エネルギーデジタル化ビジネス総調査 2019 サービス・システム市場編

エネルギーデジタル化ビジネス総調査 2019

サービス・システム市場編

価格 180,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2019年10月30日 体裁 A4版 185ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF+データ版 190,000円+税、書籍版/PDF+データ版セット 210,000円+税、ネットワークパッケージ版 360,000円+税、書籍版全巻セット(全巻セットは「企業編」・「サービス・システム市場編」からなります。) 340,000円+税、その他セット※お問い合わせ下さいがございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・エネルギーデジタル化ビジネス総調査 2019 企業編
 ・断熱・遮熱・蓄熱市場の現状と将来展望 2019

調査概要

調査テーマ

『エネルギーデジタル化ビジネス総調査 2019 サービス・システム市場編』
~エネルギーリソースの利活用が進む注目エネルギーサービスのデジタル化技術導入実態と将来展望を徹底調査~

調査ポイント

 1)エネルギーリソースのアグリゲーション/マネジメントで注目される10サービスのデジタル化技術導入実態と市場規模予測
 2)アグリゲーション/マネジメント対象となる主要エネルギーリソースのストックデータと将来導入量を機器別/用途別に推計
 3)各種補助事業を活用したエネルギーサービス・システム導入需要家事例約2,700件を事業者別に整理

調査対象

 I.総括編
  1.エネルギーデジタル化ビジネスの全体像と市場変動要因
  2.エネルギーデジタル化ビジネスを取り巻く環境変化と今後の市場展開
  3.エネルギーデジタル化ビジネスの業界マップと主要関連プレイヤー
  4.注目エネルギーデジタル化技術活用の展開とエネルギービジネス成長のロードマップ
  5.エネルギーサービス市場規模推移
  6.需要家別エネルギーリソース(DR/VPPポテンシャル)市場規模推移
  7.エネルギーデジタル化ビジネス関連法制度・規制の動向
  8.2019年度の主なエネルギーデジタル化ビジネス関連補助事業
 
 II.集計編
  1.エネルギーサービス市場(金額ベース)
  2.エネルギーサービス市場(数量ベース)
  3.主要サービス事業者のシェア動向
  4.エネルギーリソース(DR/VPPポテンシャル)市場
 
 III.エネルギーサービス編
  1.エネルギーマネジメントサービス
  2.太陽光発電遠隔監視サービス
  3.空調・熱源設備遠隔監視サービス
  4.エネルギーサービスプロバイダー(ESP)
  5.DR/VPP
  6.余剰電力買取サービス(太陽光発電システム)
  7.余剰電力買取サービス(エネファーム)
  8.電力預かりサービス(仮想蓄電サービス)
  9.P2P電力取引サービス
  10.ソーラーPPA(第三者保有モデル)
 
 IV.エネルギーリソース(DR/VPPポテンシャル)編
  1.住宅需要家(9品目)
   ルームエアコン、エコキュート、照明機器、エネファーム、太陽光発電システム、蓄電池、EV、PHEV、HEMS
  2.業務需要家(17品目)
   空調機器(PAC、ビル用マルチエアコン、GHP、蓄熱式空調システム、チリングユニット、ターボ冷凍機、吸収式冷凍機)、
   HP給湯機、照明機器、冷凍・冷蔵ショーケース、自家発電設備、太陽光発電システム、蓄電池、EV、PHEV、BAS、BEMS
  3.産業需要家(10品目)
   空調・プロセス冷却機器(PAC、ビル用マルチエアコン、GHP、チリングユニット、ターボ冷凍機、吸収式冷凍機)、照明機器、自家発電設備、太陽光発電システム、FEMS
 
 V.エネルギーサービス・システム導入事例編
  1.掲載事業者一覧(278社)
  2.掲載対象補助事業一覧(16事業)
  3.事業者別顧客獲得事例一覧(2,696件)

市場範疇

数値は年度ベース(4月~3月)とする。また調査対象市場範疇は、日本国内市場を対象とする。

調査方法

弊社専門調査員による対象先(参入企業、関連企業など)に対する直接面接取材を基本に、一部電話ヒアリングを実施した。特に出典の記載のない場合は富士経済調べの数値である。

調査期間

2019年6月~2019年10月

調査担当

株式会社富士経済 東京マーケティング本部 第四部

目次

I.総括編(1)

  • 1.エネルギーデジタル化ビジネスの全体像と市場変動要因(3)
  • 2.エネルギーデジタル化ビジネスを取り巻く環境変化と今後の市場展開(4)
  • 3.エネルギーデジタル化ビジネスの業界マップと主要関連プレイヤー(5)
  • 4.注目エネルギーデジタル化技術活用の展開とエネルギービジネス成長のロードマップ(7)
  • 1)AI(8)
  • 2)IoT(9)
  • 3)ブロックチェーン(10)
  • 5.エネルギーサービス市場規模推移(11)
  • 6.需要家別エネルギーリソース(DR/VPPポテンシャル)市場規模推移(13)
  • 7.エネルギーデジタル化ビジネス関連法制度・規制の動向(15)
  • 1)調整力公募(15)
  • 2)需給調整市場(16)
  • 3)容量市場(18)
  • 4)その他関連法制度・規制(19)
  • 8.2019年度の主なエネルギーデジタル化ビジネス関連補助事業(22)

II.集計編(25)

  • 1.エネルギーサービス市場(金額ベース)(27)
  • 1)新規獲得市場(フロー)(27)
  • 2)累計獲得市場(ストック)(28)
  • 2.エネルギーサービス市場(数量ベース)(30)
  • 1)新規獲得市場(フロー)(30)
  • 2)累計獲得市場(ストック)(31)
  • 3.主要サービス事業者のシェア動向(33)
  • 1)エネルギーマネジメントサービス(33)
  • 2)太陽光発電遠隔監視サービス(33)
  • 3)空調・熱源設備遠隔監視サービス(34)
  • 4)エネルギーサービスプロバイダー(ESP)(35)
  • 5)DR/VPP(36)
  • 6)余剰電力買取サービス(太陽光発電システム)(36)
  • 7)余剰電力買取サービス(エネファーム)(37)
  • 8)電力預かりサービス(仮想蓄電サービス)(37)
  • 9)ソーラーPPA(第三者保有モデル)(37)
  • 4.エネルギーリソース(DR/VPPポテンシャル)市場(38)
  • 1)空調機器(プロセス冷却設備)(38)
  • 2)給湯機器(39)
  • 3)照明機器(40)
  • 4)厨房機器(40)
  • 5)自家発電設備(40)
  • 6)太陽光発電システム(41)
  • 7)蓄電池(41)
  • 8)EV/PHEV(42)
  • 9)xEMS(42)

III.エネルギーサービス編(43)

  • 1.エネルギーマネジメントサービス(45)
  • 2.太陽光発電遠隔監視サービス(51)
  • 3.空調・熱源設備遠隔監視サービス(57)
  • 4.エネルギーサービスプロバイダー(ESP)(63)
  • 5.DR/VPP(69)
  • 6.余剰電力買取サービス(太陽光発電システム)(75)
  • 7.余剰電力買取サービス(エネファーム)(81)
  • 8.電力預かりサービス(仮想蓄電サービス)(85)
  • 9.P2P電力取引サービス(89)
  • 10.ソーラーPPA(第三者保有モデル)(93)

IV.エネルギーリソース(DR/VPPポテンシャル)編(99)

  • 1.住宅需要家(101)
  • 2.業務需要家(104)
  • 3.産業需要家(109)

V.エネルギーサービス・システム導入事例編(113)

  • 1.掲載事業者一覧(278社)(115)
  • 2.掲載対象補助事業(補助金)一覧(16事業)(116)
  • 3.事業者別顧客獲得事例一覧(2,696件)(117)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ