スマートモビリティ/スマートカー関連市場の現状と将来展望 2014

スマートモビリティ/スマートカー関連市場の現状と将来展望 2014

価格 120,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2014年12月1日 体裁 A4版 165ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF/データ版 130,000円+税、書籍+PDF/データ版セット 140,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

調査概要

調査テーマ

~スマートシティ関連市場調査シリーズ~
『スマートモビリティ/スマートカー関連技術・市場の現状と将来展望 2014』

調査目的

スマートモビリティ/スマートカーを構成する要素として、自動車の自動運転化にフォーカスし、自動車メーカー各社の自動化に向けた取り組み状況、関連コンポーネントの市場状況を調査することにより、全自動運転車両・部分自動運転車両市場の将来展望を提示した。

調査対象

 1)自動車メーカー
  1.VOLVO
  2.Daimler(Mercedes-Benz)
  3.VolksWagen/Audi
  4.BMW
  5.GM
  6.Ford
  7.トヨタ自動車
  8.日産自動車
  9.本田技研工業
  10.富士重工業
  11.マツダ
  12.ダイハツ工業
  13.三菱自動車工業
  14.日野自動車
  15.Google

 2)コンポーネント
  1.車載カメラ
  2.ミリ波レーダー
  3.レーザーレーダー
  4.超音波センサ
  5.操舵角センサ
  6.IVIシステム
  7.HUD
  8.車車間通信・路車間通信システム
  9.バイ・ワイヤ技術

調査方法

・各種業界関連企業・団体へのヒアリング調査を基本とした。一部、文献調査も実施した。

・また将来予測などについては、ヒアリング結果を元に(株)富士経済が分析・推定した。

調査期間

2014年8月~2014年11月

調査担当

株式会社富士経済 東京マーケティング本部 第二統括部 第四部 社会インフラグループ

目次

I.総括・分析編

  • 1.自動車の自動化に至るロードマップ・構成要素の変化(3)
  • 2.自動車の自動化に向けた市場推移(5)
  • 3.主要な自動車メーカーの自動化に向けた取り組み(6)
  • 4.部分自動運転車両の動向(8)
  • 5.部分自動車両における関連コンポーネント(9)
  • 6.緊急自動ブレーキ(AEB)(10)
  • 7.車線維持システム(LKA)(17)
  • 8.車間距離維持システム(ACC)(20)
  • 9.パーキングアシストシステム(IPA)(23)
  • 10.自動車の安全技術・自動化に向けた取り組み(26)
  • 11.自動化に向けた関連法規の状況(28)

II.集計編

  • 1.自動車メーカー各社の自動運転化に向けた取り組み状況・ロードマップ(31)
  • 2.自動化関連コンポーネントの市場動向(2012年実績~2025年予測)(34)
  • 3.各コンポーネントの自動車への搭載率推移(2014年、2017年、2020年、2025年)(40)

III.自動車メーカー個票編

  • 1.VOLVO(47)
  • 2.Daimler(Mercedes-Benz)(57)
  • 3.VolksWagen/Audi(67)
  • 4.BMW(74)
  • 5.GM(80)
  • 6.Ford(85)
  • 7.トヨタ自動車(86)
  • 8.日産自動車(95)
  • 9.本田技研工業(107)
  • 10.富士重工業(114)
  • 11.マツダ(117)
  • 12.ダイハツ工業(119)
  • 13.三菱自動車工業(120)
  • 14.日野自動車(121)
  • 15.Google(124)

IV.コンポーネント個表編

  • 1.車載カメラ(131)
  • 2.ミリ波レーダー(135)
  • 3.レーザーレーダー(139)
  • 4.超音波センサ(143)
  • 5.操舵角センサ(147)
  • 6.IVIシステム(151)
  • 7.HUD(155)
  • 8.車車間通信・路車間通信システム(159)
  • 9.バイ・ワイヤ技術(162)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ