2017年版 バイオマス利活用技術・市場の現状と将来展望

2017年版 バイオマス利活用技術・市場の現状と将来展望

価格 150,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2017年8月21日 体裁 A4版 173ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 150,000円+税、書籍版+PDF版セット 170,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・ヒートポンプ温水・空調市場の現状と将来展望 2017
 ・2017年版 水資源関連市場の現状と将来展望

調査概要

調査テーマ

『2017年版 バイオマス利活用技術・市場の現状と将来展望』
 ~バイオマス資源が不足していく中で国内バイオマス利活用はどのように進んでいくのか。
 海外でのバイオマス利活用動向を概観しながら、国内市場の新たなステージを検証する~

調査目的

  • 国内におけるバイオマス利活用市場は、2012年7月に施行されたFITによって利活用のインセンティブが明確になったことを受け、木質バイオマス発電市場や下水汚泥消化ガスによる発電が注目されるようになるなど、大きく進展した。
  • その一方で、輸送用の化石燃料代替となるバイオ液体燃料については、かっては国産輸送用燃料として注目を集めていたが、現在はやや沈静化したきらいもあり、バイオマスの利活用方法により市場の活性度に違いがみられる。世界に目を転じると、企業活動において生じる温室効果ガスの負荷を削減するために、カーボンポジティブ=つまり、CO2吸収量がCO2排出量を上回るための取り組みが進みつつある。バイオマスはその手段の一つとして注目されており、燃料化(気体・固形・液体)、エネルギー化、原料化に対する技術開発の取り組みも盛んである。
  • バイオマスの利活用は、その国(地域)の政策やバイオマス資源の種類や有無により大きく異なるが、世界的に非化石資源へのシフトがエネルギーを中心に進んでおり、バイオマスの果たす役割は、今後さらに大きくなる可能性があることから、日本においてもバイオマス発電を筆頭に、先を見据えた取り組みがより求められることになると考えられる。
  • 本調査はバイオマス利活用装置・プラントや、バイオマス由来製品の技術と市場に焦点をあてた市場調査資料として、今年で8回目の刊行となる。これまで本資料では国内市場を中心にバイオマス利活用市場をみてきたが、バイオマス利活用においては、活発な市場の動きはむしろ日本以外でみられることから、世界の主要地域における技術・市場のトレンドや関連企業の動向を把握することにより、グローバルバイオマス利活用市場を概観する。それを受け、最終的には日本国内でのバイオマス利活用の進展に向けた提言を行うことで、バイオマス利活用市場成長の一助とすべく、本調査を実施した。

調査対象

 <バイオマス利活用装置・プラント>
  1.バイオマス直接燃焼ボイラ
  2.バイオマスボイラ用蒸気タービン
  3.バイオガス化(メタン発酵) 
  4.バイオマスガス化
  5.バイオ燃料発電機
  6.液体バイオ燃料化
  7.藻類利用技術
  8.ペレットボイラ
  9.炭化・バイオマス固形燃料化

 <バイオマス由来製品>
  1.液体バイオ燃料
  2.固体バイオ燃料(木質ペレット、オイルパーム残渣等)
  3.バイオガス
  4.藻類利用製品
  5.バイオマスプラスチック
  6.ウッドケミカルス(セルロースナノファイバー、リグニン)

調査方法

関係企業、研究機関、官公庁等への直接取材を原則とし、公的データ、各種公表資料をその補完として活用

調査期間

2017年4月~7月

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部 第四部 バイオマスプロジェクト

目次

I. 総括編

  • 1.バイオマス利活用市場の全体俯瞰(3)
  • 1)市場概況と環境変化(3)
  • 2)市場規模推移と予測(4)
  • 2.国内関連政策における最新動向(8)
  • 1)バイオマス関連政策(8)
  • 2)FITにおけるバイオマスの動向(14)
  • 3)国内バイオマス活用推進計画の策定状況(15)
  • 3.国内バイオマス資源の動向(21)
  • 1)食品廃棄物・食品循環資源(21)
  • 2)生ごみ(22)
  • 3)下水汚泥(22)
  • 4)木質バイオマス(23)
  • 4.世界のバイオマス資源動向(24)
  • 1)原料サステナビリティの動向(24)
  • 2)固体バイオマス燃料の日本におけるサステナビリティ基準導入に向けた検討(26)
  • 3)種類別にみた原料の動向(27)
  • 5.原料バイオマス不足への対応(31)
  • 1)バイオマス利活用技術における原料の需要、供給状況(31)
  • 2)国内におけるバイオマス発電設備の容量と今後の見通し(32)
  • 3)木質バイオマス発電におけるFIT市場の限界(33)
  • 6.バイオマス分野における企業間アライアンス(34)
  • 1)アライアンスマップ(34)
  • 2)アライアンス内容(37)
  • 7.海外動向(42)
  • 1)海外主要地域におけるバイオマス政策の特性(42)
  • 2)主要地域におけるバイオマス市場動向(43)
  • 3)日系企業の海外展開動向(49)
  • 8.注目技術の動向(53)
  • 1)マテリアル利用(53)
  • 2)バイオガスの貯蔵と新たな利用(バイオガス精製、Power to Gas)(54)
  • 3)OPT(オイルパームトランク)の燃料・エネルギー化(58)
  • 4)ブラックペレット(トレファクションペレット、蒸気爆砕ペレット)(59)
  • 5)竹の燃料化(61)
  • 9.2030年のエネルギーミックスにおけるバイオマスエネルギーの位置づけ(63)
  • 10.バイオマス利活用における課題と対応策(64)
  • 1)バイオマス利活用装置・プラント(64)
  • 2)バイオマス由来製品(65)
  • 11.国内バイオマス利活用市場の活性化に向けた提言(66)
  • 12.参入企業一覧(67)

II. バイオマス利活用装置・プラント市場編

  • 1.バイオマス直接燃焼ボイラ(79)
  • 2.バイオマスボイラ用蒸気タービン(85)
  • 3.バイオガス化(メタン発酵)(89)
  • 4.バイオマスガス化(96)
  • 5.バイオ燃料発電機(バイオガス/バイオマスガス化発電機、バイオディーゼル発電機)(102)
  • 6.液体バイオ燃料化(107)
  • 7.藻類利用技術(114)
  • 8.ペレットボイラ(119)
  • 9.炭化・バイオマス固形燃料化(123)

III. バイオマス由来製品市場編

  • 1.液体バイオ燃料(131)
  • 2.固体バイオ燃料(木質ペレット、オイルパーム残渣等)(137)
  • 3.バイオガス(145)
  • 4.藻類利用製品(150)
  • 5.バイオマスプラスチック(158)
  • 6.ウッドケミカルス(セルロースナノファイバー、リグニン)(166)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ