【デジタルプレス】チャネル別サプリメント市場分析調査 2018

【デジタルプレス】チャネル別サプリメント市場分析調査 2018

価格 300,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2018年10月12日 体裁 A4版 85ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
【デジタルプレス】デカフェ・カフェインレス(ゼロ)市場の現状とポテンシャル探索調査 2018
2019年 食品マーケティング便覧 No.1

調査概要

調査タイトル

『【デジタルプレス】チャネル別サプリメント市場分析調査 2018』

調査目的

  • サプリメント市場は2015年以降毎年拡大を続けており、健康食品の主要チャネルである通信販売、訪問販売、量販店、CVS、薬局・薬店の各チャネルにおいて競合が激化している。
  • そこで本調査では富士経済発刊資料「HBフーズマーケティング便覧2018 No2」掲載の健康食品・シリーズサプリメントを対象にチャネル別×成分別の市場動向を捉えることとした。
  • 本調査ではチャネル別(通信販売、訪問販売、量販店、CVS、薬局・薬店)の成分別市場動向を捉えると共に、チャネル別×成分別×企業のシェア状況、チャネル別×成分別×ブランド別のシェア状況を捉え、各チャネルにおいて伸長ないし苦戦する成分の特徴や各チャネルと成分との親和性を分析することで、今後の可能性を展望する。

調査項目

 ■調査項目
 A.総括編
  1.サプリメント市場規模推移
  2.成分別市場規模推移
  3.企業別占有状況
  4.ブランド別占有状況
  5.チャネル×成分別市場動向分析
  6.成分×チャネル別市場動向分析
  7.チャネル別有望成分と今後の市場動向
  
 B.チャネル別市場編
  1.市場規模推移
  2.成分別市場規模推移
  3.企業別占有状況
  4.ブランド別占有状況
  5.成分×企業・ブランド別販売動向
  6.市場展望

調査期間

2018年9月~2018年10月

調査担当

株式会社富士経済 東京マーケティング本部 第二部

目次

A.総合分析編(1)

  • 1.サプリメント市場規模推移 (2)
  • 2.成分別市場規模推移(3)
  • 3.企業別占有状況(4)
  • 4.ブランド別占有状況(5)
  • 5.チャネル×成分別市場動向分析(6)
  • 6.成分×チャネル別市場動向分析(8)
  • 7.チャネル別有望成分と今後の市場動向(12)

B.チャネル別市場編(14)

  • I.通信販売(15)
  • II.訪問販売(30)
  • III.量販店(44)
  • IV.CVS(58)
  • V.薬局・薬店(71)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ