ティッシュエンジニアリング関連市場の最新動向と将来性 2017

ティッシュエンジニアリング関連市場の最新動向と将来性 2017

価格 130,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2017年10月2日 体裁 A4版 310ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 130,000円+税、書籍版+PDF版セット 150,000円+税、ネットワークパッケージ版 260,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2017年 先端医療・ライフサイエンス研究市場データブック
 ・ウェアラブル/ヘルスケアビッグデータビジネス総調査 2017

調査概要

調査テーマ

『ティッシュエンジニアリング関連市場の最新動向と将来性 2017』

調査対象品目

 A.再生医療等製品市場
  培養軟骨、培養皮膚、心筋シート、細胞性医薬品、細胞シート(未上市領域)
 B.人工生体材料用補填材市場
  骨補填材、真皮欠損用グラフト
 C.細胞市場
  ヒト細胞、iPS細胞/ES細胞
 D.細胞培養施設/サービス市場
  細胞培養センター(CPC)、細胞製造プラント、細胞培養受託、細胞/組織バンク、細胞搬送サービス
 E.細胞培養/イメージング機器市場
  遠心分離機、CO2インキュベータ、自動培養装置、アイソレータ、安全キャビネット/クリーンベンチ、
  凍結保存容器、超低温フリーザー/メディカルフリーザー、フローサイトメーター、細胞計数分析装置、
  セルイメージングシステム、細胞観察用顕微鏡、三次元バイオプリンター、滅菌器、
  薬用冷蔵ショーケース/薬用保冷庫、細胞破砕装置/ティッシュスライサー、超純水製造装置、
  細胞搬送容器/ドライシッパー
 F.セルカルチャーウェア/試薬市場
  細胞培養用シャーレ、細胞培養用プレート、細胞培養用フラスコ、細胞培養用培地、細胞培養用血清、
  細胞凍結保存液、細胞外マトリクス、細胞培養用バッグ、細胞培養用スキャホールド、トランスフェクション試薬

調査項目

 【A.再生医療等製品市場】
  1.市場定義
  2.市場規模推移
  3.企業シェア推移
  4.企業/製品特性
  5.研究開発の最新動向
  6.直近の企業間アライアンス
  7.世界市場動向
  8.ターゲット市場規模推移
  9.販売チャネル/ユーザー動向
  10.再生医療・医学分野の市場性分析
  11.市場の将来性予測
  12.主要参入企業
 
 【B.人工生体材料用補填材市場】br>   1.市場定義
  2.市場規模推移
  3.企業シェア推移
  4.販売チャネル/ユーザー動向
  5.再生医療・医学分野の市場性分析
  6.製品・技術トレンド
  7.世界市場動向
  8.市場の将来性予測
  9.主要参入企業
 
 【C.細胞市場~F.セルカルチャーウェア/試薬市場】br>   1.市場定義
  2.市場規模推移
  3.企業シェア推移
  4.販売チャネル/ユーザー動向
  5.再生医療・医学分野の市場性分析
  6.製品動向
  7.製品・技術トレンド
  8.世界市場動向
  9.市場の将来性予測
  10.主要参入企業
 
 注:品目により調査項目が異なる場合がある

調査方法

参入企業、業界関連企業・団体、大学等へのインタビュー形式によるヒアリング調査を主体とした

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部 第一部

調査期間

2017年7月~9月

目次

総括・集計編(1)

  • I.ティッシュエンジニアリング関連市場の現状と将来性(3)
  • 1.ティッシュエンジニアリング関連市場の概況(5)
  • 2.世界市場動向と最新研究動向
  • [1] 日本・世界市場規模(2016年実績)(7)
  • [2] 海外の主要再生医療等製品のラインアップ(9)
  • [3] 米国に於ける再生医療関連主要臨床プロジェクト(カリフォルニア再生医療機構の補助金プロジェクト)(10)
  • [4] 米国再生医療関連主要大学・研究機関一覧(11)
  • [5] 欧州再生医療関連主要大学・研究機関一覧(12)
  • 3.ティッシュエンジニアリング関連市場主要参入企業動向
  • [1] 2016年ティッシュエンジニアリング関連市場有力企業シェア動向(日本市場)(13)
  • [2] 有力企業のアライアンスマップ(15)
  • 4.ティッシュエンジニアリング関連市場規模推移と中長期予測(17)
  • 5.品目別ユーザー構成比(25)
  • 6.品目別アプリケーション構成比(30)
  • 7.三次元培養用製品の市場動向と将来性(35)
  • II.ティッシュエンジニアリング関連市場の技術開発動向(37)
  • 1.iPS細胞/間葉系幹細胞を用いた治療の最新動向
  • [1] iPS細胞を用いた治療の最新動向(39)
  • [2] iPS細胞を用いた再生医療研究(39)
  • [3] 間葉系幹細胞を用いた治療の最新動向(40)
  • [4] 再生医療研究に於ける到達目標(40)
  • 2.バイオ関連研究に対する行政施策と国家予算体系
  • [1] AMEDの再生医療への取り組み(41)
  • [2] 再生医療実現プロジェクト(41)
  • [3] 再生医療関連事業概要(42)
  • [4] 再生医療実現プロジェクトの予算体系と推移(44)
  • [5] 科学研究費助成事業の分野別配分状況(45)
  • 3.注目大学・研究機関の研究開発動向(46)
  • 4.再生医療関連法整備の状況
  • [1] 細胞培養加工の委受託の認可(49)
  • [2] 早期承認制度(49)
  • [3] 先駆け審査指定制度(50)
  • [4] リスクに応じた再生医療提供までのプロセス(51)
  • [5] 希少疾病用再生医療等製品指定制度(52)
  • [6] 米国の21世紀医療法(52)

品目市場編(53)

  • A.再生医療等製品市場(55)
  • 1.培養軟骨(57)
  • 2.培養皮膚(63)
  • 3.心筋シート(69)
  • 4.細胞性医薬品(75)
  • 5.細胞シート(未上市領域)(83)
  • B.人工生体材料用補填材市場(87)
  • 1.骨補填材(89)
  • 2.真皮欠損用グラフト(93)
  • C.細胞市場(97)
  • 1.ヒト細胞(99)
  • 2.iPS細胞/ES細胞(105)
  • D.細胞培養施設/サービス市場(113)
  • 1.細胞培養センター (CPC)(115)
  • 2.細胞製造プラント(119)
  • 3.細胞培養受託(123)
  • 4.細胞/組織バンク(127)
  • 5.細胞搬送サービス(133)
  • E.細胞培養/イメージング機器市場(137)
  • 1.遠心分離機(139)
  • 2.CO2インキュベータ(147)
  • 3.自動培養装置(153)
  • 4.アイソレータ(159)
  • 5.安全キャビネット/クリーンベンチ(165)
  • 6.凍結保存容器(173)
  • 7.超低温フリーザー/メディカルフリーザー(179)
  • 8.フローサイトメーター(187)
  • 9.細胞計数分析装置(195)
  • 10.セルイメージングシステム(203)
  • 11.細胞観察用顕微鏡(209)
  • 12.三次元バイオプリンター(217)
  • 13.滅菌器(222)
  • 14.薬用冷蔵ショーケース/薬用保冷庫(228)
  • 15.細胞破砕装置/ティッシュスライサー(234)
  • 16.超純水製造装置(240)
  • 17.細胞搬送容器/ドライシッパー(244)
  • F.セルカルチャーウェア/試薬市場(251)
  • 1.細胞培養用シャーレ(253)
  • 2.細胞培養用プレート(259)
  • 3.細胞培養用フラスコ(265)
  • 4.細胞培養用培地(271)
  • 5.細胞培養用血清(279)
  • 6.細胞凍結保存液(287)
  • 7.細胞外マトリクス(293)
  • 8.細胞培養用バッグ(299)
  • 9.細胞培養用スキャホールド(303)
  • 10.トランスフェクション試薬(307)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ