2019 臨床検査市場 No.3

2019 臨床検査市場 No.3

細菌・遺伝子・POC・病理検査・先端検査技術動向

価格 200,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2018年1月25日 体裁 A4版 356ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF+データ版 210,000円+税、書籍/PDF+データ版セット 230,000円+税、ネットワークパッケージ版 400,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2018 臨床検査市場 No.1 イムノアッセイ市場
 ・2019 ジェネリック医薬品・バイオシミラーデータブック No.1

調査概要

調査テーマ

『2019 臨床検査市場 No.3』
 ―細菌・遺伝子・POC・病理検査・先端検査技術動向―

調査目的と範囲

国内で実施されている細菌検査・遺伝子検査・POC検査・病理検査の検査領域別、項目別、メーカー別の市場を提示し、併せて装置市場とメーカーの動向を明らかにすることを目的とする。また、先端検査の技術動向として、クリニカルシーケンス及びリキッドバイオプシーの動向も取り上げる。

調査項目・調査品目

 <調査項目>
  A.検査項目別市場
   1)検査項目の概要
   2)検査項目別市場
   3)検査項目別メーカー別販売実績
   4)検査項目別メーカーシェア
   5)メーカー別ユーザー別売上構成
   5)開発動向
   6)市場概況
   7)検査項目別市場予測
 
  B.検査装置市場
   1)種類別装置の概要
   2)種類別製品一覧
   3)種類別装置市場
   4)種類別メーカー別製品別実績
   5)種類別メーカーシェア
   6)開発動向
   7)市場概況
   8)種類別市場予測
 
 <調査品目>
  A.診断薬
   1)細菌検査培地・試薬
   2)遺伝子検査薬
   3)POC検査薬
   4)病理検査薬
 
  B.装置
   1)細菌検査装置
   2)遺伝子検査装置
   3)POC検査装置
   4)病理検査装置
 
  C.先端検査技術動向
   1)クリニカルシーケンス
   2)リキッドバイオプシー(cfDNA、CTC、m-RNA)

調査対象

参入メーカー及び開発メーカー

調査方法及び留意点

調査方法:インタビューサーベイ
留意点:特に断り書きがある場合を除き、当調査資料における数値は全て富士経済推計値である。
    ※集計用のアプリケーションソフトの都合上、構成比、シェア等の合計が100.0%になっていない場合がある。

調査期間

2018年11月~2019年1月

調査担当

株式会社富士経済 東京マーケティング本部 第三部

目次

はじめに

調査概要

  • 総括(1)
  • 1.診断薬市場(1)
  • 2.検査装置市場(3)
  • 第1章 細菌検査市場(5)
  • I.品目の概要・定義(7)
  • II.当該市場における装置及び診断薬の市場相関状況(7)
  • III.市場概況(8)
  • IV.開発・新製品動向(8)
  • V.診断薬市場(9)
  • 1.市場推移(9)
  • 2.メーカー別販売実績推移(11)
  • 3.メーカーシェア(2018年)(14)
  • 4.市場予測(15)
  • 5.品目別参入状況一覧(16)
  • 6.保険点数の変遷(17)
  • VI.装置市場(18)
  • 1.市場推移(18)
  • 2.メーカー別販売実績推移(20)
  • 3.メーカーシェア(2018年)(22)
  • 4.市場予測(23)
  • 5.製品一覧(24)

第2章 遺伝子検査市場(25)

  • I.品目の概要・定義(27)
  • II.当該市場における装置及び診断薬の市場相関状況(27)
  • III.市場概況(28)
  • IV.開発・新製品動向(28)
  • V.診断薬市場(32)
  • 1.市場推移(32)
  • 2.検査項目別市場推移(34)
  • 3.メーカー別販売実績推移(38)
  • 4.メーカーシェア(2018年)(41)
  • 5.市場予測(42)
  • 6.検査項目別市場予測(44)
  • 7.製品一覧(48)
  • 8.項目別参入状況(52)
  • 9.主要検査項目の実施料(54)
  • VI.装置市場(55)
  • 1.市場推移(55)
  • 2.メーカー別販売実績推移(57)
  • 3.メーカーシェア(2018年)(59)
  • 4.市場予測(60)
  • 5.製品一覧(62)

第3章 POC検査市場(65)

  • I.POC検査市場の概要(67)
  • 1.全体市場(67)
  • 2.品目別市場規模推移(68)
  • 3.品目別上位3社の占有率(2018年)(70)
  • 4.品目別ユーザーウェイト(2018年)(72)
  • 5.品目別市場予測(73)
  • II.品目別市場(77)
  • 1.尿検査(診断薬・装置)(79)
  • 2.便潜血検査(診断薬・装置)(93)
  • 3.簡易分析装置・試薬(104)
  • 4.HCG簡易検査キット(122)
  • 5.LH簡易検査キット(128)
  • 6.HBs抗原・抗体簡易検査キット(132)
  • 7.HCV抗体簡易検査キット(140)
  • 8.マイコプラズマ抗原検査キット(143)
  • 9.PCT簡易検査キット(148)
  • 10.ロタウイルス抗原検査キット(152)
  • 11.A群β連鎖球菌ダイレクト検査キット(156)
  • 12.アデノウイルス抗原検査キット(162)
  • 13. RSV抗原検査キット(175)
  • 14.ヒトメタニューモウイルス検査キット(181)
  • 15.インフルエンザウイルス抗原迅速検査キット(185)
  • 16.ノロウイルス抗原検査キット(195)
  • 17.肺炎球菌・レジオネラ簡易検査キット(199)
  • 18.デンシトメトリー装置(208)
  • 19.尿中アルブミン定性検査キット(214)
  • 20.糖尿病専用測定(診断薬・装置)(219)
  • 21.心筋マーカー迅速検査(診断薬・装置)(234)
  • 22.アレルギー簡易検査キット(255)
  • 23.CRP専用測定(診断薬・装置)(260)
  • 24.OTC検査キット(270)
  • 25.血糖自己測定(診断薬・装置・穿刺針)(279)

第4章 病理検査市場(免疫染色用抗体・免疫染色装置)(295)

  • I.品目の概要・定義(297)
  • II.当該市場における装置及び診断薬の市場相関状況(298)
  • III.市場概況(299)
  • IV.開発・新製品動向(300)
  • V.診断薬市場(301)
  • 1.市場推移(301)
  • 2.メーカー別販売実績推移(305)
  • 3.メーカーシェア(2018年)(306)
  • 4.市場予測(308)
  • 5.製品一覧(311)
  • VI.装置市場(315)
  • 1.市場推移(315)
  • 2.メーカー別販売実績推移(317)
  • 3.メーカーシェア(2018年)(318)
  • 4.市場予測(320)
  • 5.製品一覧(322)

第5章 先端検査技術動向(323)

  • 1.クリニカルシーケンス(325)
  • 2.リキッドバイオプシー(cfDNA、CTC、m-RNA)(345)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ