次世代の新技術、ネットワーク化、クラウド化への対応動向(7)
  • 3)防災関連市場の現状と将来展望(11)
  • 4)フードディフェンス関連需要の拡大(12)
  • 4.各カテゴリ市場の実態
  • 1)監視カメラシステム分野(13)
  • 2)アクセスコントロール分野(14)
  • 3)イベント監視/通報関連機器分野(15)
  • 4)自動車分野(16)
  • 5)家庭向け機器/サービス分野(17)
  • 6)災害・防災関連機器/サービス分野(18)
  • 7)情報セキュリティ分野(19)
  • 5.カテゴリ/セキュリティシーン別市場規模推移予測(20)
  • 6.シーン別に見たセキュリティビジネスの実態と方向性
  • 1)ビルセキュリティ(24)
  • 2)ストアセキュリティ(25)
  • 3)ホームセキュリティ(26)
  • 4)タウンセキュリティ(27)
  • 5)スクールセキュリティ(28)
  • 6)ホームランドセキュリティ(29)
  • 7)カーセキュリティ(30)
  • 8)パーソナルセキュリティ(31)
  • 7.シーン別に見た流通ルート動向
  • 1)ビルセキュリティ(32)
  • 2)ストアセキュリティ(33)
  • 3)ホームセキュリティ(34)
  • 4)タウンセキュリティ(35)
  • 5)スクールセキュリティ(35)
  • 6)カーセキュリティ(36)
  • 7)パーソナルセキュリティ(36)
  • 8.機器別に見た流通ルート動向
  • 8-1.製品セグメント別の有力販売チャネルの動向(37)
  • 8-2.関連サービス(44)
  • 9.企業ランキング(上位40社)(45)
  • 10.日系企業による海外進出動向
  • 1)エリア別海外進出動向(49)
  • 2)日系企業による品目別海外進出動向一覧(50)
  • 11.個別品目市場規模推移一覧(58)

II.個別品目・システム・ソリューション編

  • ■監視カメラシステム分野
  • 1.監視カメラ(69)
  • 2.画像録画装置(81)
  • 3.映像総合管理ソフトウェア(92)
  • 4.画像伝送装置(97)
  • 5.監視カメラ用レンズ(102)
  • ■アクセスコントロール分野
  • 6.入退室管理システム(107)
  • 7.共連れ検出装置(112)
  • 8.バイオメトリクス(指紋認証)(117)
  • 9.バイオメトリクス(静脈認証)(123)
  • 10.バイオメトリクス(顔認証)(130)
  • 11.鍵管理ボックス(136)
  • ■イベント監視/通報関連機器分野
  • 12.中央監視システム(141)
  • 13.侵入センサ(147)
  • 14.万引き防止装置(EAS装置)(152)
  • 15.校内緊急通報システム(157)
  • ■自動車分野
  • 16.カーセキュリティシステム(163)
  • ■家庭向け機器・サービス分野
  • 17.ホームセキュリティユニット(169)
  • 18.ホームセキュリティサービス(174)
  • 19.住宅情報盤(179)
  • 20.テレビドアホン(184)
  • 21.センサライトカメラ(189)
  • 22.防犯ロック(194)
  • 23.防犯ガラス(199)
  • 24.登下校見守りサービス(204)
  • 25.緊急通報サービス(208)
  • 26.高齢者在室安否確認サービス(212)
  • ■災害・防災関連機器/サービス分野
  • 27.火災用受信機(217)
  • 28.ガス漏れ警報器(223)
  • 29.火災用感知器(228)
  • 30.住宅用火災警報器(233)
  • 31.緊急地震速報対応端末(238)
  • 32.被災者安否確認サービス(243)
  • 33.防災行政無線システム(247)
  • 34.総合防災システム(252)
  • 35.危機管理情報データ配信サービス(257)
  • ■情報セキュリティ分野
  • 36.デバイス認証ツール(261)
  • 37.ウイルス対策ツール(266)
  • 38.モバイル認証製品(271)
  • 39.ネットワークセキュリティ管理運用サービス(276)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ