2018-2019 医療用医薬品データブック No.4

2018-2019 医療用医薬品データブック No.4

価格 180,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2019年3月22日 体裁 A4版 295ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF+データ版 190,000円+税、書籍版/PDF+データ版セット 210,000円+税、ネットワークパッケージ版 360,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2019 ジェネリック医薬品・バイオシミラーデータブック No.2
 ・2018-2019 医療用医薬品データブック No.3

調査概要

調査テーマ

『2018-2019 医療用医薬品データブック No.4』
 ~消化器・腎・泌尿器・産婦人科領域編~

調査目的

医療用医薬品における薬剤分類に応じた疾患概要、患者動向、治療薬剤、売上や処方数や各剤形の市場概況、開発状況、市場予測を調査・分析することで、既存薬、開発品、ジェネリック医薬品等のマーケティング戦略立案のためのデータ提供を目的とする。

調査項目

 1.市場の定義
  1)取り上げる疾患の定義
  2)取り上げる薬剤の定義
 
 2.医療用医薬品の市場規模推移
  1)市場規模推移
  2)新製品の発売状況
 
 3.医療用医薬品の動向
  1)薬剤分類別市場規模推移
  2)企業別販売高
  3)上位製品販売高
  4)ブランド・販売元シェア
 
 4.剤形別販売動向★
 
 5.医療用医薬品の市場規模予測
  1)市場規模予測
  2)薬剤分類別市場規模予測
 
 6.臨床現場の動向・患者数分析★
  1)ガイドラインリスト★
  2)非薬物療法の状況★
  3)NDBデータによる臨床現場動向★
   <臨床現場の処方動向(数量ベース)>★
   <2016年における性別・年齢別処方動向>★
   <特定検診データ>★
   <関連政策/診療報酬動向>★
  4)富士経済による患者数推計
  5)検査の動向
 
 7.製品リスト・開発品リスト
  1)主要製品年表
  2)売上上位製品の薬剤区分★
  3)主要製品リスト
  4)開発品の状況
 
 ※★部は今回版からの追加項目

調査方法

 [1]弊社専門調査員による対象企業及び関連企業・団体、医師へのヒアリングによる情報収集を行った。
 [2]販売高については弊社専門調査員による推定値とした。また、特に断りのない限り、販売高は販売元出荷金額として示している。
 [3]集計用のアプリケーションソフトの都合上、構成比、シェア等の合計が100.0%になっていない場合がある。
 [4]「5.医療用医薬品の市場規模予測」の「患者数動向」、「市場への影響度」の矢印、記号については以下の基準で振分けている。
 ・患者数動向:「6.臨床現場の動向・患者数分析 患者数推計」より、2018年から2027年の治療患者数の伸長率が105%以上なら↑、95%~105%未満なら→、95%未満は→
 ・薬価:「7.製品リスト・開発品リスト 3)製品リスト」の薬価改定率より増加改定なら○、
     -7.48%未満なら△、
     -7.48%以上なら×
 ・政策・診療報酬:「6.臨床現場の動向・患者数分析 政策動向」より分析
 ・開発品:新薬や他領域からの適応拡大があった際には○、
      同領域での適応拡大のみの場合は△、
      開発品がない場合には×

調査期間

2019年1月~3月

調査担当

株式会社 富士経済 東京マーケティング本部 第三部 メディカルグループ

目次

はじめに

調査概要

INDEX

対象領域の市場規模推移(1)

  • 1.市場規模推移(3)
  • 2.分類別市場規模推移(6)
  • 3.薬効領域別メーカーシェア(2018年実績)(9)
  • 4.薬効別ブランドシェア(2018年実績)(11)
  • 5.剤形別市場(14)
  • 6.今後の市場予測(15)
  • 7.患者数の動向(18)
  • 8.開発品の動向(19)

1.消化器科疾患治療剤(21)

  • 1)消化性・薬物性潰瘍等治療剤、H.pylori関連剤(28)
  • 2)胃食道逆流症等治療剤(43)
  • 3)過敏性腸症候群治療剤・機能性ディスペプシア治療剤(52)
  • 4)炎症性腸疾患治療剤(潰瘍性大腸炎、クローン病、ベーチェット病含む)(61)
  • 5)腸疾患治療剤・便秘症治療剤・消化器官改善剤(オピオイド副作用治療剤含む)(75)
  • 6)その他肝疾患治療剤(肝性脳症、NASH/ASH含む)(87)
  • 7)膵疾患治療剤(97)
  • 8)胆道疾患治療剤(108)

2.腎疾患治療剤(117)

  • 1)腎性貧血治療剤(123)
  • 2)高カリウム血症治療剤(133)
  • 3)尿毒症治療剤(142)
  • 4)高リン血症治療剤(150)
  • 5)二次性副甲状腺機能障害治療剤(163)
  • 6)透析用剤(172)
  • 7)そう痒症治療剤(187)
  • 8)低リン血症治療剤(194)

3.泌尿器科領域(201)

  • 1)過活動膀胱・神経因性膀胱治療剤(206)
  • 2)前立腺肥大症治療剤(216)
  • 3)性機能改善剤(227)
  • 4)夜尿症治療剤(232)

4.産婦人科領域(241)

  • 1)子宮筋腫・子宮内膜症治療剤(247)
  • 2)経口避妊薬(緊急避妊薬含む)(258)
  • 3)切迫早産治療剤・陣痛促進剤(264)
  • 4)更年期障害治療剤・月経障害治療剤(272)
  • 5)不妊治療剤(284)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ