2015年版 バイオマス利活用技術・市場の現状と将来展望

2015年版 バイオマス利活用技術・市場の現状と将来展望

価格 120,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2015年1月22日 体裁 A4版 202ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 120,000円+税、書籍版+PDF版セット 140,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

調査概要

調査テーマ

『2015年版 バイオマス利活用技術・市場の現状と将来展望』
~FITを追い風に導入が進むバイオマスエネルギーや耐久消費財などでニーズが高まるバイオマス材料などバイオマスの利用技術と市場の現状を明らかにする~

調査目的

本調査では、常に課題とされるバイオマスの調達や最終的な残渣の処理を重視して、原料調達から変換技術、ユーザー動向に至るサプライチェーン動向を、技術サプライヤーあるいはユーザーへのヒアリングを通じて把握する。その上で、今後バイオマス利活用事業を展開していくにあたって重要な要件を提示し、国内におけるバイオマス関連産業の可能性とグローバル化する市場実態を検証、考察することにより、国内バイオマス利活用市場の再生への一助となる資料の作成を目的に実施した。

調査対象

摘要\対象バイオマス 対象技術 製品
農業系 籾殻
稲わら
麦わら
バガス
食品残渣等
・バイオマス直接燃焼
・バイオガス化(メタン発酵)
・バイオエタノール化
・バイオエタノール
・バイオマスプラスチック
・バイオガス
・バイオマス由来電力
林業系 林地残材
間伐材
製材残渣
建築廃材
・バイオマス直接燃焼
・バイオマスガス化(エネルギー化、化学原料化)
・バイオエタノール化
・ペレットボイラ
・バイオオイル化
・炭化・バイオマス固形燃料化
・バイオマス由来電力
・リグニン利用製品
・バイオ燃料
(バイオエタノール、ジェット燃料)
・バイオオイル
・炭素素材
・セルロースナノファイバー
・リグニン製品
畜産系 家畜糞尿
屠場残渣
獣脂
・バイオガス化(メタン発酵)
・バイオエタノール化
・バイオディーゼル化
・バイオガス
・バイオマス由来電力
・バイオディーゼル
水産系 藻類/
微細藻類
魚あら等
・藻類培養関連技術
(リアクター、光源、遠心分離機、精製装置等)
・バイオガス化(メタン発酵)
・藻類バイオ燃料(バイオディーゼル、
 バイオエタノール、ジェット燃料)
・藻類由来機能素材
・バイオガス
廃棄物系 生ごみ
廃油
有機性汚泥等
・バイオマス直接燃焼
・バイオガス化(メタン発酵)
・バイオディーゼル化
・バイオマスガス化(エネルギー化、化学原料化)
・バイオガス
・バイオマス由来電力
・バイオディーゼル
・バイオマスプラスチック
作物系 サトウキビ
コメ
トウモロコシ
パーム
ナタネ
ヤトロファ等
・バイオディーゼル化
・バイオエタノール化
・バイオディーゼル
・バイオエタノール
・バイオマスケミカル材料

調査方法

関係企業、研究機関、官公庁等への直接取材を原則とし、公的データをその補完として活用。

調査期間

2014年10月~2015年1月

調査担当

株式会社富士経済大阪マーケティング本部第三事業部バイオマスプロジェクト

目次

I.総括編

  • 1.バイオマス利活用市場の全体俯瞰(1)
  • 2.バイオマス利活用におけるトレンドの変遷と技術・製品の俯瞰(3)
  • 1)バイオマス利活用を取り巻く政策・市場の状況変化(3)
  • 2)バイオマス利活用技術・製品の俯瞰(4)
  • 3)バイオマス関連政策とバイオマス利活用技術・製品市場のトレンド(5)
  • 3.国内におけるバイオマス関連政策・予算(6)
  • 4.注目プロジェクト・新技術開発動向(12)
  • 5.海外におけるバイオマス利活用の現状(17)
  • 1)世界の再生可能エネルギーの電力容量推移(17)
  • 2)世界の再生可能エネルギーの電力出力量推移(18)
  • 3)世界のバイオエタノール/バイオディーゼルの生産量及び使用量(19)
  • 6.日系企業の海外展開状況(22)
  • 1)日系企業の海外展開動向俯瞰(22)
  • 2)技術・製品別日系企業の海外展開状況一覧(23)
  • 7.バイオマス利活用市場の課題(25)
  • 1)バイオマス利活用装置・プラント(25)
  • 2)バイオマス由来製品(26)
  • 8.バイオマス利活用技術・事業・市場の方向性(27)

II.集計編

  • 1.バイオマス利活用市場の動向(2011~2013年度実績、2014年度見込、2015、2018、2020年度予測)(29)
  • 1)バイオマス利活用装置・プラント(29)
  • 2)バイオマス由来製品(30)
  • 2.品目別市場規模推移(2011~2013年度実績、2014年度見込、2015、2018、2020年度予測)(31)
  • 1)バイオマス利活用装置・プラント(31)
  • 2)バイオマス由来製品(36)
  • 3.品目別メーカーシェア一覧(2013年度)(42)
  • 1)バイオマス利活用装置・プラント(42)
  • 2)バイオマス由来製品(45)
  • 4.品目別需要分野構成比一覧(2013年度)(48)
  • 1)バイオマス利活用装置・プラント(48)
  • 2)バイオマス由来製品(52)

III.バイオマス利活用装置・プラント市場編

  • 1.バイオマス直接燃焼ボイラ(55)
  • 2.バイオマスボイラ用蒸気タービン(66)
  • 3.バイオガス化(メタン発酵)(74)
  • 4.バイオガス発電機(87)
  • 5.バイオマスガス化・燃料化(Biomass to Liquid)(94)
  • 6.バイオエタノール化(101)
  • 7.バイオディーゼル化(107)
  • 8.藻類利用技術(113)
  • 9.ペレットボイラ(123)
  • 10.バイオオイル化(130)
  • 11.炭化・バイオマス固形燃料化(134)

IV.バイオマス由来製品市場編

  • 1.バイオマス由来電力(141)
  • 2.バイオガス(148)
  • 3.バイオエタノール(153)
  • 4.バイオディーゼル(160)
  • 5.藻類利用製品(食品等原料、バイオ燃料)(166)
  • 6.バイオマスプラスチック・バイオ化学品(173)
  • 7.木質ペレット(181)
  • 8.バイオマス固形燃料・炭化素材(188)
  • 9.木質由来材料(セルロースナノファイバー、リグニン製品)(193)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ