細胞創薬・ドラッグディスカバリー関連市場の最新動向と将来展望 2017

細胞創薬・ドラッグディスカバリー関連市場の最新動向と将来展望 2017

価格 140000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2017年6月9日 体裁 A4版 268ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 140,000円+税、書籍版+PDF版セット 160,000円+税、ネットワークパッケージ版 280,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・一般用医薬品データブック 2017 No.1
 ・2017 医薬品マーケティング戦略 No.1

調査概要

調査テーマ

『細胞創薬・ドラッグディスカバリー関連市場の最新動向と将来展望 2017』

調査対象品目

 A.細胞/培養工程市場
 iPS細胞、スピナーフラスコ、振盪培養機、恒温器/低温恒温器、ファーメンター、培養バッグ、代謝測定装置、
 粉末培地、培地添加用栄養因子、細胞分離用酵素
 
 B.分離・精製/設備・施設市場
 大型遠心分離機、医薬プロセス膜、バイオプロセス用クロマトグラフ、プロテインAアフィニティ担体、
 貯蔵バッグ、エアシャワー/パスボックス、滅菌システム、エアフィルター、パーティクルカウンター、
 バイオ医薬プラント
 
 C.規格試験/分析装置市場
 液体クロマトグラフ/液体クロマトグラフ質量分析装置、ODSカラム、安定性試験器、核磁気共鳴装置
 
 D.管理/支援システム市場
 統合管理システム、製造管理システム、品質管理システム、創薬支援システム
 
 E.解析/創薬関連装置市場
 DNAチップ/解析装置、自動核酸抽出装置、リアルタイム/デジタルPCR装置、
 ハイスループットスクリーニング装置、次世代シーケンサー、蛍光顕微鏡
 
 F.ドラッグデリバリーシステム関連素材市場
 リポソーム、高分子ミセル、トランスフェリン、ポリエチレングリコール、シクロデキストリン、PLGA

調査項目

 1.市場定義
 2.市場規模推移
 3.メーカーシェア推移
 4.価格・販売動向
 5.販売チャネル/ユーザー動向/用途構成比
 6.製品技術トレンド/新製品・新規参入企業動向
 7.海外市場動向
 8.市場の将来性予測
 
 注:品目により調査項目が異なる場合があります。

調査方法

参入企業、業界関連企業・団体、大学等へのインタビュー形式によるヒアリング調査を主体とした

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部

調査期間

2017年3月~5月

目次

総括・集計編(1)

  • I.創薬関連市場の現状と将来性(3)
  • 1.細胞創薬・ドラッグディスカバリー関連市場概況(5)
  • 2.品目別市場規模推移・予測
  • [ 細胞創薬・ドラックディスカバリー関連市場 ](7)
  • [ A. 細胞/培養工程市場 ] (8)
  • [ B. 分離・精製/設備・施設市場 ](9)
  • [ C. 規格試験/分析装置市場 ](10)
  • [ D. 管理/支援システム市場 ](11)
  • [ E. 解析/創薬関連装置市場 ](12)
  • [ F. ドラッグデリバリーシステム関連素材市場 ](13)
  • 3.品目別ユーザー構成(14)
  • 4.分野・領域別注目製品・技術動向(20)
  • 5. 製薬企業の設備投資実績(26)
  • II.バイオ&次世代医薬品関連のグローバル研究開発動向(29)
  • 1.バイオ関連の国家プロジェクト
  • [1] バイオ関連研究に対する政府動向と国家予算体系(31)
  • [2] AMED戦略推進部の取り組み(31)
  • [3] AMED戦略推進部各課の役割と動向(32)
  • [4] AMEDプロジェクトの中長期の到達目標(38)
  • [5] 海外における医療・医薬品関連政策動向(40)
  • 2.注目大学・研究機関のバイオ関連研究開発動向
  • [1] 日本の大学・研究機関の動向(43)
  • [2] 海外の大学・研究機関の動向(45)
  • 3.バイオ&次世代医薬品研究開発推進状況
  • [1] 研究開発期間/開発費用(48)
  • [2] 研究開発の将来性(48)
  • [3] 日本で開発中のバイオ医薬品(49)
  • [4] 日本で承認されたバイオ医薬品(52)
  • [5] 日米欧で承認された抗体医薬品一覧(55)
  • [6] 日米欧で承認されたバイオシミラー一覧(57)
  • 4.バイオ医薬品製造受託動向
  • [1] バイオ医薬品の製造受託とは(58)
  • [2] バイオ医薬品の製造受託の動向(58)
  • [3] バイオ医薬品製造受託企業の動向(日本)(59)
  • [4] バイオ医薬品製造受託企業の動向(海外)(60)
  • 5.動物実験と動物実験代替市場動向/ES・iPS細胞の研究開発動向
  • [1] 動物実験について(61)
  • [2] 動物実験反対の広がり(61)
  • [3] 日本と海外の動物実験に対する取り組み動向(61)
  • [4] 国内企業の動物実験に対する取り組み動向(61)
  • [5] ES・iPS細胞のバイオ業界での応用展開例と動物実験代替(毒性試験)の今後の動向(62)
  • III.応用市場の市場規模と参入企業動向(63)
  • 1.ドラッグリポジショニングサービス市場(65)
  • 2.がん免疫細胞療法市場(68)
  • 3.抗体医薬品市場(71)
  • 4.核酸医薬品市場(74)
  • 5.ペプチド医薬品市場(77)
  • 6.遺伝子治療薬市場(80)

品目市場編(83)

  • A.細胞/培養工程市場(85)
  • 1.iPS細胞(87)
  • 2.スピナーフラスコ(91)
  • 3.振盪培養機(95)
  • 4.恒温器/低温恒温器(99)
  • 5.ファーメンター(105)
  • 6.培養バッグ(109)
  • 7.代謝測定装置(113)
  • 8.粉末培地(117)
  • 9.培地添加用栄養因子(121)
  • 10.細胞分離用酵素(125)
  • B.分離・精製/設備・施設市場(129)
  • 1.大型遠心分離機(131)
  • 2.医薬プロセス膜(135)
  • 3.バイオプロセス用クロマトグラフ(139)
  • 4.プロテインAアフィニティ担体(145)
  • 5.貯蔵バッグ(149)
  • 6.エアシャワー/パスボックス(153)
  • 7.滅菌システム(159)
  • 8.エアフィルター(163)
  • 9.パーティクルカウンター(167)
  • 10.バイオ医薬プラント(171)
  • C.規格試験/分析装置市場(175)
  • 1.液体クロマトグラフ/液体クロマトグラフ質量分析装置(177)
  • 2.ODSカラム(183)
  • 3.安定性試験器(187)
  • 4.核磁気共鳴装置(191)
  • D.管理/支援システム市場(195)
  • 1.統合管理システム(197)
  • 2.製造管理システム(201)
  • 3.品質管理システム(205)
  • 4.創薬支援システム(209)
  • E.解析/創薬関連装置市場(213)
  • 1.DNAチップ/解析装置(215)
  • 2.自動核酸抽出装置(221)
  • 3.リアルタイム/デジタルPCR装置(225)
  • 4.ハイスループットスクリーニング装置(231)
  • 5.次世代シーケンサー(235)
  • 6.蛍光顕微鏡(239)
  • F.ドラッグデリバリーシステム関連素材市場(243)
  • 1.リポソーム(245)
  • 2.高分子ミセル(249)
  • 3.トランスフェリン(253)
  • 4.ポリエチレングリコール(257)
  • 5.シクロデキストリン(261)
  • 6.PLGA(265)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ