ロボット用減速機の市場実態と市場活性化策についての考察

ロボット用減速機の市場実態と市場活性化策についての考察

価格 300,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2018年3月28日 体裁 A4版 33ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDFでのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・2018 ワールドワイドロボット関連市場の現状と将来展望 No.1 FAロボット市場編
 ・2018 ワールドワイドエレクトロニクス市場総調査

調査概要

調査テーマ

『ロボット用減速機の市場実態と市場活性化策についての考察』

企画の背景と目的

◆今、空前のFAロボットブームである
 ・しかし、市場の伸び率(前年比)は30%程度に留まる
 ・部材供給が滞っていることが原因のひとつ。特に減速機は簡単に代替出来ない
◆ロボット用減速機の安定供給の為の方策を考察した

当調査企画ではロボット市場の更なる拡大の為に部材供給の停滞を防ぐ方策を明らかにした
調査の仮説
・減速機供給量増加策
・新規参入企業の増加
・既存企業の増産計画前倒し

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部

調査期間

2018年3月1日~2018年3月28日

目次

I.減速機市場の現状(FAロボット用途のみ)(1)

  • i.市場規模推移(2016年~2020年予測、2025年予測)(1)
  • ii.参入メーカーシェア(FAロボット用途のみ)(2)
  • iii.市場拡大の背景(3)
  • iv.需給逼迫要因(4)

II.減速機市場に於ける主要企業のポジション(5)

  • i.上位企業の生産能力比較(5)
  • ii.上位企業の強み(6)
  • [1] 主要上位メーカーの強み(6)
  • [2] 主要メーカーのR&D開発費、設備投資額の比較(7)
  • iii.新規参入企業の現状と展望(8)
  • [1] 波動歯車市場への新規参入について(8)
  • [2] 新規参入企業の製品概略(9)
  • [3] 新規参入企業の概要(10)

III.技術実態と展望(11)

  • i.垂直多間接ロボット、スカラロボットに於ける減速機採用動向と方向性(11)
  • ii.ロボット減速機採用方式分類(12)
  • [1] ロボットの構造と減速機採用箇所(12)
  • [2] ロボット用各種減速機の特性(バックラッシ、減速機)(13)
  • [3] ロボットタイプ別、関節別の減速機採用実態(14)
  • a.減速機種別(14)
  • b.繰返し精度別(15)
  • iii.キーテクノロジーと模倣性に関する考察(16)
  • iv.ロボットの構造・制御方式変化の可能性(17)
  • [1] ロボットの変化の可能性(脱波動歯車の可能性考察)(17)
  • [2] ハーモニックドライブ代替製品の考察(18)
  • v.パテント情報(19)

IV.ロボットメーカーの減速機採用状況(採用のポイント・評価)(26)

V.供給が逼迫する減速機における解決策案に関する考察(27)

  • [1] 実現可能性と実現時期に関する考察(27)
  • [2] 減速機の需要見通しと生産計画(28)
  • [3] 解決策案の考察(29)

VI.更なるロボット市場拡大に向けたロボットメーカー、減速機メーカーの現状と今後の対応方向性(可能性)(31)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ