スマートコミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望 2014

スマートコミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望 2014

価格 120,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2014年10月10日 体裁 A4版 296ページ
備考 こちらの調査資料には書籍版+PDF版セット 価格:140,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

調査概要

調査テーマ

~スマートシティ関連市場調査シリーズ~
『スマートコミュニティ関連技術・市場の現状と将来展望 2014』

調査目的

スマートコミュニティを構成する関連システム/サービスの市場動向、スマートコミュニティとの関連性や技術動向に加え、国内外のプロジェクト動向や主要企業の取り組みなどを捉えることで、スマートコミュニティ市場の将来展望を提示した。

調査対象

 1)国別個票・対象国(計24ヵ国)
  ※日本
  ※韓国
  ※中国
  ※台湾
  ※インド
  ※シンガポール
  ※タイ
  ※ベトナム
  ※マレーシア
  ※インドネシア
  ※フィリピン
  ※アメリカ合衆国
  ※カナダ
  ※ドイツ
  ※フランス
  ※イギリス
  ※デンマーク
  ※オランダ
  ※イタリア
  ※スウェーデン
  ※スペイン
  ※ブラジル
  ※サウジアラビア
  ※UAE(アラブ首長国連邦))

 

 2)品目別個票・対象品目(5領域35品目)
  A.創エネ領域(9品目)
   1.太陽光発電
   2.小型風力発電
   3.風力発電
   4.バイオマス・廃棄物ガス化発電
   5.太陽熱発電
   6.地熱発電
   7.波力発電
   8.ガスエンジンコージェネ
   9.燃料電池
 
  B.蓄エネ領域(6品目)
   10.中・大容量蓄電池
   11.小容量蓄電池
   12.ガスヒートポンプ(GHP)
   13.EV/PHV
   14.燃料電池自動車
   15.水素ステーション
 
  C.系統・受配電関連領域(4品目)
   16.超電導電力ケーブル
   17.柱上変圧器
   18.自動電圧調整器(SVR)
   19.無効電力補償装置(SVC)
 
  D.エネルギーマネジメント領域(12品目)
   20.電力スマートメーター
   21.ガススマートメーター
   22.水道スマートメーター
   23.パワーコンディショナ
   24.EV/PHV充電器
   25.HEMS
   26.MEMS
   27.BEMS
   28.FEMS
   29.CEMS
   30.DE(Demand Response)
   31.V2G/V2H
 
  E.コミュニティICT領域(4品目)
   32.電力見える化省エネサービス
   33.ヘルスケアサービス
   34.見守りサービス
   35.ホームセキュリティサービス

調査方法

  • 各種業界関連企業・団体へのヒアリング調査を基本とした。一部、文献調査も実施した。
  • また将来予測などについては、ヒアリング結果を元に(株)富士経済が分析・推定した。

調査期間

2014年8月~2014年10月

調査担当

株式会社富士経済 東京マーケティング本部 第二統括部 第四部 社会インフラグループ

目次

I.総括・分析編

  • 1.ワールドワイド スマートコミュニティ関連市場の将来展望(3)
  • 1-1.ワールドワイド スマートコミュニティ関連市場の現状と将来予測(3)
  • 1-2.日本国内のスマートコミュニティ関連市場の現状と将来予測(4)
  • 2.注目キーデバイスとスマートコミュニティの連携ロードマップ(5)
  • 3.スマートコミュニティにおけるエネルギーインフラの動向(7)
  • 3-1.タイプ別地域別でみたスマートコミュニティの特徴(7)
  • 3-2.主要国・地域のスマートコミュニティ実証プロジェクトの取り組み(比較)(8)
  • 3-3.タイプ別国別スマートコミュニティ実証プロジェクトの取り組み状況(9)
  • 3-4.アジア/北米/欧州/その他(南米・中東等)におけるスマート化動向(10)
  • 4.スマートコミュニティ関連ビジネスの業界構造(16)
  • 4-1.スマートコミュニティ関連ビジネスの俯瞰図(16)
  • 4-2.主要企業の提携・M&A(17)
  • 5.スマートコミュニティ関連の標準規格(21)

II.集計編

  • 1.スマートコミュニティ関連市場の市場規模推移(2012年実績~2025年予測)(35)
  • 1-1.全体市場規模推移(2012年実績~2025年予測)(35)
  • 1-2.領域別市場規模推移(2012年実績~2025年予測)(36)
  • 2.ワールドワイド地域別エネルギーインフラ関連市場の動向(40)
  • 2-1.アジア主要国のエネルギー事情(40)
  • 2-2.アジアにおけるエネルギーインフラ関連市場の動向(2013年実績、2014年見込)(44)
  • 2-3.品目別アジア市場の動向(2013年実績、2014年見込)(44)
  • 2-4.北米主要国のエネルギー事情(46)
  • 2-5.北米におけるエネルギーインフラ関連市場の動向(2013年実績、2014年見込)(50)
  • 2-6.品目別北米市場の動向(2013年実績、2014年見込)(50)
  • 2-7.欧州主要国のエネルギー事情(52)
  • 2-8.欧州におけるエネルギーインフラ関連市場の動向(2013年実績、2014年見込)(56)
  • 2-9.品目別欧州市場の動向(2013年実績、2014年見込)(56)
  • 2-10.その他(南米・中東等)主要国のエネルギー事情(58)
  • 2-11.その他(南米・中東等)におけるエネルギーインフラ関連市場の動向(2013年実績、2014年見込)(60)
  • 2-12.品目別その他(南米・中東等)市場の動向(2013年実績、2014年見込)(60)
  • 3.参入企業一覧(62)

III.国別個票編

  • 1.日本(79)
  • 2.韓国(85)
  • 3.中国(87)
  • 4.台湾(90)
  • 5.インド(92)
  • 6.シンガポール(95)
  • 7.タイ(97)
  • 8.ベトナム(99)
  • 9.マレーシア(101)
  • 10.インドネシア(103)
  • 11.フィリピン(106)
  • 12.アメリカ合衆国(108)
  • 13.カナダ(112)
  • 14.ドイツ(114)
  • 15.フランス(117)
  • 16.イギリス(120)
  • 17.デンマーク(123)
  • 18.オランダ(125)
  • 19.イタリア(127)
  • 20.スウェーデン(129)
  • 21.スペイン(131)
  • 22.ブラジル(133)
  • 23.サウジアラビア(135)
  • 24.UAE(アラブ首長国連邦)(137)

IV.品目編

  • 1.太陽光発電(141)
  • 2.小型風力発電(145)
  • 3.風力発電(150)
  • 4.バイオマス・廃棄物ガス化発電(155)
  • 5.太陽熱発電(160)
  • 6.地熱発電(165)
  • 7.波力発電(169)
  • 8.ガスエンジンコージェネ(174)
  • 9.燃料電池(178)
  • 10.中・大容量蓄電池(182)
  • 11.小容量蓄電池(188)
  • 12.ガスヒートポンプ(GHP)(192)
  • 13.EV/PHV(196)
  • 14.燃料電池自動車(202)
  • 15.水素ステーション(207)
  • 16.超電導電力ケーブル(212)
  • 17.柱上変圧器(216)
  • 18.自動電圧調整器(SVR)(220)
  • 19.無効電力補償装置(SVC)(224)
  • 20.電力スマートメーター(228)
  • 21.ガススマートメーター(232)
  • 22.水道スマートメーター(236)
  • 23.パワーコンディショナ(241)
  • 24.EV/PHV充電器(245)
  • 25.HEMS(251)
  • 26.MEMS(257)
  • 27.BEMS(261)
  • 28.FEMS(266)
  • 29.CEMS(270)
  • 30.DR(Demand Response)(274)
  • 31.V2G/V2H(278)
  • 32.電力見える化省エネサービス(283)
  • 33.ヘルスケアサービス(287)
  • 34.見守りサービス(291)
  • 35.ホームセキュリティサービス(294)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ