エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2019 次世代環境自動車分野編

エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2019 次世代環境自動車分野編

価格 180,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2019年6月3日 体裁 A4版 422ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF+データ版 190,000円+税、書籍版/PDF+データ版セット 210,000円+税、ネットワークパッケージ版 360,000円+税、書籍版全巻セット(全巻セットは「電力貯蔵分野編」・「次世代環境自動車分野編」からなります。) 340,000円+税、その他セット※お問い合わせ下さいがございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・FIT・再生可能エネルギー発電関連システム・サービス市場/参入企業実態調査 2019
 ・エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2019 電力貯蔵分野編

調査概要

調査テーマ

『エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2019 次世代環境自動車分野編』
~2030年に向けた燃費規制強化により市場投入が加速する電動自動車の生産・販売動向及び車載電池市場・電池構成部材需要を徹底調査~

調査目的

  • 電動化が進む次世代環境自動車市場、技術革新により高性能化が進む車載用蓄電デバイス市場の分析を実施した。
  • 世界エリア別の次世代自動車普及政策や規制動向、自動車メーカー戦略を分析することで、大容量蓄電デバイス市場および構成部材需要の現状及び将来的な方向性を明確化することを目的とした。

調査対象

自動車種別蓄電デバイス
採用形態
【次世代環境自動車】
■マイクロハイブリッド自動車(マイクロHEV)
■ハイブリッド自動車(HEV)
■HEVトラック・バス
■プラグインハイブリッド自動車(PHEV)
■電気自動車(EV)
■EVトラック・バス
■燃料電池自動車(FCV)
駆動用電池
補機用電池
■マイクロ電気自動車(マイクロEV)駆動用電池
【ICEV/ISSV】補機用電池

調査方法

  • 弊社専門調査員による業界関係者への直接面接取材
  • 公開データによる文献調査

調査期間

2019年3月~2019年5月

調査機関

株式会社富士経済

■自動車及び企業の表記について本レポートで使用している略称は、以下の通りである。

[自動車]

略称正式名称
ICEV内燃機関自動車
ISSVアイドリングストップ自動車
HEVハイブリッド自動車
PHEVプラグインハイブリッド自動車
EV電気自動車
FCV燃料電池自動車

[蓄電デバイス]

略称正式名称
Pb鉛電池
NiMHニッケル水素電池
LiBリチウムイオン電池
EDLC電気二重層キャパシタ
LiCリチウムイオンキャパシタ

[企業名]■自動車メーカー

略称正式名称略称正式名称
トヨタトヨタ自動車JoylongJiangsu Joylong Automobile
ニッサン日産自動車King LongNanjing Golden Dragon Bus
ホンダ本田技研工業King LongXiamen Golden Dragon Bus
ミツビシ三菱自動車工業King LongXiamen King Long United Automobile Industry
AnkaiAnhui Ankai BusLichiShandong Lichi New Energy Automobile
AsiastarYangzhou Asiastar BusPSAPSA Peugeot Citroën
BAICBeijing Automobile IndustryRuichiChongqing Ruichi Automotive Industry
BAICBeiqi Foton MotorSAICShanghai Automotive Industry
BrillianceBrilliance AutoSBDNTShenzhen BYD Daimler New Technology
ChanganChangan AutomobileSEMSouth East(Fujian) Motor
CheryChery AutomobileShuchi BusYantai Shuchi Vehicle
CRRC TimesHunan CRRC Times Electric VehicleSunwin BusShanghai Sunwin Bus
DFMDongfeng MotorFAWFirst Automobile Works
FCAFiat/ChryslerグループVWグループVolkswagenグループ
FordFord Motor
JMCJiangxi Jiangling Motors Group Special VehicleWuzhoulongShenzhen Wuzhoulong Motor
GACGuangzhou Automobile現代・起亜現代自動車・起亜自動車
GeelyGeely AutomobileXinchangzheng EVAerospace Xinchangzheng Electric Vehicle Technology
GeelyVolvo CarsYOGOMOYogomo Automobile Manufacturing
GEMGlobal Electronic MotrorsYuchaiYuchai Special Vehicle
GMGeneral MotorsYue DiShannxi Yue Di New Energy Vehicle
Greenwheel EVGreenWheel Electric VehicleYutongZengzhou Yutong Bus
Hengtong BusChongquing Hengtong BusZhongtongZhongtong Bus
JACAuhui Jianghuai AutomobileZhongzhiZhongzhi New Energy Vehicle

■電池メーカー等

略称正式名称略称正式名称
エンビジョンAESCエンビジョンAESCグループJCIJohnson Controls
BEブルーエナジーJEVETianjin EV Energy
LEJリチウムエナジージャパンMaxwellMaxwell Technologies
PEVEプライムアースEVエナジーMCN LithiumHenan MCN Lithium Technology
カルソニックカルソニックカンセイMcNairMcNair Technology
日立AMS日立オートモティブシステムズMGLCITIC Guan MGL Power Technology
A123A123 SystemsOptimum NanoOptimum Nano Technology
AoweiAowei TechnologyPrideBeijing Pride Power Systems Technology
ATLAmperex TechnologySAPTShanghai Aerospace Power Technology
BAKShenzhen BAK BatterySDISamsung SDI
Beijing ElectronicsBeijing Electronic ControlSinopolySinopoly Battery
CALBChina Aviation Lithium BatterySKSK Innovation
CATLContemporary Amperex TechnologySoundonSoundon New Energy
ChunlanJiangsu Chunlan Cleaning Energy Research InstituteSPSSupreme Power Systems
CoslightCoslight TechnologyTiannengZhejiang Tianneng Energy Technology
CPAB科力美汽車動力電池TIG New EnergyShenzhen TIG New Energy Technology
CPEVHunan Copower EV BatteryTongda BatteryZhenjiang Tongda Battery
Dayun AutoShanxi Dayun Automobile ManufacturingValence TechValence Technology
Do-FluorideDo-Fluoride (Jiaozuo) New EnergyVREMTViridi E-Mobility Technology (Suzhou)
ETCWuhu ETC BatteryWanxiangWanxiangグループ
FirstFirst New EnergyWina BatteryShandong Wina Green Power Technology
GodsendGodsend PowerYinlongZhuhai Yinlong New Energy
Guoxuan High-TechHefei Guoxuan High-Tech Power EnergyZibo GuoliZibo Guoli New Power Source Technology
Huanyu PowerHuanyu New Energy TechnologyZTTZhongtian New Energy

目次

A.総括分析編

  • 1.次世代環境自動車・蓄電デバイス市場推移・予測(3)
  • 1)次世代環境自動車種別蓄電デバイス市場推移・予測(3)
  • 2)蓄電デバイス種類別車載採用形態別市場(金額ベース)(4)
  • 2.エリア別次世代環境自動車・蓄電デバイス市場推移・予測(5)
  • 1)駆動用電池(5)
  • 2)補機用電池(7)
  • 3.自動車市場全体に占める次世代環境自動車販売比率の推移・予測(8)
  • 4.エリア別マイクロHEV/HEV、PHEV、EV販売比率推移(9)
  • 5.エリア別燃費基準達成に向けたCO2排出量実績及び目標推移(乗用車)(13)
  • 1)エリア別実績及び目標値比較(13)
  • 2)エリア別燃費規制/CO2排出規制の動向(13)
  • 3)主要自動車メーカー別CO2排出量実績及び目標推移(15)
  • 6.主要自動車メーカーにおける次世代環境自動車投入基本方針・戦略(16)
  • 7.マイクロHEV、HEV、PHEV、EV市場における自動車メーカーシェア推移・予測(20)
  • 8.エリア別次世代環境自動車投入計画(22)
  • 1)日本生産モデル(22)
  • 2)欧州生産モデル(22)
  • 3)北米生産モデル(24)
  • 4)中国生産モデル(24)
  • 5)ASEAN・東アジア生産モデル(25)
  • 6)その他生産モデル(25)
  • 9.車種別メーカー別次世代環境自動車電池スペック/サプライヤー一覧(26)
  • 1)マイクロHEV(26)
  • 2)HEV(26)
  • 3)HEVトラック・バス(28)
  • 4)PHEV(30)
  • 5)EV(32)
  • 6)EVトラック(38)
  • 7)EVバス(39)
  • 8)FCV(41)
  • 9)マイクロEV(41)
  • 10.エリア別自動車市場推移・予測(45)
  • 1)生産台数推移・予測(45)
  • 2)販売台数推移・予測(45)
  • 11.次世代環境自動車用LiBにおけるセル市場分析(46)
  • 1)セル形状別市場予測(46)
  • 2)ラミネートセル(47)
  • 3)円筒セル(48)
  • 4)角型セル(49)
  • 5)車両生産及びセル生産市場におけるエリア分析(50)
  • 6)エリア別車両生産・セル生産市場推移・予測(52)

B.集計編

  • I 自動車市場集計
  • 1.車種別生産台数推移・予測(2017年-2030年)(59)
  • 2.車種別販売台数推移・予測(2017年-2030年)(60)
  • 3.車種別メーカーシェア一覧(2017年-2019年)(61)
  • 4.車種別蓄電デバイスメーカーシェア一覧(2017年-2019年)(64)
  • 5.車種別LiBメーカー容量シェア一覧(2017年-2019年)(66)
  • II 蓄電デバイス市場集計
  • 1.市場規模推移・予測(68)
  • 1)金額ベース(68)
  • 2)容量ベース(76)
  • 3)数量ベース(84)
  • 4)リチウムイオン電池構成部材市場(92)

C.次世代環境自動車用電池エリア分析編

  • 1.日本(97)
  • 2.欧州(115)
  • 3.北米(140)
  • 4.中国(159)
  • 5.ASEAN・東アジア(188)
  • 6.その他(202)

D.次世代環境自動車・駆動用蓄電デバイス市場編

  • 1.マイクロHEV(217)
  • 2.ハイブリッド自動車(HEV)(241)
  • 3.HEVトラック・バス(267)
  • 4.プラグインハイブリッド自動車(PHEV)(295)
  • 5.電気自動車(EV)(318)
  • 6.EVトラック・バス(344)
  • 7.燃料電池自動車(FCV)(371)
  • 8.マイクロ電気自動車(マイクロEV)(389)

E.補機用蓄電デバイス市場編

  • 1.内燃機関自動車(ICEV)/アイドリングストップ自動車(ISSV)/次世代環境自動車(405)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ