2016 電池関連市場実態総調査 下巻

2016 電池関連市場実態総調査 下巻

価格 120,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2016年10月6日 体裁 A4版 369ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 120,000円+税、書籍版+PDF版セット 140,000円+税、ネットワークパッケージ版 240,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2016 電池関連市場実態総調査 下巻
 ・2016 ディスプレイ関連市場の現状と将来展望 (下巻)

調査概要

調査テーマ

『2016 電池関連市場実態総調査 下巻』

調査対象品目

【一次電池材料】 4品目
【二次電池材料】16品目
【電池メーカー事例】15社

調査期間

2016年7月~2016年9月

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部 第二部

目次

I.電池材料市場総括編(1)

  • 1.電池材料市場展望
  • 1)電池材料市場の現状と将来展望(3)
  • 2)全体市場動向(5)
  • 3)一次電池材料市場動向(6)
  • 4)二次電池材料市場動向
  • [1] 二次電池材料全体(7)
  • [2] アルカリ二次電池材料(9)
  • [3] リチウムイオン二次電池材料(10)
  • 2.電池市場と電池材料市場の連関動向
  • 1)一次電池
  • ○アルカリマンガン乾電池/材料市場動向(12)
  • 2)二次電池
  • [1] ニッケル水素電池/材料市場動向(13)
  • [1] -1. ニッケル水素電池(小型)/材料市場動向(13)
  • [1] -2. ニッケル水素電池(大型)/材料市場動向(14)
  • [2] リチウムイオン二次電池/材料市場動向(16)
  • [2] -1. リチウムイオン二次電池(シリンダ)/材料市場動向(16)
  • [2] -2. リチウムイオン二次電池(角)/材料市場動向(17)
  • [2] -3. リチウムイオン二次電池(ラミネート)/材料市場動向 (18)
  • [2] -4. リチウムイオン二次電池(車載専用)/材料市場動向 (19)
  • [2] -5. リチウムイオン二次電池(ESS用/UPS・バックアップ電源用)/材料市場動向(20)
  • [3] リチウムイオン二次電池材料の1セルあたり使用量動向と市場トレンド
  • [3] -1. 小型民生用LIBにおける材料使用量推定(21)
  • [3] -2. 車載用LIBにおける材料使用量推定(22)
  • [3] -3. 主要EV車種別 概算電池材料市場規模(24)
  • 3.リチウムイオン二次電池の材料開発動向
  • 1)リチウムイオン二次電池の高容量化に向けた最近のトレンド(25)
  •  ○高容量化の方法/高容量化のための試み⇔それによるマイナス影響 ○耐久性・安全性対策
  • 2)リチウムイオン二次電池の安全性確保(27)
  • [1] 材料面からのアプローチ(主要材料のみ) [2] 部品面からのアプローチ
  • 3)安全性を目的とした二次電池材料の開発動向 (28)
  • [1] 正極活物質 [2] セパレータ [3] 電解液 [4] 電極
  • 4)リチウムイオン二次電池の次世代材料開発トレンド(29)
  • [1] 正極活物質<現行><次世代> [2] 負極活物質<現行><次世代>
  • [3] セパレータ<現行><次世代> [4] 電解液<現行><次世代>
  • 4.次世代電池の市場展望
  • 1)次世代電池の特徴比較(32)
  • 2)次世代電池のロードマップ(33)
  • 5.材料価格動向
  • 1)主な金属系電池材料の価格動向と使用金属
  • [1] 一次電池材料(34)
  • [2] 二次電池材料(35)
  • 2)メタル相場(37)
  • 6.電池材料マテリアルフロー(材料製造フロー、リサイクルフロー)
  • 1)ニッケル水素電池正・負極活物質(38)
  • [1] 製造工程一例(38)
  • ○水酸化ニッケル→ニッケル水素電池正極(ペースト式)
  • ○水素吸蔵合金→ニッケル水素電池負極(ペースト式)
  • [2] リサイクルフロー一例(40)
  • 2)リチウムイオン二次電池正・負極活物質、電解液(41)
  • [1] 製造工程一例(41)
  • ○正極活物質 ○負極活物質(人造黒鉛系負極) ○電解液
  • [2] リサイクルフロー一例(45)
  • 3)リチウムイオン二次電池正極活物質バリューチェーンマップ(47)
  • 4)国内リチウムイオン二次電池リサイクル市場(49)
  • [1] 市場概要 [2] 国内リサイクル取扱量 [3] マーケットシェア [4] 参入各社の特徴
  • [5] リサイクルフロー・流通概要 [6] 課題と今後の方向性
  • 7.サプライチェーンマップ
  • 1)全体像(59)
  • 2)主要メーカーのサプライチェーンマップ
  • [1] パナソニック(61)
  • [2] ソニー(62)
  • [3] 日立マクセル(63)
  • [4] Samsung SDI(64)
  • [5] LG Chem(65)
  • [6] 新能源科技[ATL](66)
  • [7] 時代新能源科技[CATL](67)
  • [8] 深川比克電池[BAK](68)
  • [9] 比亜迪[BYD](69)
  • [10] 光宇国際集団[Coslight](70)
  • [11] 天津力神電池[Lishen](71)
  • 8.電池材料別主要参入企業一覧(72)
  • 9.中国主要電池材料メーカー一覧(77)

II.電池材料市場編(87)

  • [1]一次電池材料(89)
  • 1.電解二酸化マンガン(91)
  • 2.亜鉛粉(99)
  • 3.金属リチウム箔(104)
  • 4.アルカリマンガン乾電池用セパレータ(110)
  • [2]二次電池材料(115)
  • 1.アルカリ二次電池正極活物質(水酸化ニッケル、硝酸ニッケル)(117)
  • 2.水素吸蔵合金 (130)
  • 3.アルカリ二次電池セパレータ(136)
  • 4.アルカリ二次電池集電体(パンチングメタル、発泡ニッケル)(142)
  • 5.リチウムイオン二次電池正極活物質[中国LCO/NMC前駆体市場も掲載](155)
  • 6.リチウムイオン二次電池負極活物質(184)
  • 7.リチウムイオン二次電池電解液[LiPF6市場も掲載](198)
  • 8.リチウムイオン二次電池セパレータ(212)
  • 9.リチウムイオン二次電池正極バインダ(232)
  • 10.リチウムイオン二次電池負極バインダ(238)
  • 11.リチウムイオン二次電池正極集電体(246)
  • 12.リチウムイオン二次電池負極集電体(254)
  • 13.金属外装缶用ニッケルメッキ鋼板(264)
  • 14.リチウムイオン二次電池ケース用アルミ板(269)
  • 15.ラミネート外装材(アルミ箔・SUS箔) (275)
  • 16.導電助剤(287)
  • [3]次世代電池(293)
  • 1.全固体型リチウム二次電池(295)
  • 2.金属空気二次電池(304)
  • 3.ナトリウムイオン二次電池(307)
  • 4.マグネシウム二次電池(312)
  • 5.カリウムイオン二次電池(315)

III.海外電池メーカー事例編(317)

  • 1.新能源科技有限公司[ATL](319)
  • 2.時代新能源科技有限公司[CATL](322)
  • 3.深川比克電池有限公司[BAK](325)
  • 4.比亜迪股分有限公司[BYD](329)
  • 5.光宇国際集団公司[Coslight](333)
  • 6.天津力神電池股分有限公司[Lishen](337)
  • 7.国軒高科股分有限公司 [Guoxuan](340)
  • 8.深川市沃特瑪電池有限公司 [Optimum](343)
  • 9.万向A一二三系統有限公司 [Wanxiang A123 systems](345)
  • 10.中航鋰電(洛陽)有限公司 [Calb](348)
  • 11.Samsung SDI Co., Ltd(351)
  • 12.LG Chem Ltd.(356)
  • 13.Kokam Co., Ltd(361)
  • 14.SK Innovation Co., Ltd(364)
  • 15.Johnson Controls, Inc.(367)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ