2017 空中表示技術と構成部材市場の将来展望

2017 空中表示技術と構成部材市場の将来展望

価格 200,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2017年8月7日 体裁 A4版 263ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF/データ版 210,000円+税、書籍版+PDF/データ版セット 230,000円+税、ネットワークパッケージ版 400,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・デジタルサイネージ市場総調査 2017
 ・2017 エレクトロニクス実装ニューマテリアル便覧

調査概要

調査テーマ

『2017 空中表示技術と構成部材市場の将来展望』
~空中ディスプレイ、VR、ARの有望用途と将来性を分析~

調査の目的

・空中ディスプレイ、VR、ARの全体像を把握し、最新市場動向と有望用途を徹底調査する。

調査ポイント

・空中ディスプレイ、VR、ARの市場動向を詳細調査
・空中ディスプレイ、VR、AR用部材の全体市場を徹底解明
・空中ディスプレイ、VR、ARの注目用途を徹底分析

調査対象品目

 A.用途市場編(17品目)
  1. アミューズメント・レジャー
  2. ホビー・ゲーム
  3. 医療・介護・ヘルスケア
  4. 自動車
  5. 旅行
  6. 金融
  7. ハウス・家電
  8. 小売・eコマース
  9. 企業・製造
  10. 建設・不動産
  11. 教育
  12. ライブイベント・TV
  13. 交通機関
  14. 外食店舗
  15. 宿泊施設
  16. 公共施設
  17. 防災
 B.空中表示技術市場編(9品目)
  1. AIプレート技術
  2. 再帰反射シート技術
  3. DCRA技術
  4. アイリス面型空中結像ディスプレイ
  5. ホログラム技術
  6. ライトフィールドディスプレイ
  7. プラズマ発光技術
  8. VR
  9. AR
 C.デバイス・部材市場編(14品目)
  1. AIプレート
  2. 再帰反射シート
  3. DCRA
  4. 位相差フィルム(pAIRR用)
  5. ビームスプリッター
  6. 透明光学樹脂(空中ディスプレイ用)
  7. ガラス材(AIプレート用)
  8. LCD
  9. OLED
  10. マイクロディスプレイ
  11. 光学レンズ樹脂
  12. カラーフィルター
  13. 触覚デバイス
  14. ジェスチャーインターフェイス

調査項目

 A.用途市場編
  1. 市場定義/使用方法の分析
  2. 主要導入企業一覧
  3. 市場規模推移と今後の市場予測(2016年実績~2022年予測、2025年予測)
  4. 導入先需要量及び構成比率
  5. 空中表示技術別需要量及び構成比率
  6.主要導入企業の事業動向
  7.導入コスト(2017年Q3時点)
  8. 海外動向
  9. 課題・問題点
  10. サプライチェーン
 B.空中表示技術市場編
  1. 製品概要
  2. 主要参入企業・大学・研究機関及び製品グレード
  3. 市場規模推移と今後の市場予測(2016年実績~2022年予測、2025年予測)
  4. 用途別需要量及び構成比率
  5. 主要参入企業の事業動向
  6. 要素技術の分析、特許動向
  7. サプライチェーン
 C.デバイス・部材市場編
  1. 製品概要
  2. 主要参入企業及び製品グレード
  3. 市場規模推移と今後の市場予測(2016年実績~2022年予測、2025年予測)
  4. 用途別需要量及び構成比率
  5. タイプ別需要量及び構成比率
  6. メーカー別販売数量及びシェア(2016年実績)
  7. 価格動向(2017年Q3時点)
  8. 地域別生産・販売数量及び構成比(2016年実績)
  9. 要素技術の分析、特許動向
  10. サプライチェーン

<注記>
※当資料中の構成比は端数処理の関係上、合計値が100.0%にならないことがあります。

調査方法

  • 弊社専門調査員による対象企業および関連企業、関連団体などへの面接取材を基本とした情報収集を行った。
  • 販売数量や販売金額などの数値は有価証券報告書などの提出のある企業はそれに準拠し、その他の企業もしくは限定できないものについては弊社調査員による推定値としている。また特に断りのない限り、メーカー出荷数量、メーカー出荷金額として提示している。
  • 各カテゴリーの数値は年次ベース(1月~12月)としている(Q1:1月~3月 Q2:4月~6月 Q3:7月~9月 Q4:10月~12月)。
  • 「C.デバイス・部材市場編」の調査項目「地域別生産・販売数量及び構成比」における「その他アジア」は東南アジア、南アジア、中央アジア、インド、「北米」は米国、カナダ、「その他」はロシア、中東、アフリカ、中南米、オセアニアを指す。
  • 海外市場の数値は、下記の為替レートに基づいて算出している。

調査期間

2017年5月~2017年7月

調査担当

株式会社富士経済 東京マーケティング本部 第五部 ケミカル&マテリアルグループ

目次

総括編(1)

  • 1. 空中表示技術の概要(3)
  • 1-1) 分類と調査対象(3)
  • 1-2) 主要空中結像技術の概要(4)
  • 1-3) VR/ARの概要(5)
  • 2. 空中表示技術の市場概況(8)
  • 2-1) 空中ディスプレイの世界市場規模推移(2016年実績~2022年予測、2025年予測)(8)
  • 2-2) 空中ディスプレイの用途別日本市場規模推移(2016年実績~2022年予測、2025年予測)(9)
  • 2-3) VR/ARの世界市場規模推移(2016年実績~2022年予測、2025年予測)(11)
  • 2-4) VR/ARの用途別日本市場規模推移(2016年実績~2022年予測、2025年予測)(12)
  • 3. VR/AR接続機器の市場動向(14)
  • 3-1) VR接続機器の市場概況(2016年実績~2022年予測、2025年予測)(14)
  • 3-2) AR接続機器の市場概況(2016年実績~2022年予測、2025年予測)(14)
  • 4. 空中ディスプレイ及び主要部材の比較(15)
  • 4-1) 空中ディスプレイ市場比較(2016年実績~2022年予測、2025年予測)(15)
  • 4-2) 空中結像用部材におけるガラス/フィルムの採用状況(16)
  • 4-3) ガラス/フィルムの採用理由(16)
  • 4-4) 空中ディスプレイの課題・問題点(17)

A 用途市場編(21)

  • 1. アミューズメント・レジャー(23)
  • 2. ホビー・ゲーム(30)
  • 3. 医療・介護・ヘルスケア(36)
  • 4. 自動車(42)
  • 5. 旅行(49)
  • 6. 金融(55)
  • 7. ハウス・家電(60)
  • 8. 小売・eコマース(66)
  • 9. 企業・製造(73)
  • 10. 建設・不動産(79)
  • 11. 教育(85)
  • 12. ライブイベント・TV(91)
  • 13. 交通機関(96)
  • 14. 外食店舗(99)
  • 15. 宿泊施設(103)
  • 16. 公共施設(108)
  • 17. 防災(113)

B 空中表示技術市場編(117)

  • 1. AIプレート技術(119)
  • 2. 再帰反射シート技術(126)
  • 3. DCRA技術(132)
  • 4. アイリス面型空中結像ディスプレイ(137)
  • 5. ホログラム技術(139)
  • 6. ライトフィールドディスプレイ(144)
  • 7. プラズマ発光技術(150)
  • 8. VR(154)
  • 9. AR(161)

C デバイス・部材市場編(167)

  • 1. AIプレート(169)
  • 2. 再帰反射シート(178)
  • 3. DCRA(188)
  • 4. 位相差フィルム(pAIRR用)(196)
  • 5. ビームスプリッター(202)
  • 6. 透明光学樹脂(空中ディスプレイ用)(209)
  • 7. ガラス材(AIプレート用)(213)
  • 8. LCD(216)
  • 9. OLED(223)
  • 10. マイクロディスプレイ(230)
  • 11. 光学レンズ樹脂(237)
  • 12. カラーフィルター(244)
  • 13. 触覚デバイス(250)
  • 14. ジェスチャーインターフェイス(257)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ