非住宅分野における建材・設備市場の現状と将来展望 2016

非住宅分野における建材・設備市場の現状と将来展望 2016

価格 150,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2016年10月5日 体裁 A4版 248ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 150,000円+税、書籍版+PDF版セット 170,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2016 -動力・電力貯蔵・家電分野編-
 ・2016 エネルギーマネジメントシステム関連市場実態総調査

調査概要

調査テーマ

『非住宅分野における建材・設備市場の現状と将来展望 016』
~オフィスビル・宿泊施設など非住宅分野の「建築データベース」&「建材・設備市場分析」~

調査の背景

  • 現在、建設業界は大きなビジネスチャンスとして有望視されている。非住宅分野におけるオフィスビルや商業施設・店舗など多くの建築物ストックが改修の時期を迎えている。また新築に関しても、エネルギーの消費量を限りなくゼロに近づけるZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)が注目を集めている。さらに2020年に開催が予定される東京オリンピックに関連して、オリンピック施設周辺のインフラ整備や周辺施設の充実が図られている。この状況下で、ハード面及びソフト面で建築物に関連する設備メーカーや建材メーカーなどの商品供給者における取り組みが注目されている。
  • 富士経済では、建築関連分野における定期資料の「住設建材マーケティング便覧」など多数刊行している。今回は非住宅分野に特化した定期資料として、調査・分析を行った。

調査のポイント

  • 本調査資料は、「総括編」「市場分析編」「建築データベース編」の3部構成となっている。
  • 市場分析編では、対象30品目の市場規模推移・シェア構造・用途構成・流通構造を明らかにした。
  • 建築データベース編では、オフィスビルや商業施設等の施設形態別に、新築着工件数(フロー)と既築件数
    (ストック)の基礎データを掲載するとともに、2020年までの予測を行った。

調査期間

2016年7月~2016年9月

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部 第三部

目次

I.総括編(1)

  • 1.非住宅市場の建材・設備の最新動向
  • 1)非住宅分野における建材・設備市場の概況(3)
  • 2)非住宅分野における建材・設備市場の全体市場規模推移と予測(4)
  • 3)分野別市場規模及び2020年までの伸長率予測(5)
  • 4)品目別全体市場規模推移と予測(6)
  • 2.分野別用途分析(2015年)(13)
  • 3.分野別新築・リニューアル市場分析(18)
  • 4.関連法制度と補助金制度(20)
  • 5.参入メーカーの特徴
  • 1)分野別の参入特性(25)
  • 2)非住宅分野への参入・強化策の実態(28)
  • 3)メーカーのアライアンス動向(30)
  • 6.非住宅市場の流通特性
  • 1)採用決定の仕組み(32)
  • 2)流通ルートの特性(34)
  • 7.製品・技術の開発動向
  • 1)製品開発動向(37)
  • 2)省施工化に対する取り組み(40)
  • 8.施設別動向(41)
  • 9.非住宅市場の建材・設備の課題と方向性(47)

II.市場分析編(49)

  • 【建材分野】(51)
  • <内装分野>
  • 1.壁紙(55)
  • 2.木質フローリング材(60)
  • 3.ビニル床シート/カーペットタイル(66)
  • 4.フリーアクセスフロア(73)
  • 5.パーティション(79)
  • 6.天井材(84)
  • <断熱分野>
  • 7.硬質ポリウレタンフォーム(93)
  • 8.押出法ポリスチレンフォーム(98)
  • 9.複層ガラス(103)
  • <建具分野>
  • 10.スチールドア(111)
  • 11.自動ドア(116)
  • 12.ビル用サッシ(121)
  • 13.シャッター(126)
  • <外装・エクステリア分野>
  • 14.PCカーテンウォール(135)
  • 15.メタルカーテンウォール(140)
  • 16.窯業系サイディング材(145)
  • 17.ALC(150)
  • 18.金属フェンス(155)
  • 19.外装用塗料(160)
  • 【設備分野】(165)
  • <水廻り設備分野>
  • 20.便器(169)
  • 21.洗面化粧台/洗面ボウル(175)
  • 22.水栓金具(180)
  • 23.浴室ユニット(185)
  • 24.キッチン(190)
  • <給湯・空調分野>
  • 25.業務用電気給湯設備(197)
  • 26.業務用ガス給湯器(203)
  • 27.空調設備(208)
  • 28.空調機(214)
  • <電気設備分野>
  • 29.LED照明器具(223)
  • 30.業務用冷蔵庫(229)

III.建築データベース編(235)

  • 1.新築着工件数推移(フロー)(237)
  • 2.既築件数推移(ストック)(241)
  • 3.主要建築事業者における非住宅関連事業の概況(242)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ