World Wide 火力発電関連ビジネス市場の現状と将来展望

World Wide 火力発電関連ビジネス市場の現状と将来展望

価格 180,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2015年7月14日 体裁 A4版 215ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF/データ版 190,000円+税、書籍版+PDF/データ版セット 210,000円+税、World Wide 火力発電リスト(CD-ROMのみのご提供) 100,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

調査概要

調査テーマ

『World Wide 火力発電関連ビジネス市場の現状と将来展望』

調査目的

本調査レポートでは、経済成長により需要増加が見込まれるアジア等世界市場から電力自由化のキー電源として注目される国内市場まで電力事業用/産業用の火力発電関連ビジネスにおける発電事業者、関連システムなどの全体像と今後の動向を明らかにすることを目的としています。

調査対象品目

 ■発電事業者編
  ・一般電気事業者
  ・卸電気事業者
  ・卸供給事業者(IPP)
  ・特定電気事業者
  ・特定規模電気事業者(新電力)

 ■エリア別市場動向編
  ・日本
  ・中華人民共和国
  ・インド共和国
  ・その他アジア(日本・中国・インド除く)
  ・アメリカ合衆国
  ・カナダ
  ・ロシア連邦
  ・欧州
  ・中南米
  ・中東
  ・アフリカ

 ■火力発電システム編
  中大型火力発電システム(50.1MW~)
  1. ボイラ
  2. 蒸気タービン・発電機
  3. ガスタービン・発電機
  4. 排熱回収発電システム(HRSG)
  5. 排煙脱硫装置
  6. 排煙脱硝装置
  7. 伸縮継手
  8. ポンプ
  小型火力発電システム(1~50MW)
  1. ディーゼルエンジン発電システム
  2. ガスエンジン発電システム
  3. ガスタービン発電システム
  4. 蒸気タービン発電システム

 

※中大型火力発電システムについては、中大型火力発電システム全体に加え、主要構成機器を詳細セグメントとして調査しました。小型火力発電システムは小型火力発電システム全体の概要に加え、原動機別の市場動向を詳細セグメントとして調査しました。

エリア区分

【世界市場】

  • 総括編、火力発電システム編にて世界市場をセグメントしている場合には下記に従っています。
主要対象国・地域及び範疇
日本 全土
欧州 西欧諸国(ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、ベネルクス、
スカンジナビア、ギリシャ、アイルランドなど)、トルコ、ポーランド、ロシア、
中東欧諸国(チェコ、オーストリア、スロバキア、スロベニア、クロアチア、セルビア、
ボスニアヘルツェゴビナ、ルーマニア、バルト3国、CIS諸国など)
北米 アメリカ、カナダ
中国 中国本土、香港・マカオを含む
インド 全土
中東 イラン、イラク、クウェート、UAE、サウジアラビア、カタール、ヨルダン、イスラエル、その他中東諸国
その他アジア 韓国、台湾、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピン、
その他東南アジア諸国(シンガポール、ミャンマー、カンボジア、ブルネイなど)、
中央アジア諸国(カザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタンなど)、
南アジア諸国(バングラデシュ、スリランカ、パキスタン、アフガニスタンなど)
中南米 ブラジル、メキシコ、その他中南米諸国(キューバ、コスタリカ、パナマ、アルゼンチン、チリ、ペルー、パラグアイ、ウルグアイ、コロンビアなど)
その他 オセアニア諸国(オーストラリア、ニュージーランドなど)、
ナイジェリア、アルジェリア、リビア、南アフリカ、スーダン、チュニジア、ケニア、
タンザニア、エジプト、その他アフリカ諸国

※エリア別市場動向編では北米をアメリカとカナダそれぞれ別セグメントとしました。欧州は、欧州(ロシアを除く)、ロシアそれぞれ別セグメントとしました。その他についてはアフリカのみを調査対象としています。

※火力発電システム編の中で一部欧州については、欧州(ロシアを除く)、ロシアそれぞれ別セグメントとした箇所があります。その場合には各所にその旨を明記しています。

 

【日本市場】

  • 総括編にて日本市場をセグメントしている場合には電力会社管区、または経済産業局管区を用いています。どちらを適用しているかは表中に明記しています。
日本エリア区分1 電力会社管区
北海道 北海道
東北 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、新潟県、福島県
東京 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県(一部)
中部 静岡県(一部)、長野県、愛知県、岐阜県、三重県
北陸 富山県、石川県、福井県
関西 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
中国 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
四国 徳島県、香川県、愛媛県、高知県
九州 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
沖縄 沖縄県
日本エリア区分2 経済産業局管区
北海道 北海道
東北 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、新潟県、福島県
関東 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県
中部 静岡県、長野県、愛知県、岐阜県、三重県
北陸 富山県、石川県、福井県(一部)、岐阜県(一部)
近畿 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県
中国 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
四国 徳島県、香川県、愛媛県、高知県
九州 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
沖縄 沖縄県

調査方法

  • 弊社専門調査員による業界関係者・団体への直接面接取材を基本とし、一部、文献調査を併用。
 

<注記>
1. 表内数値について

  • 本調査レポートにおける集計表内の構成比(%)は小数点第2位以下を四捨五入して合計しているため、合計値が100.0%にならない場合があります。同様に、数値についても小数点以下を四捨五入しているため、合計値が異なる場合があります。
  • 各カテゴリーの数値は年次ベースです。
 

2.略称について

  • 国名について、アメリカ合衆国→アメリカ、インド共和国→インド、中華人民共和国→中国、大韓民国→韓国、ロシア連邦→ロシアなど略称を用いている場合があります。
  • 企業名について、略称を用いている場合があります。
  • 対象製品や関連機器を下記の略称で表現している箇所があります。
 

【対象製品及び関連機器略称一覧】

略称 正式名称
ST 蒸気タービン
GT ガスタービン
DE ディーゼルエンジン
GE ガスエンジン
HRSG 排熱回収発電システム
略称 正式名称
SGT シングルサイクルガスタービン発電
GTCC ガスタービンコンバインドサイクル発電
IGCC 石炭ガス化コンバインドサイクル発電
GTFC ガスタービン燃料電池複合発電
IGFC 石炭ガス化燃料電池複合発電
CCS CO2分離・回収・貯留

3.調査対象年次について

小型火力発電システムについては、企業別シェア推定にあたり2012~2014年の実績の積算値を用いています。一方、中大型発電システムについては、2014年実績値の把握が困難であったため、2011~2013年実績の積算値を用いています。それにあわせて小型火力発電システムは2012年を始点に市場規模推移を記しているのに対して、中大型火力発電システムについて2011年を始点に記しています。

調査期間

2015年4月~2015年7月

調査担当

株式会社富士経済 東京マーケティング本部 第四部

目次

A.総括編

  • 1. 世界主要エリアにおける火力発電システムの位置付け(3)
  • 2. 世界における中大型火力発電システム市場の概況(7)
  • 3. 世界における小型火力発電システム市場の概要(11)
  • 4. 日本における火力発電システムの現状と老朽化状況(15)
  • 5. 日本における電源構成の状況と2030年に向けたベストミックス(17)
  • 6. 電力システム改革による火力発電システム市場への影響(19)
  • 7. 水素社会到来による火力発電システム市場への影響(23)
  • 8. 再生可能エネルギー増加による火力発電システムの新規用途(28)
  • 9. CO2分離・回収・貯留(CCS)動向(29)
  • 10. 高効率火力発電開発において求められる耐熱材料動向(33)
  • 11. 火力発電システムにおけるコスト分析(34)
  • 12. 火力発電システム主要メーカーの事業動向分析(39)

B.発電事業者編

  • 1. 日本において2014年以降に新規開設された/予定されている火力発電の一覧(47)
  • 2. 日本において火力発電を巡る入札の概要と入札結果/予定(59)

C.エリア別市場動向編

  • 1. 日本(65)
  • 2. 中華人民共和国(68)
  • 3. インド共和国(72)
  • 4. その他アジア(日本・中国・インド除く)(76)
  • 5. アメリカ合衆国(80)
  • 6. カナダ(84)
  • 7. ロシア連邦(87)
  • 8. 欧州(90)
  • 9. 中南米(97)
  • 10. 中東(100)
  • 11. アフリカ(102)

D.火力発電システム編

  • [中大型火力発電システム分野 50.1MW~]
  • I.中大型火力発電システム(109)
  • 1. ボイラ(130)
  • 2. 蒸気タービン・発電機(138)
  • 3. ガスタービン・発電機(146)
  • 4. 排熱回収発電システム(HRSG)(158)
  • 5. 排煙脱硫装置(162)
  • 6. 排煙脱硝装置(167)
  • 7. 伸縮継手(173)
  • 8. ポンプ(177)
  • [小型火力発電システム分野 1~50MW]
  • II.小型火力発電システム(181)
  • 1. ディーゼルエンジン発電システム(183)
  • 2. ガスエンジン発電システム(191)
  • 3. ガスタービン発電システム(200)
  • 4. 蒸気タービン発電システム(209)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ