【デジタルプレス】次世代分離膜・選択的吸着技術開発の最新動向

【デジタルプレス】次世代分離膜・選択的吸着技術開発の最新動向

価格 300,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2018年2月28日 体裁 A4版 53ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・2017年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望
 ・高機能分離膜/フィルター関連技術・市場の全貌と将来予測 2016

調査概要

調査テーマ

【デジタルプレス】『次世代分離膜・選択的吸着技術開発の最新動向』
 ~国内・海外の先行プレイヤー・研究機関の開発ステージ、想定される用途、実用化に至る課題等を整理~

企画の背景と目的

  • 水処理、大気環境、空質浄化、生産プロセス、エネルギー分野等で使用される分離膜技術やイオン交換樹脂や活性炭等による吸着技術は、国内外を問わず広く普及しており、一般的な普及品は価格競争一辺倒の市場環境になりつつある。
  • 膜メーカー、吸着剤メーカーは、価格競争に陥りながらもパイで稼ぐ普及品の拡販を進める一方で、機能・技術で差別化できる高機能、高付加価値品の商品化に対する注力度を高めようとしている。またこれまで普及品(膜、吸着材)や従来技術では対応できなかった分野、用途において、高機能、高付加価値の膜、吸着材がその代替技術となり得る可能性を探りつつある。
  • 下図の分離膜、吸着技術について、一部は商用化もみられつつあるが、基本的には長らく次世代技術として継続的な開発が進められている技術である。膜に関しては、水処理用途(脱塩等)で注目されているFO膜、膜蒸留の他、エネルギー分野を中心に開発が進められているガス分離膜が挙げられる。一方、吸着材に関しては、高機能要素として“選択的吸着”が開発キーワードになっている。活性炭等に関しては、これまではポーラスを小さくし、吸着性能の向上に努めてきたが、近年の開発の流れとしては、必要な物質のみを選択的に吸着する技術が注目されており、環境分野だけでなく、医療機器や食品・医薬品等の精製プロセス等への用途への広がりが期待されている。他にも生物機能を活用して金属物質を選択的に吸着するバイオ吸着材(バイオリーチング、バイオミネラリゼーション等)等の研究も進められている。
  • 本調査では、将来的に商用化が期待される次世代の膜技術及び選択的機能を有する高機能吸着材に焦点を当て、国内及び海外のメーカー、研究機関における最新の開発動向を整理することを目的に実施した。

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部

調査期間

2018年1月~2月

目次

<総括編>

  • 1.全体開発ロードマップ(1)
  • 2.日本のキーパーソン(大学・研究機関)(2)
  • 3.対象技術別にみた有望用途/想定アプリケーション(3)
  • 4.次世代膜の実証設備、商用設備の導入事例一覧(5)
  • 5.特許の整理(7)
  • 6.対象技術別に見た技術課題の整理(11)
  • 7.次世代膜、選択的吸着技術を有する主要な企業及び研究機関の一覧(12)

<個別企業事例編>

  • 1.CO2 M-Tech株式会社(住友化学グループ) ~CO2分離膜~(14)
  • 2.東洋紡株式会社 ~中空糸型FO膜~(17)
  • 3.DOWAエコシステム株式会社 ~コケ植物体による金属分離・回収技術~(20)
  • 4.日立造船株式会社 ~ゼオライト膜による液/気分離技術~(23)
  • 5.三井金属鉱業株式会社 ~表面ゼオライト化パーライト~(26)
  • 6.Evonik Industries AG(ドイツ) ~ポリイミド原料とする各種ガス分離膜~(28)
  • 7.FUJIFILM Manufacturing Europe B.V.(富士フイルムグループ)(オランダ) ~イオン交換膜(電気透析)を用いた次世代水処理・脱塩技術~(30)
  • 8.TNO(Toegepast Natuurwetenschappelijk Onderzoek)-Memstill®-(オランダ) ~膜蒸留技術~(33)
  • 9.Memsys GmbH(ドイツ) ~膜蒸留向けモジュール及びシステム~(36)
  • 10.Oasys Water, Inc.(米国)  ~FO膜を用いた水処理システム~(40)
  • 11.国立大学法人 大阪府立大学  ~白金族金属のバイオミネラリゼーション~(43)
  • 12.国立研究開発法人 産業技術総合研究所(AIST) ~分子ふるい中空糸炭素膜~ (47)
  • 13.公益財団法人 地球環境産業技術研究機構(RITE) ~無機膜を用いた環境・エネルギー技術~(49)
  • 14.国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS)  ~高秩序メソポーラスモノリス吸着剤(HOM:High Ordered Meso-porous Monolith)~(52)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。
    FK-Mardsは弊社が運営する、24時間、365日 いつでも、どこでも利用できるオンラインサービスになります。
    FK-Mardsの詳細はFK-Mards(エフケイマーズ)をご覧ください。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ