2020年 自動車室内の快適性向上技術と市場展望

2020年 自動車室内の快適性向上技術と市場展望

価格 150,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2019年11月7日 体裁 A4版 191ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF+データ版 160,000円+税、書籍版/PDF+データ版セット 180,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2019 次世代カーテクノロジーの本命予測と未来自動車像
 ・【デジタルプレス】EV/PHEV充電インフラの国別整備実態と普及計画 2019

調査概要

調査テーマ

『2020年 自動車室内の快適性向上技術と市場展望』
~車内空間の変化と五感に訴求する快適性を分析~

調査ポイント

[1] 快適性向上技術の有望度や内装部品の変化を詳細に調査
[2] 高級感の演出や騒音対策、衛生対策など主要な快適性向上技術の市場を調査
[3] 表皮材や断熱材、吸音材、良触感樹脂など主要内装材の市場を網羅的に調査

調査対象

 A.五感訴求技術市場編
  1.高級感のある内装の演出
  2.ライトによる快適性向上技術
  3.車室内の騒音対策
  4.車室内のサーマルマネージメント
  5.衛生対策
  6.車酔い防止技術
  7.車内センサーによる快適性向上技術
 
 B.内装材市場編
  1.表皮材
  2.加飾フィルム
  3.吸音材
  4.制振材
  5.良触感樹脂
  6.ソフトフィール塗料
  7.断熱材
  8.遮熱材
  9.消臭剤
  10.防汚剤
  11.抗菌剤・抗ウイルス剤
  12.低VOC製品(接着剤・塗料・テープ)

調査項目

 A.五感訴求技術市場編
  1.技術概要
  2.五感訴求技術の市場規模推移と今後の市場予測(2017年実績~2022年予測、2025年予測、2030年予測)
  3.自動運転車向け市場規模推移と高機能化動向
  4.国・地域別生産・販売数量及び構成比(2018年実績)
  5.コスト分析
  6.開発・高機能化動向
  7.五感訴求に関連したユーザーニーズ
  8.評価方法
  9.当該技術の業界構造
 
 B.内装材市場編
  1.製品概要
  2.主要参入メーカー一覧
  3.市場規模推移と今後の市場予測(2017年実績~2022年予測、2025年予測、2030年予測)
  4.自動運転車向け市場規模推移と高機能化動向
  5.メーカー別販売数量及びシェア(2018年実績、2019年見込、2020年予測)
  6.タイプ別販売数量及び構成比(2018年実績、2019年見込)
  7.国・地域別生産・販売数量及び構成比(2018年実績)
  8.価格動向(2019年Q3時点)
  9.課題点及び開発動向
  10.快適性向上に関連したユーザーニーズ
  11.当該製品の業界構造

市場範疇

数値は年次ベース(1月~12月)とする。また調査対象市場範疇は、世界市場を対象とする。
なお、表皮材については日本国内市場のみを対象とした。

調査方法

弊社専門調査員による対象先(参入企業、関連企業など)に対する直接面接取材を基本に、一部電話ヒアリングを実施した。特に出典の記載のない場合は富士経済調べの数値である。

調査期間

2019年8月~2019年10月

調査担当

株式会社富士経済 東京マーケティング本部 第五部

目次

総括編(1)

  • 1.内装材の全体市場展望(3)
  • 1-1)世界市場規模推移(2017年実績~2030年予測)(3)
  • 1-2)市場規模と今後の年平均成長率(4)
  • 2.視覚に関連する内装材の市場動向(5)
  • ・市場規模推移(2017年実績~2030年予測)(5)
  • 3.聴覚に関連する内装材の市場動向(6)
  • 3-1)世界市場規模推移(2017年実績~2030年予測)(6)
  • 3-2)市場規模と今後の年平均成長率(7)
  • 4.触覚に関連する内装材の市場動向(8)
  • 4-1)世界市場規模推移(2017年実績~2030年予測)(8)
  • 4-2)市場規模と今後の年平均成長率(9)
  • 5.嗅覚に関連する内装材の市場動向(10)
  • 5-1)世界市場規模推移(2017年実績~2030年予測)(10)
  • 5-2)市場規模と今後の年平均成長率(11)
  • 6.快適性と五感の関係(12)
  • 6-1)快適性の定義(12)
  • 6-2)質感について(13)
  • 6-3)デザイントレンド(13)
  • 7.内装における快適性向上技術(14)
  • 7-1)快適性向上技術の評価(14)
  • 7-2)内装部品の快適性向上技術(15)
  • (1)ステアリングホイール(15)
  • (2)シート(16)
  • (3)インストルメントパネル、ドアトリム(18)
  • (4)ルーフ(19)
  • (5)カーエアコン(空調)(20)
  • 7-3)自動運転車がもたらす車内空間の変化(23)
  • (1)レベル3(23)
  • (2)レベル4(24)
  • 8.内装部品・内装材のリサイクル動向(25)
  • 9.自動車の市場動向(26)
  • 9-1)世界の自動車生産台数推移(2017年実績~2022年予測、2025年予測、2030年予測)(26)
  • 9-2)レベル3・レベル4自動運転車の市場動向(2017年実績~2022年予測、2025年予測、2030年予測)(26)

A.五感訴求技術市場編(29)

  • 1.高級感のある内装の演出(31)
  • 2.ライトによる快適性向上技術(35)
  • 3.車室内の騒音対策(41)
  • 4.車室内のサーマルマネージメント(50)
  • 5.衛生対策(55)
  • 6.車酔い防止技術(61)
  • 7.車内センサーによる快適性向上技術(66)

B.内装材市場編(75)

  • 1.表皮材(77)
  • 2.加飾フィルム(85)
  • 3.吸音材(94)
  • 4.制振材(106)
  • 5.良触感樹脂(115)
  • 6.ソフトフィール塗料(124)
  • 7.断熱材(131)
  • 8.遮熱材(140)
  • 9.消臭剤(152)
  • 10.防汚剤(160)
  • 11.抗菌剤・抗ウイルス剤(167)
  • 12.低VOC製品(接着剤・塗料・テープ)(175)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ