次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望 2018

次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望 2018

価格 130,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2018年11月21日 体裁 A4版 206ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 130,000円+税、書籍版/PDF版セット 150,000円+税、ネットワークパッケージ版 260,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・自動車関連インフラシステム/パーキング&シェアサービスの市場予測 2019
 ・2019 自動運転・AIカー市場の将来展望

調査概要

調査テーマ

『次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望 2018』

調査ポイント

[1] 人手不足解消・・・ロボット、IoT、AI活用型物流による次世代物流システムへ
[2] 効率化・・・サプライチェーンにおける物流システムの課題、今後の展望を明らかに
[3] 高付加価値・・・「モノに付加価値」を付けた次世代物流システムへ

調査対象

 I. 総括・集計編
  1.次世代物流ビジネス・システム展望
  2.次世代物流ビジネス・システム市場展望
  3.テクノロジーからみた次世代物流ビジネス
  4.物流業界の構造
  5.サプライチェーンにおける物流システムの課題
  6.物流×IoT、AIの先進事例
  7.ヒトと協調する物流システム展望
  8.アライアンス状況一覧
  9.海外企業動向
  10.日系物流機器企業の海外展開動向
  11.業界別物流搬送特徴
  12.技術動向
  13.メガ物流センターの課題と方向性
  14.主要物流不動産デベロッパーの取り組みと方向性
  15.3PLのビジネス動向
  16.モーダルシフト化への動き、取り組み
  17.循環型社会における静脈物流の重要性
  18.物流関連統計情報
  19.物流業界に関する主な国の施策・補助金の動向
  20.物流システム市場の課題と今後の方向性
 
 
 II. 次世代物流システム編
  A. ロボティクス・オートメーション(8品目)
   AGV・アーム付AGV、AGF(無人フォークリフト)、次世代物流ロボットシステム、AI搭載デパレタイズロボット、ロボットハンド、リニア搬送システム、物流向けドローン、物流向けパワーアシストスーツ

  B. ロジスティクスファシリティ(7品目)
   自動搬送・仕分けシステム、立体自動倉庫システム、回転棚、電気式移動棚、天井走行式モノレール、垂直搬送機、トランスファークレーンシステム

  C. IoT(ハード)(4品目)
   AR/MR表示機器(スマートグラス)、宅配ボックス(戸建住宅向け)、宅配ボックス(分譲マンション向け・賃貸アパート向け・公共スペース向け)、ハンディターミナル

  D. IoT(ソフト・ソリューション)(3品目)
   物流向けIoTプラットフォーム、WMS TMS、スマートパレットレンタルサービス

  E. AI(4品目)
   物流向け音声認識エンジン、AI画像認識活用物流システム、AI再配達回避システム、自動運転(トラック)


 III. 次世代物流ビジネス編
  1.トラックシェアリング
  2.倉庫シェアリング
  3.製品回収・修理サービス
  4.通販フルフィルメントサービス
  5.低温物流サービス

市場範疇

数値は年次ベース(1月~12月)とする。また調査対象市場範疇は、「日系グローバル」市場とする。日系グローバルとは、日本企業の国内および海外販売実績(輸出+OUT-OUT)と海外企業(日本法人含む)の国内販売実績をカウントする。

調査方法

弊社専門調査員による対象先(参入企業、関連企業など)に対する直接面接取材を基本に、一部電話ヒアリングを実施した。

調査期間

2018年9月~2018年11月

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部 第四部

目次

I.総括・集計編(1)

  • 1.次世代物流ビジネス・システム展望(3)
  • 2.次世代物流ビジネス・システム市場展望(5)
  • 1)次世代物流システム市場
  • A.品目別市場規模推移(5)
  • B.地域別市場規模(6)
  • [1]ロボティクス・オートメーション
  • A.品目別市場規模推移(7)
  • B.地域別市場規模(8)
  • C.主要メーカーの売上高ランキング(2017年実績・金額ベース)(9)
  • [2]ロジスティクスファシリティ
  • A.品目別市場規模推移(10)
  • B.地域別市場規模(11)
  • C.主要メーカーの売上高ランキング(2017年実績・金額ベース)(12)
  • [3]IoT(ハード)
  • A.品目別市場規模推移(13)
  • B.地域別市場規模(14)
  • C.主要メーカーの売上高ランキング(2017年実績・金額ベース)(15)
  • [4]IoT(ソフト・ソリューション)
  • A.品目別市場規模推移(16)
  • B.地域別市場規模(17)
  • C.主要メーカーの売上高ランキング(2017年実績・金額ベース)(18)
  • [5]AI
  • A.品目別市場規模推移(19)
  • B.地域別市場規模(20)
  • C.主要メーカーの売上高ランキング(2017年実績・金額ベース)(21)
  • 2)次世代物流ビジネス市場
  • A.品目別市場規模推移(22)
  • B.地域別市場規模(23)
  • C.主要メーカーの売上高ランキング(2017年実績・金額ベース)(24)
  • 3.テクノロジーからみた次世代物流ビジネス(25)
  • 4.物流業界の構造(26)
  • 5.サプライチェーンにおける物流システムの課題(27)
  • 1)サプライチェーンにおける物流システムの課題(27)
  • 2)課題解決のための注目物流システム・ビジネス(28)
  • [1]ロボティクス・オートメーション(28)
  • [2]IoT(29)
  • [3]AI(30)
  • [4]シェアリング(30)
  • 6.物流×IoT、AIの先進事例(31)
  • 1)概念(31)
  • 2)物流×Iotにおける取り組み(32)
  • 3)物流×AIにおける取り組み(33)
  • 7.ヒトと協調する物流システム展望(34)
  • 8.アライアンス状況一覧(35)
  • 9.海外企業動向(37)
  • 1)物流会社(37)
  • 2)物流システムメーカー(40)
  • 10.日系物流機器企業の海外展開動向(43)
  • 11.業界別物流搬送特徴(44)
  • 12.技術動向(46)
  • 1)メカ技術(ロボティクスなど)(46)
  • 2)最新技術(IoT、AIなど)(48)
  • 13.メガ物流センターの課題と方向性(51)
  • 1)主要メガ物流センター一覧(51)
  • 2)物流施設における課題(53)
  • 3)物流施設の方向性(53)
  • 14.主要物流不動産デベロッパーの取り組みと方向性(54)
  • 15.3PLのビジネス動向(56)
  • 1)3PL事業の概要(56)
  • 2)主要3PL事業者の3PL事業方針(56)
  • 16.モーダルシフト化への動き、取り組み(57)
  • 1)モーダルシフトの概要(57)
  • 2)モーダルシフトによるCO2排出量削減効果(2016年度)(57)
  • 3)モーダルシフトの主な取り組み事例(58)
  • 17.循環型社会における静脈物流の重要性(59)
  • 1)廃棄物流(59)
  • 2)回収物流(59)
  • 3)返品物流(59)
  • 18.物流関連統計情報(60)
  • 19.物流業界に関する主な国の施策・補助金の動向(63)
  • 20.物流システム市場の課題と今後の方向性(64)
  • 1)シーン別課題と今後の方向性(64)
  • 2)カテゴリ別課題と今後の方向性(65)

II.次世代物流システム編(67)

  • A.ロボティクス・オートメーション
  • 1.AGV・アーム付AGV(71)
  • 2.AGF(無人フォークリフト)(76)
  • 3.次世代物流ロボットシステム(80)
  • 4.AI搭載デパレタイズロボット(84)
  • 5.ロボットハンド(88)
  • 6.リニア搬送システム(92)
  • 7.物流向けドローン(96)
  • 8.物流向けパワーアシストスーツ(100)
  • B.ロジスティクスファシリティ
  • 1.自動搬送・仕分けシステム(107)
  • 2.立体自動倉庫システム(111)
  • 3.回転棚(115)
  • 4.電動式移動棚(119)
  • 5.天井走行式モノレール(123)
  • 6.垂直搬送機(127)
  • 7.トランスファークレーンシステム (131)
  • C.IoT(ハード)
  • 1.AR/MR表示機器(スマートグラス)(137)
  • 2.宅配ボックス(戸建住宅向け)(141)
  • 3.宅配ボックス(分譲マンション向け・賃貸アパート向け・公共スペース向け)(145)
  • 4.ハンディターミナル(149)
  • D.IoT(ソフト・ソリューション)
  • 1.物流向けIoTプラットフォーム(155)
  • 2.WMS TMS(159)
  • 3.スマートパレットレンタルサービス(163)
  • E.AI
  • 1.物流向け音声認識エンジン(169)
  • 2.AI画像認識活用物流システム(173)
  • 3.AI再配達回避システム(177)
  • 4.自動運転(トラック)(180)

III.次世代物流ビジネス編(185)

  • 1.トラックシェアリング(187)
  • 2.倉庫シェアリング(191)
  • 3.製品回収・修理サービス(195)
  • 4.通販フルフィルメントサービス(199)
  • 5.低温物流サービス(203)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ