2018年 清涼飲料マーケティング要覧

2018年 清涼飲料マーケティング要覧

価格 140,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2018年5月15日 体裁 A4版 371ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF/データ版 150,000円+税、書籍版+PDF/データ版セット 170,000円+税、ネットワークパッケージ版 280,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2017年 清涼飲料マーケティング要覧 -横断分析編-
 ・若年層に選択される食品ブランド市場と購買要因分析調査 2017

調査概要

調査テーマ

『2018年 清涼飲料マーケティング要覧』
~収益性の伴った持続的な成長を目指し、事業構造の転換を図る飲料業界~

調査のポイント

  • 清涼飲料市場の16品目45サブ品目別について、市場規模やメーカー・ブランドシェアを中心に2017年結果及び2018年春時点での通年見通しをレポートしております。市場集計編では、メーカーや容器、温度帯など多様な視点で市場全体を俯瞰した項目を充実させています。
  • 『販売戦略分析編』では、[1]トレンド変化分析、[2]自販機展開戦略、[3]主要企業販売戦略の3つの切り口での動向を分析しております。
  • 8大品目、16品目、45サブ品目に分類する清涼飲料市場について、「2018年清涼飲料マーケティング要覧」では2006年から2017年、2018年見込、2019年~2020年予測までの市場規模推移を収載しております。
  • 『注目カテゴリー編』では、上記品目分類に捉われない市場をまとめ、従来とは異なる切り口で清涼飲料のトレンドを分析します。
  • 書籍・CDセットに追加で購入できるデータブック編には、サブ品目別にメーカー別のブランド別(一部シリーズ別含む)容器容量別販売箱・販売本数データを収載しております。

調査対象品目

<A.果実・野菜飲料>
 1.果実飲料
  ◇100%果汁飲料
  ◇果汁入飲料
  ◇低果汁入清涼飲料
  ◇果粒含有果実飲料
  ◇果肉飲料
 2.野菜系飲料
  ◇トマト飲料
  ◇野菜飲料
  ◇果実野菜混合飲料
 
<B.炭酸飲料>
 3.炭酸飲料
  ◇コーラフレーバー飲料
  ◇透明炭酸飲料
  ◇果汁系炭酸飲料
  ◇乳類入炭酸飲料
  ◇ジンジャーエール
  ◇無糖炭酸飲料
  ◇その他炭酸飲料

<C.乳性飲料>
 4.飲用牛乳
 5.乳飲料
  ◇白物乳飲料
  ◇コーヒー系乳飲料
  ◇色物乳飲料
  ◇(プラカップ入乳飲料)
 6.ドリンクヨーグルト
 7.乳酸菌飲料類
  ◇乳製品乳酸菌飲料
  ◇乳酸菌飲料
 8.乳性タイプ飲料
  ◇乳類入清涼飲料
  ◇殺菌乳製品乳酸菌飲料
 
<D.コーヒー飲料>
 9.コーヒー飲料
  ◇缶コーヒー
  ◇リキッドコーヒー
 
<E.茶系飲料>
 10.紅茶飲料
 11.無糖茶飲料
  ◇日本茶
  ◇ウーロン茶
  ◇麦茶
  ◇ブレンドティ
  ◇その他ティードリンク
 
<F.ミネラルウォーター類>
 12.ミネラルウォーター類
  ◇国産ミネラルウォーター類
  ◇輸入ミネラルウォーター類
 
<G.機能性飲料>
 13.機能性飲料
  ◇食系ドリンク
  ◇健康サポート飲料
  ◇機能性清涼飲料
  ◇パウチゼリー飲料
  ◇(スポーツドリンク)
  ◇(エナジードリンク)
 
<H.その他飲料>
 14.豆乳類
  ◇豆乳
  ◇大豆飲料
 15.ビネガードリンク
 16.バラエティドリンク
  ◇ココアドリンク
  ◇ゼリー飲料(PET、缶、紙)
  ◇スープ
  ◇甘酒
  ◇おしるこ
 
 ※パッケージ商品のみを対象(シロップ等は除く)
 ※コンク飲料(例:「カルピス」)は対象外
 ※カッコ品目は内数

調査項目

 I.市場集計編
  1.総市場規模推移
  2.大品目別市場規模推移
  3.品目別市場規模推移
  4.主要メーカー別大品目販売動向
  5.温度帯別販売動向
  6.容器別販売動向
 
 II.販売戦略分析編
  1.トレンド変化分析
   1.定義
   2.市場概況
   3.市場規模推移(量、箱、額ベース)
   4.品目別販売額推移(額ベース)
   5.メーカー別販売動向(箱、額ベース)
   6.ブランド別販売動向(箱、額ベース)
   7.容器別販売額推移(額ベース)
   8.最新トピックス
   9.今後の方向性
  2.自販機展開戦略
   1.市場概況
   2.自販機業界地図
   3.企業別自販機戦略(2017年)
   4.企業別自販機専用商品
   5.注目付加価値自販機
   6.オペレーター別戦略状況
   7.今後の展望
  3.主要企業販売戦略
   1.中期的販売動向
   2.主要ブランド販売動向
   3.プロダクトポートフォリオ
   4.チャネル戦略と方向性
 
 III.品目編
  1.定義
  2.市場概況
  3.メーカー・ブランド概況
  4.品目市場分析
   4-1.市場規模推移(量、箱、額ベース)
   4-2.メーカーシェア動向(箱、額ベース)
   4-3.ブランドシェア動向(箱、額ベース)
   4-4.サブ品目販売構成比推移(量、箱、額ベース)
   4-5.温度帯別動向(箱、額ベース)
   4-6.容器別動向(箱、額ベース)
   4-7.種類別動向(額ベース)
   4-8.今後の方向性
  5.サブ品目市場分析
   1)市場規模推移(箱、額ベース)
   2)温度帯別動向(額ベース)
   3)容器別動向(額ベース)
   4)種類別動向(額ベース)
   5)メーカー別ブランドシェア動向 (額ベース)
   6)今後の方向性
 IV.注目カテゴリー編
  1.定義
  2.市場規模推移(量、額、箱ベース)
  3.品目販売構成比推移(箱、額ベース)
  4.メーカーシェア動向(箱、額ベース)
  5.メーカー別ブランドシェア動向(額ベース)
  6.種類別販売動向(額ベース)
  7.今後の方向性
 ※上記は基本項目となりますが、品目によって掲載項目および体裁が異なるものがあります。
 
 V.データブック編(別売CD-ROM特典)
  ・48カテゴリー ・メーカー名
  ・ブランド・商品名(記載が可能なものに限る)
  ・容器  ・容量 ・入数
  ・販売ケース数・販売本数(2017年、2018年見込)

調査期間

2018年3月~5月

調査担当

株式会社富士経済 東京マーケティング本部 第一部

目次

I.市場集計編(1)

  • 1.総市場規模推移(3)
  • 2.大品目別市場規模推移(4)
  • 3.品目別市場規模推移(10)
  • 4.主要メーカー別大品目販売動向(30)
  • 5.温度帯別販売動向(33)
  • 6.容器別販売動向(35)

II.販売戦略分析編(39)

  • 1.トレンド変化分析(41)
  • 1).炭酸含有飲料(41)
  • 2).乳酸菌含有飲料(48)
  • 3).コーヒー系飲料(54)
  • 2.自販機展開戦略(61)
  • 3.主要企業販売戦略(70)
  • 1).コカ・コーラシステム(70)
  • 2).サントリー食品インターナショナル(74)
  • 3).アサヒ飲料(78)
  • 4).伊藤園(82)
  • 5).キリンビバレッジ(86)
  • 6).3大乳業メーカー(90)

III.品目編(97)

  • <A.果実・野菜飲料>(99)
  • 1.果実飲料(101)
  • 100%果汁飲料
  • 果汁入飲料
  • 低果汁入清涼飲料
  • 果粒含有果実飲料
  • 果肉飲料
  • 2.野菜系飲料(121)
  • トマト飲料
  • 野菜飲料
  • 果実野菜混合飲料
  • <B.炭酸飲料>(137)
  • 3.炭酸飲料(139)
  • コーラフレーバー飲料
  • 透明炭酸飲料
  • 果汁系炭酸飲料
  • 乳類入炭酸飲料
  • ジンジャーエール
  • 無糖炭酸飲料
  • その他炭酸飲料
  • <C.乳性飲料>(161)
  • 4.飲用牛乳(163)
  • 5.乳飲料(171)
  • 白物乳飲料
  • コーヒー系乳飲料
  • 色物乳飲料
  • (プラカップ入乳飲料)
  • 6.ドリンクヨーグルト(189)
  • 7.乳酸菌飲料類(199)
  • 乳製品乳酸菌飲料
  • 乳酸菌飲料
  • 8.乳性タイプ飲料(211)
  • 乳類入清涼飲料
  • 殺菌乳製品乳酸菌飲料
  • <D.コーヒー飲料>(223)
  • 9.コーヒー飲料(225)
  • 缶コーヒー
  • リキッドコーヒー
  • <E.茶系飲料>(241)
  • 10.紅茶飲料(243)
  • 11.無糖茶飲料(251)
  • 日本茶
  • ウーロン茶
  • 麦茶
  • ブレンドティ
  • その他ティードリンク
  • <F.ミネラルウォーター類>(271)
  • 12.ミネラルウォーター類(273)
  • 国産ミネラルウォーター類
  • 輸入ミネラルウォーター類
  • <G.機能性飲料>(285)
  • 13.機能性飲料(287)
  • 食系ドリンク
  • 健康サポート飲料
  • 機能性清涼飲料
  • パウチゼリー飲料
  • (スポーツドリンク)
  • (エナジードリンク)
  • <H.その他飲料>(313)
  • 14.豆乳類(315)
  • 豆乳
  • 大豆飲料
  • 15.ビネガードリンク(328)
  • 16.バラエティドリンク(335)
  • ココアドリンク
  • ゼリー飲料(PET、缶、紙)
  • スープ
  • 甘酒
  • おしるこ

IV.注目カテゴリー編(353)

  • 1.特定保健用食品と機能性表示食品の比較分析(355)
  • 1).特定保健用食品(357)
  • 2).機能性表示食品(363)
  • 2.チルドカップ飲料(367)
  • 参考.CVSカウンターコーヒー(370)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ