美容家電・化粧雑貨マーケティングトレンドデータ 2014-2015

美容家電・化粧雑貨マーケティングトレンドデータ 2014-2015

価格 120,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2014年11月26日 体裁 A4版 225ページ
備考 こちらの調査資料には【PDF/データ版】130,000円+税、【書籍+PDF/データ版セット】140,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

調査概要

調査テーマ

『美容家電・化粧雑貨マーケティングトレンドデータ 2014-2015』

調査目的

美容家電・化粧雑貨・化粧品の3領域における美容マーケットを調査・分析することにより、今後の展望を探る。

調査項目

 I.総括編
  1.美容家電・化粧雑貨:市場定義
  2.美容品市場規模推移< 2012~2016年(予測)>
  3.美容家電市場規模推移< 2012~2016年(予測)>
  4.化粧雑貨市場規模推移< 2012~2016年(予測)>
  5.美容家電・化粧雑貨のマーケット分析
  6.特定部位別マーケット動向と相関状況
  7.スキンケアステップ導入型美容機器
  8.美容家電・化粧雑貨の新規コンセプト動向
  9.美容家電・化粧雑貨の方向性
 
 II.品目編
  1.定義
  2.マーケットスケール推移<2012~2016年(予測)>
  3.タイプ・対象部位・カテゴリー別マーケットスケール
  4.チャネル別マーケットスケール
  5.今後の方向性
  6.主要商品リスト
 
 III.消費者調査編
  1.現在使用している美容家電
  2.現在使用している美容家電の価格
  3.現在最も使用している美容家電の購入先
  4.現在最も使用している美容家電を購入したきっかけ
  5.現在最も使用している美容家電の使用期間
  6.現在最も使用している美容家電の使用頻度
  7.現在使用している美容家電に期待している効果
  8.フェイシャル施術を目的としたエステティックサロンの利用状況
  9.フェイシャル施術を目的としたエステティクサロンに定期的に通っている人の利用頻度
  10.フェイシャル施術を目的としたエステティクサロンに行かない理由
  11.夜のスキンケアの使用率
  12.夜のスキンケアで使用している洗顔料の価格
  13.夜のスキンケアで使用している化粧水の価格
  14.夜のスキンケアで使用している美容液の価格
  15.スキンケア製品において過去半年間で最も購入頻度が高いチャネル

調査対象品目

 <A.美容家電>
  1.スチーマー
  2.美顔器(超音波・温冷・EMS・イオン導入/導出・スポットケア/その他)
  3.電動洗顔ブラシ
  4.フェイスシェーバー
  5.電動まつ毛カーラー
  6.ヘアドライヤー
  7.ヘアアイロン
  8.カールドライヤー・ホットカーラー
  9.頭皮ケアマシン
  10.光脱毛・除毛・脱毛機器
  11.角質除去器
  12.ネイルケア
 
 <B.化粧雑貨>
  1.洗顔ブラシ・洗顔パフ・洗顔ネット
  2.あぶらとり紙
  3.化粧コットン
  4.ローラー美顔器
  5.アイラッシュカーラー
  6.アイラッシュ関連品
  7.二重まぶた用化粧用具
  8.カラーコンタクトレンズ
  9.化粧パフ・スポンジ
  10.メイクブラシ
  11.ネイル用品
  12.女性用替刃・ディスポーザブルカミソリ
  13.スカルプケアブラシ
  14.角質除去関連用品
  15.着圧くつ下

調査方法

  • 弊社専門調査員による対象企業及び関連企業・団体などへの面接取材による情報収集を行った。
  • 販売金額などは、有価証券報告書などの提出のある企業はそれに準拠し、その他の企業については弊社専門調査員による推定値。また特に断りのない限り、発売元出荷金額として提示した。
  • 各カテゴリーの数値は年次(1~12月)ベースとした。

調査期間

2014年8月~11月

調査担当

(株)富士経済 第一統括部 第二部

目次

はじめに

調査概要

I.総括編(1)

  • 1.美容家電・化粧雑貨の定義(3)
  • 2.美容品市場規模推移<2012~2016年(予測)> (6)
  • 3.美容家電市場規模推移<2012~2016年(予測)> (9)
  • 4.化粧雑貨市場規模推移<2012~2016年(予測)> (15)
  • 5.美用家電・化粧雑貨のマーケット分析 (21)
  • 6.特定部位別マーケット動向と相関状況 (28)
  • 7.スキンケアステップ導入型美容家電・化粧雑貨の動向 (34)
  • 8.美容家電・化粧雑貨の新規コンセプト動向 (37)
  • 9.美容家電・化粧雑貨の方向性 (39)

II.品目編(41)

  • <A.美容家電>
  • 1.スチーマー(43)
  • 2.美顔器(46)
  • 3.電動洗顔ブラシ(53)
  • 4.フェイスシェーバー(58)
  • 5.電動まつ毛カーラー(61)
  • 6.ヘアドライヤー(65)
  • 7.ヘアアイロン(70)
  • 8.カールドライヤー・ホットカーラー(76)
  • 9.頭皮ケアマシン(81)
  • 10.光脱毛・除毛・脱毛機器(84)
  • 11.角質除去器(90)
  • 12.ネイルケア(93)
  • <B.化粧雑貨>
  • 1.洗顔ブラシ・洗顔パフ・洗顔ネット(97)
  • 2.あぶらとり紙(101)
  • 3.化粧コットン(106)
  • 4.ローラー美顔器(110)
  • 5.アイラッシュカーラー(114)
  • 6.アイラッシュ関連品(119)
  • 7.二重まぶた用化粧用具(128)
  • 8.カラーコンタクトレンズ(134)
  • 9.化粧パフ・スポンジ(143)
  • 10.メイクブラシ(148)
  • 11.ネイル用品(161)
  • 12.女性用替刃・ディスポーザブルカミソリ(168)
  • 13.スカルプケアブラシ(172)
  • 14.角質除去関連用品(177)
  • 15.着圧くつ下(181)

III.消費者調査編(187)

  • A.調査設計(189)
  • B.総括 (193)
  • 1.現在使用している美容家電の個数(193)
  • 2.現在使用している美容家電に期待する効果(194)
  • 3.夜のスキンケア使用品目比較(198)
  • 4.夜のスキンケアで使用している主要品目の価格(199)
  • 5.エステの利用状況と夜のスキンケアで使用している主要品目の価格(200)
  • C.集計 (202)
  • (プレリサーチ)現在使用している美容家電(202)
  • 1.現在使用している美容家電の価格(203)
  • 2.現在最も使用している美容家電の購入先(207)
  • 3.現在最も使用している美容家電を購入したきっかけ(208)
  • 4.現在最も使用している美容家電の使用期間(209)
  • 5.現在最も使用している美容家電の使用頻度(210)
  • 6.現在使用している美容家電に期待している効果(211)
  • 7.フェイシャル施術を目的としたエステティックサロンの利用状況(212)
  • 8.フェイシャル施術を目的としたエステティックサロンの利用頻度(213)
  • 9.フェイシャル施術を目的としたエステティックサロンに行かない理由(214)
  • 10.夜のスキンケアの使用率(215)
  • 11.夜のスキンケアで使用している洗顔料の価格(216)
  • 12.夜のスキンケアで使用している化粧水の価格(217)
  • 13.夜のスキンケアで使用している美容液の価格(218)
  • 14.スキンケア製品において過去半年間で最も購入頻度が高いチャネル(219)
  • <アンケート調査票>(221)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ