2019 電池関連市場実態総調査 <次世代電池編>

2019 電池関連市場実態総調査 <次世代電池編>

価格 180,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2019年8月7日 体裁 A4版 269ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 180,000円+税、書籍版/PDF版セット 200,000円+税、ネットワークパッケージ版 360,000円+税、書籍版全巻セット(全巻セットは「次世代電池編」・「電池セル市場編」・「電池材料市場編」からなります。)510,000円+税、その他セット※お問い合わせ下さいがございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
2019年版 太陽電池関連技術・市場の現状と将来展望
2019 エレクトロニクス実装ニューマテリアル便覧

調査概要

調査テーマ

『2019 電池関連市場実態総調査 次世代電池編』
~全固体電池をはじめとする次世代電池・材料・応用製品市場の全貌~

調査ポイント

[1] 全固体型リチウム二次電池をはじめとする次世代電池と今後急成長が期待される応用製品市場を相関的に分析
[2] 次世代電池での採用が期待されるキーマテリアルと種類別の製造フローを調査、電解質、正極・負極活物質、バインダ、集電体、セパレータに焦点をあて、次世代電池向け材料としての展望と既存材料市場への影響を分析
[3] 日系企業、海外企業における次世代電池関連技術に対する取り組みを整理

調査対象

 I.次世代電池市場総括編
  1.次世代電池の現状と将来展望
  2.次世代電池の特性・性能比較
  3.有望アプリケーションと普及予測
  4.次世代電池市場予測
  5.次世代電池のキーテクノロジー(原料、材料、製造プロセス)
  6.次世代電池キーマテリアルの既存材料市場への影響(次世代電池材料必要量試算)
  7.次世代電池・関連部材の業界俯瞰
  8.次世代電池・関連部材市場への参入動向
 
 II.次世代電池市場編
 <全固体型リチウム二次電池>
  1.全固体型リチウム二次電池(硫化物系)
  2.全固体型リチウム二次電池(酸化物系)
  3.全固体型リチウム二次電池(高分子系)
  4.全固体型リチウム二次電池(錯体水素化物系)
 
 <ポストリチウム二次電池>
  5.金属空気二次電池
  6.ナトリウムイオン二次電池
  7.カリウムイオン二次電池
  8.マグネシウム二次電池
  9.その他次世代電池(全樹脂電池、フッ化物イオン電池、デュアルカーボン電池)
 
 III.次世代電池製造プロセス編
  1.全固体型リチウム二次電池の製造方式
  2.全固体型リチウム二次電池の製造フロー
  3.キーマテリアルの合成技術・製造装置
  4.現行の液系LIB製造技術の次世代電池への適用可能性
  5.次世代電池製造技術関連企業動向
 
 IV.次世代電池材料編
  1.電解質
  2.正極活物質
  3.負極活物質
  4.バインダ
  5.集電体
  6.セパレータ
 
 V.次世代電池応用製品市場編
  1.自動車
  2.電力貯蔵システム(ESS)
  3.小型民生用途/その他有望用途
 
 数値は年次ベース(1月~12月)とする。また調査対象市場範疇は、世界市場を対象とする。

市場範疇

数値は年次ベース(1月~12月)とする。また調査対象市場範疇は、世界市場を対象とする。

調査対象領域対象
II. 次世代電池市場編世界市場
V. 次世代電池応用製品市場編世界市場

調査方法

弊社専門調査員による対象先(参入企業、関連企業など)に対する直接面接取材を基本に、一部電話ヒアリングを実施した。また、一部、アンケート調査を併用した。

調査期間

2019年5月~2019年7月

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部 プロジェクト

目次

I.次世代電池市場総括編(1)

  • 1.次世代電池の現状と将来展望(3)
  • 1)次世代電池の全体俯瞰(3)
  • 2)次世代電池市場の長期展望(5)
  • 3)全固体型リチウム二次電池市場動向(6)
  • 4)ポストリチウム二次電池市場動向(7)
  • 5)2018年~2019年における次世代電池の製品化・試作開発動向(7)
  • 2.次世代電池の特性・性能比較(8)
  • 1)次世代二次電池一覧(8)
  • 2)次世代二次電池の性能分類(9)
  • 3)特性比較(10)
  • 3.有望アプリケーションと普及予測(12)
  • 1)全固体型リチウム二次電池のアプリケーション別普及予測(12)
  • 2)主要アプリケーションにおける全固体型リチウム二次電池の普及予測(13)
  • 3)全固体型リチウム二次電池タイプ別市場予測(14)
  • 4)ポストリチウム二次電池タイプ別市場予測(15)
  • 5)次世代電池別アプリケーション普及ロードマップ(16)
  • 4.次世代電池市場予測(18)
  • 1)容量市場(18)
  • 2)金額市場(19)
  • 5.次世代電池のキーテクノロジー(原料、材料、製造プロセス)(20)
  • 1)全固体型リチウム二次電池、ポストリチウム二次電池におけるキーマテリアル(20)
  • (1)電解質、正極活物質、負極活物質、セパレータ(20)
  • (2)正極集電体、負極集電体、バインダ、その他(21)
  • 2)全固体型リチウム二次電池の実用化に向けたキーマテリアルの製造フローと出発原料(22)
  • (1)次世代正極活物質(22)
  • (2)無機固体電解質(24)
  • 3)全固体型リチウム二次電池における製造技術(26)
  • (1)全固体型リチウム二次電池の主な製造方式(26)
  • (2)NEDOプロジェクト「SOLiD-EV」における開発事例(湿式塗工法によるシート成形電池作製事例)(26)
  • (3)次世代電池の量産技術開発における主な課題と取り組みポイント(27)
  • 6.次世代電池キーマテリアルの既存材料市場への影響(次世代電池材料必要量試算)(28)
  • 1)全固体型リチウム二次電池市場規模推移(29)
  • 2)全固体型リチウム二次電池(硫化物系)向け正極活物質必要量(想定される最大値)(29)
  • 3)全固体型リチウム二次電池(硫化物系)向け正極活物質に必要な金属量(29)
  • 4)全固体型リチウム二次電池(酸化物系)向け正極活物質必要量(想定される最大値)(30)
  • 5)全固体型リチウム二次電池(酸化物系)向け正極活物質に必要な金属量(30)
  • 6)全固体型リチウム二次電池(硫化物系)向け金属Li負極必要量(想定される最大値)(30)
  • 7)全固体型リチウム二次電池(酸化物系)向け金属Li負極必要量(想定される最大値)(30)
  • 8)硫化物系固体電解質必要量(31)
  • 9)酸化物系固体電解質必要量(31)
  • 7.次世代電池・関連部材の業界俯瞰(32)
  • 8.次世代電池・関連部材市場への参入動向(33)
  • 1)次世代電池・関連部材市場への参入動向(33)
  • 2)次世代電池関連装置メーカー一覧(40)

II.次世代電池市場編(43)

(全固体型リチウム二次電池)

  • 1.全固体型リチウム二次電池(硫化物系)(45)
  • 2.全固体型リチウム二次電池(酸化物系)(74)
  • 3.全固体型リチウム二次電池(高分子系)(104)
  • 4.全固体型リチウム二次電池(錯体水素化物系)(116)

(ポストリチウム二次電池)

  • 5.金属空気二次電池(125)
  • 6.ナトリウムイオン二次電池(144)
  • 7.カリウムイオン二次電池(159)
  • 8.マグネシウム二次電池(169)
  • 9.その他次世代電池(全樹脂電池/フッ化物イオン電池/デュアルカーボン電池)(186)

III.次世代電池製造プロセス編(189)

  • 1.全固体型リチウム二次電池の製造方式(191)
  • 1)主な電池製造方式(191)
  • 2)電池タイプ別製造プロセス(191)
  • 3)次世代電池で想定されるセル形状(191)
  • 4)次世代電池で想定されるセルサイズ(191)
  • 5)次世代電池向けの主な製造装置一覧(192)
  • 2.全固体型リチウム二次電池の製造フロー(193)
  • 1)全固体型リチウム二次電池(硫化物系)(193)
  • (1)湿式塗工法(193)
  • ○ロール to ロールでの電池セル製造工程(194)
  • (2)乾式加圧成形法(194)
  • 2)全固体型リチウム二次電池(酸化物系)(195)
  • ○グリーンシート法(195)
  • 3.キーマテリアルの合成技術・製造装置(196)
  • 1)主要固体電解質製造フロー一例(196)
  • (1)硫化物系固体電解質(196)
  • [1]Argyrodite型固体電解質の合成フロー(196)
  • [2]固相合成法(196)
  • [3]メカニカルミリング法で用いられる遊星ボールミルの構造(197)
  • [4]液相加振法(197)
  • [5]液相合成法による固体電解質の合成条件、出発材料(198)
  • [6]核成長(SEED)法によるNMC/LPS正極複合粒子の調製(198)
  • (2)酸化物系固体電解質(199)
  • [1]LLTOの合成フロー(199)
  • [2]LLZOの合成フロー(199)
  • [3]LLZOの前駆体と焼成条件(200)
  • [4]LATPの合成フロー(200)
  • 2)主要次世代正極活物質製造フロー一例(201)
  • (1)Li2CoP2O7(201)
  • (2)Li2MnO3-LiMO2 (201)
  • (3)LiCoPO4(202)
  • (4)LiNi0.5Mn1.5O4(203)
  • (5)Li2FexMnyCozSiO4(203)
  • 4.現行の液系LIB製造技術の次世代電池への適用可能性(204)
  • 1)粉体製造工程(204)
  • 2)塗料化(スラリー化)工程(204)
  • 3)塗工・乾燥工程(205)
  • 4)プレス加工(205)
  • 5)スリット加工(205)
  • 6)スタック加工(206)
  • 7)切断加工(206)
  • 8)巻回工程(206)
  • 9)封止/溶接/成形工程(207)
  • 10)検査(207)
  • 11)クリーンルーム(207)
  • 参考)MLCC(積層セラミックコンデンサ)製造装置(208)
  • 5.次世代電池製造技術関連企業動向(208)

IV.次世代電池材料編(219)

  • 1.電解質(221)
  • 2.正極活物質(230)
  • 3.負極活物質(238)
  • 4.バインダ(246)
  • 5.集電体(248)
  • 6.セパレータ(249)

V.次世代電池応用製品市場編(251)

  • 1.自動車(253)
  • 2.電力貯蔵システム(ESS)(259)
  • 3.小型民生用途/その他有望用途(266)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ