【デジタルプレス】店舗・病院/老健・宿泊施設におけるスマート・セーフティ・ウェルネス・AI/IoT提案機器・サービス導入に関するニーズ調査

【デジタルプレス】店舗・病院/老健・宿泊施設におけるスマート・セーフティ・ウェルネス・AI/IoT提案機器・サービス導入に関するニーズ調査

価格 300,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2019年8月30日 体裁 A4版 85ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROM納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・Welfare関連市場の現状と将来展望 2019
 ・2019 データヘルス・健康経営システム市場&国内・海外の事例分析調査

調査概要

調査テーマ

『店舗・病院/老健・宿泊施設におけるスマート・セーフティ・ウェルネス・AI/IoT提案機器・サービス導入に関するニーズ調査』

調査目的

本調査は、非住宅分野でも特に高付加価値化に向けた投資が期待される有望3分野を主対象に、設備機器や内装設備などに対する高付加価値化(スマート・セーフティ・ウェルネス・AI/IoT)のニーズをアンケート調査を通じて収集することで、当該分野に関わる設備機器や建築・内装関連の企業の営業・商品開発に寄与するデータ作成を目的に実施したものである。

調査対象・項目

分類調査対象業種有効回答
全101件
A.商業店舗[1]スーパーマーケット(SM)、[2]ドラッグストア(DS)、[3]飲食店、[4]ホームセンター(HC)、[5]家電量販店、[6]コンビニエンスストア(CVS)、[7]百貨店、[8]専門店46件
B.医療・介護・福祉・保育[1]病院、[2]介護福祉施設、[3]保育25件
C.ホテル・宿泊施設[1]シティ・リゾートホテル、[2]ビジネスホテル、[3]旅館27件
D.その他シェアオフィス3件

調査方法

弊社専門調査員によるリサーチ活動を行い、その結果をまとめ、報告書を作成した。

調査期間

2019年6月~8月

調査機関

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部

目次

総括分析編

1.本調査の仮設・前提:ポスト2020年の有望需要分野「コンパクト・リッチな空間」(1)

2.調査の総括分析(2)

  • 1)全体の回答者および回答結果傾向(2)
  • 2)商業店舗の回答結果と傾向(4)
  • 3)医療・介護・福祉・保育の回答結果と傾向(5)
  • 4)ホテル・宿泊施設の回答結果と傾向(6)
  • 5)シェアオフィスの回答結果と傾向(7)
  • 6)需要分野別の注目している業界の先進事例と理由(8)
  • 7)回答結果の要点一覧(9)

集計分析編

  • 3.アンケート調査結果の集計(11)
  • 1)アンケート回答企業数及び分野(11)
  • 2)施設や空間における付加価値で重視している点(12)
  • 3)施設や空間において直面している/解決すべき課題(13)
  • 4)施設や空間におけるスマート化に関する関心度(14)
  • [1]省エネ性の向上(15)
  • [2]施工性の向上(16)
  • [3]保守・運用効率の向上(17)
  • [4]省人・省力化によるコスト抑制(18)
  • [5]入居・施設利用者の行動誘導・最適化(19)
  • 5)施設や空間におけるスマート化に関する価格受容性(20)
  • 6)施設や空間におけるスマート化に関する先行導入設備・機器(21)
  • 7)施設や空間におけるセーフティ化に関する関心度(22)
  • [1]防犯機能の強化(23)
  • [2]情報セキュリティ機能の強化(24)
  • [3]防災・減災機能の強化(25)
  • [4]非常時対応機能の強化(26)
  • 8)施設や空間におけるセーフティ化に関する価格受容性(27)
  • 9)施設や空間におけるセーフティ化に関する先行導入設備・機器(28)
  • 10)施設や空間におけるウェルネス化に関する関心度(29)
  • [1]入居・利用者の快適性向上(30)
  • [2]入居・利用者の肉体的健康リスク軽減(31)
  • [3]入居・利用者の精神的健康リスク軽減(32)
  • [4]従業員の職場・労働環境の改善(働き方改革/ワークスタイル改善など)(33)
  • 11)施設や空間におけるウェルネス化に関する価格受容性(34)
  • 12)施設や空間におけるウェルネス化に関する先行導入設備・機器(35)
  • 13)施設や空間におけるAI/IoT活用及びその他価値向上に関する関心度(36)
  • [1]施設・空間の娯楽・演出性の向上(エンターテイメント)(37)
  • [2]施設・空間の利用者満足度の向上(ホスピタリティ)(38)
  • [3]施設・空間の保守・運用効率の向上(39)
  • [4]AI・IoT活用による施設・空間のスマート機能の補強・向上(40)
  • [5]AI・IoT活用による施設・空間のセーフティ機能の補強・向上(41)
  • [6]AI・IoT活用による施設・空間のウェルネス機能の補強・向上(42)
  • 14)施設や空間におけるAI/IoT活用及びその他価値向上の価格受容性(43)
  • 15)施設や空間におけるAI/IoT活用及びその他価値向上に関する先行導入設備・機器(44)

アンケート回答一覧

  • 4.アンケート調査結果一覧(45)
  • 参考添付:本調査のアンケート票(83)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ