【デジタルプレス】デカフェ・カフェインレス(ゼロ)市場の現状とポテンシャル探索調査 2018

【デジタルプレス】デカフェ・カフェインレス(ゼロ)市場の現状とポテンシャル探索調査 2018

価格 300,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2018年7月25日 体裁 PDF 63ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・外食産業マーケティング便覧 2018 No.1
 ・2018年 清涼飲料マーケティング要覧

調査概要

調査タイトル

『【デジタルプレス】デカフェ・カフェインレス(ゼロ)市場の現状とポテンシャル探索調査2018』

調査目的

  • 海外におけるデカフェ需要の拡大の影響や、厚生労働省が2014年に発表した「健康づくりのための睡眠指針2014」の中で就寝前のカフェイン摂取を控えることを推奨するなど、日本でも近年デカフェ・カフェインレス(ゼロ)ニーズは高まりを見せており、商品バリエーションも増加し、市場には多数のアイテムが展開されている。
  • カフェインを多く含むコーヒー市場や茶市場は、リーフ及びリキッドともに巨大市場であり、潜在的な市場規模は大きく、一部のユーザーの変化でさえ、マーケットの成長性は大きいと想定される。また、スターバックスコーヒーなど一部のコーヒーチェーンにおいてもデカフェメニューが増加しつつあるが、今後は2020年の東京五輪を控え欧米人を中心にインバウンド需要が拡大し、他のコーヒーチェーンにもデカフェメニューが広がる可能性がある。
  • 本調査では、デカフェ・カフェインレス(ゼロ)市場の現在の市場規模に加え、今後の市場拡大の方向性について検証する共に、有望なチャネル戦略、ターゲット戦略についても、参入メーカーの戦略を考慮し検証する。また、将来的なカフェイン除去技術の革新(進化)によって予想される、次なるデカフェの用途拡大を探っていく。

調査項目

 A.総括編
  1.定義
  2.市場規模推移
  3.カテゴリー別市場規模推移
  4.チャネル別市場規模推移
  5.上位企業シェア推移
  6.市場分析及び今後の可能性
 
 B.品目編(リキッドタイプ)
  1.ブレンドティ
  2.麦茶
  3.日本茶
  4.缶コーヒー・リキッドコーヒー
 
 C.品目編(嗜好品タイプ)
  1.インスタントコーヒー
  2.レギュラーコーヒー
  3.紅茶
  4.緑茶
  5.麦茶
 
 D.リキッドタイプ・嗜好品タイプ企業事例編
  1.伊藤園
  2.サントリー食品インターナショナル
  3.UCC上島珈琲
  4.片岡物産
  5.味の素AGF
 
 E.コーヒーチェーン企業事例編
  1.スターバックスコーヒージャパン
  2.ドトールコーヒーショップ
  3.タリーズコーヒー
 
 F.カフェイン除去技術(方法)の革新(進化)編
  1.カフェイン除去の方法と特徴
  2.超臨界技術センター
  3.キリン

調査期間

2018年6月~2018年7月

調査担当

株式会社富士経済 東京マーケティング本部 第三部

当レポートの定義

  • カフェインを含有していないこと(カフェインゼロ)、ないしカフェインを一定量除去したこと(デカフェ、カフェインレス)を商品名に冠している、ないしパッケージに表記している商品を対象とする。
  • 市場集計は、業務用、加工用は対象外とし市販用商品のみを対象とする。
  • 医薬品、医薬部外品は対象外とする。
  • 販売額、販売箱はメーカー出荷ベースで集計期間は年次1月~12月とする。
  • 本資料掲載数値は富士経済が集計・分析した推定値とする。

目次

A.総括編(2)

  • 1.定義 (2)
  • 2.市場規模推移(3)
  • 3.カテゴリー別市場規模推移(4)
  • 4.チャネル別市場規模推移(5)
  • 5.上位企業シェア推移(5)
  • 6.市場分析及び今後の可能性(6)

B.品目編(リキッドタイプ)(9)

  • 1.ブレンドティ(10)
  • 2.麦茶(リキッドタイプ)(12)
  • 3.日本茶(15)
  • 4.コーヒー系飲料(18)

C.品目編(嗜好品タイプ)

  • 1.インスタントコーヒー(22)
  • 2.レギュラーコーヒー(25)
  • 3.紅茶(嗜好品タイプ)(28)
  • 4.緑茶(31)
  • 5.麦茶(嗜好品タイプ)(33)

D.リキッドタイプ・嗜好品タイプ企業事例編

  • 1.伊藤園(37)
  • 2.サントリー食品インターナショナル(40)
  • 3.UCC上島珈琲(43)
  • 4.片岡物産(45)
  • 5.味の素AGF(47)

E.コーヒーチェーン企業事例編

  • 1.スターバックスコーヒージャパン(50)
  • 2.ドトールコーヒーショップ(52)
  • 3.タリーズコーヒー(54)

F.カフェイン除去技術編

  • 1.カフェイン除去の方法と特徴(58)
  • 2.超臨界技術センター(60)
  • 3.キリン(62)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ